レック(7874)から株主優待到着、今後の株価はどうなる?

レック(7874)から株主優待が届いたので優待品の紹介とあわせて事業内容や配当、各指標から今後株価がどうなるか考えてみました。

レックの株主優待

レックの株主優待は2000円相当の自社製品詰め合わせです。100株以上保有していると獲得できます。権利日は3月末。

ちなみに、2019年7月に届いたものは下記です。

2000円相当の自社製品ってことですが、実際買うともっとします。本だけで定価1200円ですし。アマゾンとかでざっと計算したら合計4000円分くらいでした。

毎年これくらい届くようです。もしかして卸値で2000円分なのかな?という感じでお得感があります。もちろん、毎年内容が異なるので年によって、人によって、評価は変わると思います。私は赤ちゃんのおしりふきの使い道がないです・・・。

レック(7874)とは

企業向け販促用品、家庭用品を製造する企業で一番有名な商品は「激落ちくん」です。昨年、ライオンからバルサン事業の譲渡をうけています。バルサンも有名ですね。

下記が週足のチャートです。ここ最近は下落傾向です。

現在の株価は1271円。予想PERは約15倍、PBRは1.57倍です。

過去の配当は下記の通りです。予想配当利回りは1.33%。

2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年(予)
10円10円10円12.3円15円17円17円

※株価は2019年7月26日終値

レックの現在と今後

ここ数年、売上・利益は増収・増益傾向です。バルサン事業譲渡時にはストップ高まで買われましたが、その後は決算でいまいちなのを受けて株価が軟調になりました。

現在の株価は指標では割安にあり、ROEも2期連続で10%超えています。昨年のバルサン事業譲渡ですが、当然これから何か考えがあることだと思います。そのため、その時は先行して株価が大きく上昇しましたが、これからはその結果が求められてきます。

私は以前より何度か購入と売却を繰り返している銘柄です。今回、初めて権利日をまたいで優待をいただきましたが、5月に増配が発表されて一気に株価が上昇したため、そのときに売却し今は保有していません。

最後に

企業は今後の見通しについて人件費をはじめとするコスト増、消費者マインドの弱気が継続とみており、厳しい状況で推移すると考えています。その中でも新製品の開発やコスト削減で利益をしっかり上げることを目標としています。

また、内部留保の充実と適正な利益配分を考えており配当性向のめどを20%としています。現在、2020年3月期の配当は据え置いていますが、利益を伸ばすことができれば、当然、今期も増配となる可能性は高いです。

タイトルとURLをコピーしました