ゼンショーHDの株価分析!株主優待はすき家・なか卯で利用可。今後の株価・配当はどうなる?【7550】

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待はすき家をはじめ、ココスやなか卯などで利用することのできる人気優待です。今回はゼンショーホールディングスについて株価指標・業績推移、株価チャートを分析してみました。

ゼンショーホールディングスの株価POINT
  • 外食優待銘柄にありがちな割高さ。配当・優待利回りも低め
  • 配当は業績次第で増える可能性も減る可能性もある
  • 業績は好調で過去最高益を更新する見通し
スポンサーリンク

ゼンショーの事業内容と株価指標

はじめにゼンショーの事業内容と株価指標を確認していきます。

ゼンショーホールディングス(7550)とは

株式会社ゼンショーホールディングス(ZENSHO HOLDINGS CO., LTD.)は、「すき家」をはじめとする各種外食チェーンや、各種スーパーマーケット等を傘下に持つ、日本の持株会社である。2017年度時点で日本の外食産業トップの売上高である。

2000年以降は、各ジャンルの外食チェーンを次々と買収し傘下におさめている。連結子会社として、牛丼とカレーを中心とする外食チェーン「すき家」の運営管理を行うすき家本部、ファミリーレストランチェーンの「ココスジャパン」、イタリアンファミリーレストランチェーンの「ジョリーパスタ」、丼物とうどんを中心とする外食チェーンの「なか卯」、焼肉レストランチェーンの「TAG-1」などを有する

wikipediaより

売上構成比ですが牛丼カテゴリーが約35%、レストランカテゴリーが約21%、ファストフードカテゴリーが約23%となっています。

参考:会社概要|ゼンショーホールディングス

株価指標と配当利回り

現在の株価:2,458円

予定年間配当:20円

年間配当利回り:約0.81%

予想PER:35.7倍、PBRは4.75倍。

※株価は2020年2月18日終値

市場平均と比べると割高ですが外食優待銘柄は割高な銘柄も多いのでありがちな水準とも言えます。配当利回りは低いです。

ゼンショーの株主優待と配当推移

次にゼンショーの株主優待制度と配当推移を確認していきます。

株主優待制度の内容

ゼンショーの株主優待はゼンショーグループで使える「食事優待券」です。3月末と9月末の年2回が権利日です。

保有株式数優待内容
100株以上
300株未満
1,000円分
(500円券×2枚)
300株以上
500株未満
3,000円分
(500円券×6枚)
500株以上
1,000株未満
6,000円分
(500円券×12枚)
1,000株以上
5,000株未満
12,000円分
(500円券×24枚)
5,000株以上30,000円分
(500円券×60枚)

利用できるお店は牛丼チェーンの「すき家」、ファミリーレストランの「ココス」、「なか卯」や「はま寿司」などです。また、優待券3,000円分1冊につき、「すき家 牛丼の具」、「なか卯 親子丼の具」、「ココス お楽しみセット」などの代替1セットと交換可能です。

100株保有(245,800円)で年間2,000円分なので優待利回りは約0.81%です。人気優待ですが、配当と合わせた利回りでも約1.6%と低めです。

参考:株主優待|ゼンショーホールディングス

配当推移について

下記はゼンショーの配当推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

ゼンショーの年間配当金推移

2015年3月期:0円
2016年3月期:9円
2017年3月期:18円
2018年3月期:18円
2019年3月期:18円
2020年3月期:20円 (予)

2020年3月期は1株20円の予定としています。

2020年3月期の予想配当性向は約29%なので、今のところは減配の可能性は低いです。順調ならば今後も数円づつ増配する可能性が高いです。しかし、過去には無配としたこともあるので業績が悪化した場合は直ぐに配当に反映される(減配・無配)と考えられます。

スポンサーリンク

ゼンショーの業績推移と株価チャート

次にゼンショーの業績推移と株価チャートを確認していきます。

売上高と経常利益の推移

売上は右肩上がり、利益も2020年3月期は過去最高益を更新見通しと好調に推移しています。

株価チャートについて

下記はゼンショーの5年分の週足株価チャートです。

長期で見ると株価は上昇トレンドで推移しています。業績見通しや最高値からやや下落しているのを考えるとやや買いやすさはあります。

上昇した場合の一旦のメドとしては最高値の3,000円付近、下落のメドは2,100円辺りと見ることが出来ます。

ゼンショーの直近決算と今後について

最後にゼンショーの直近決算内容の確認と今後について考えていきます。

最近の決算について

2020年2月6日の決算にて2020年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は180億円と発表、通期計画の221億円に対する進捗率は81.5%となりました。

前年同期比で利益が増加しており好調です。「すき家」の月次売上推移では消費税増税の影響からか10月は若干伸び悩んでいますが、それでも前年同期比でプラスです。

参考:月次売上推移|ゼンショーホールディングス

今後について

2020年3月期のゼンショーの業績は好調で、このまま順調にいけば過去最高益更新はもちろん業績の上方修正も期待できる数値となっています。しかし、株価には割高感があることや今後は同業だけでなくコンビニ、弁当屋など競争が激化する可能性があります。

また、ゼンショーHDの株主優待ですが、吉野家・松屋と比較すると優待利回りが悪く、吉野家や松屋の方がお得と紹介されることが多いです。しかし、株主優待はあくまでもオマケです。特に同業他社と比較する場合は優待を見るのではなくどこに強みがあり、その可能性を探るのが重要と考えています。

タイトルとURLをコピーしました