ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待はすき家で使える便利な優待券。株価はどうなる?

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待は牛丼チェーンのすき家をはじめ、ココスやなか卯などで使うことができる人気優待です。

今回はゼンショーHDの株主優待の確認と、現在の株価が割高なのか、業績はどうなっているのかなどから今後、ゼンショーHDの株価がどうなるか考えてみます。

  • ゼンショーHDの株主優待とは?お得なの?
  • 最近の業績とこの先の見込みはどうなのか
  • 各指標、チャートを確認。株価はこれからどうなる?

株主優待制度を確認

ゼンショーHDの株主優待はゼンショーグループで使える「食事優待券(500円券)」です。3月末と9月末の年2回が対象、金額は保有株式数により変わります。

100株以上300株未満1,000円分( 500円券×2枚 )
300株以上500株未満3,000円分( 500円券×6枚 )
500株以上1,000株未満6,000円分( 500円券×12枚 )
1,000株以上5,000株未満12,000円分( 500円券×24枚 )
5,000株以上一律30,000円分( 500円券×60枚 )

利用できるお店は牛丼チェーンのすき家、ファミリーレストランのココス、なか卯やはま寿司などです。

また、300株以上保有している場合は代替品交換制度を利用して優待券3,000円分1冊につき、「すき家 牛丼の具」、「なか卯 親子丼の具」、「ココス お楽しみセット」などの代替1セットと交換可能です。

参考:株主優待|ゼンショーホールディングス公式サイト

ゼンショーの株主優待は人気優待の一つです。100株保有で年間2,000円分なので優待利回りはそこまでよくはない(約1%)です。

最近の業績と動向を確認

ゼンショーホールディングスの基本的なポイントと最近の業績を見ていきます

ゼンショーホールディングスとは

株式会社ゼンショーホールディングス(ZENSHO HOLDINGS CO., LTD.)は、「すき家」をはじめとする各種外食チェーンや、各種スーパーマーケット等を傘下に持つ、日本の持株会社である。2017年度時点で日本の外食産業トップの売上高である。


2000年以降は、各ジャンルの外食チェーンを次々と買収し傘下におさめている。連結子会社として、牛丼とカレーを中心とする外食チェーン「すき家」の運営管理を行うすき家本部、ファミリーレストランチェーンの「ココスジャパン」、イタリアンファミリーレストランチェーンの「ジョリーパスタ」、丼物とうどんを中心とする外食チェーンの「なか卯」、焼肉レストランチェーンの「TAG-1」などを有する

wikipediaより

外食産業最大手なだけに多くの方がご存知だと思いますが、過去に労働環境に対していくつか問題が起きています。

  • ワンオペと呼ばれる深夜に一人だけで勤務している状態を狙われ強盗が多発。
  • 労働環境の悪さから人手不足になり、一部店舗で深夜営業休止。

これらに関しては既に対策を打ち出し改善をしていますが、ゼンショーなどの外食産業に限らず24時間営業には注意が必要だと考えています。

最近の業績確認

2019年8月6日の決算では2020年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は40.8億円に拡大し、通期計画の221億円に対する進捗率は18.5%となりました。

ここ数年は次回の2Qが利益の稼ぎ時となっているため、8期ぶりに過去最高益を更新する可能性は高いとみています。

株価は割安?チャートはどうなっているのか

これからゼンショーHDの株価がどうなるか、各指標やさまざまな視点から見てみます

株価、各指標と配当利回りはどうなっているか確認

ゼンショーHD現在の株価は2,381円。 年間配当は20円の予定なので年間配当利回りは約0.8%です。PERは33.6倍。PBRは5.02倍。市場平均と比べると割高です。とはいえ、ゼンショーHDだけでなく、吉野家HDなどの外食系人気優待銘柄にはありがちな水準です。

※株価は2019年8月23日終値

過去の配当推移を確認

ゼンショーHDの過去の配当推移一覧です。

2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年(予)
16円0円9円18円18円18円20円

今期は過去最高益を見込んでいるため、前期比2円増の1株20円の配当を予定しています。1Qだけではもちろん判断できないですが、今のところは減配の危険性は少ないと感じています。

株価チャートを確認

ゼンショーHDのここ3年くらいの週足チャートです。13週と26週の移動平均線も表示してあります。

ここ1年半くらいはレンジで動いていますが、長期で見ると上昇トレンドで、ある程度の底打ち(2,100円ラインからの上昇)もしているため、ここから伸びる可能性があると感じます。

とはいえ、ゼンショーに限らず外食産業は何があるか分からないため、損切り設定をするのは重要です。(前回安値の2,095円、長期保有なら1,800円などなど)

さいごに

ゼンショーHDは300株保有(約70万円)で年間優待券が6,000円分です。同じ牛丼チェーンの吉野家HDは100株保有(約22万円)で同じ6,000円分です。

この優待利回りの差から吉野家がお得銘柄と紹介されることが多いですが、優待はあくまでもオマケです。実際に株を購入する際はその会社の本質を知ることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました