トリドールHD(3397)が丸亀製麺などで利用できる株主優待を拡充、今後の株価はどうなるか

丸亀製麺を展開するトリドールホールディングス(3397)が2019年9月末から株主優待を拡充すると発表しました。2018年も優待を拡充したトリドールHDですが、今回の拡充でさらにお得な優待となります。

今回は株主優待だけでなく、現在の株価や各指標などから今後の株価がどうなるか考えてみました。

トリドールHDの株主優待の確認

まずは拡充した優待内容の確認をしていきます。

トリドールHDの株主優待は自社店舗で使える優待券です。保有株数に応じてもらえる金額が異なります。以前は年に1回でしたが、2018年11月に年2回に拡充し、2019年8月14日には優待金額が倍になりました。現在の優待内容は下記となっています。

※2019年10月現在

保有株式数優待内容
100株以上~500株未満100円割引券 40枚綴り(4,000円相当)3月、9月の年2回
500株以上~1,000株未満100円割引券 100枚綴り(10,000円相当)3月、9月の年2回
1,000株以上100円割引券 150枚綴り(15,000円相当)3月、9月の年2回

以前は100株保有の場合、年2,000円相当だったものが、現在は100株保有していると年8,000円相当になります。

さらに、200株以上保有している場合、継続保有優待が通常優待にプラスで貰えます。

保有株式数 継続保有優遇制度
100株以上~200株未満
200株以上~500株未満100円割引券 30枚綴り(3,000円相当)3月、9月の年2回
500株以上~1,000株未満100円割引券 30枚綴り(3,000円相当)3月、9月の年2回
1,000株以上100円割引券 30枚綴り(3,000円相当)3月、9月の年2回

例えば、200株を1年間保有していたら1年で14,000円相当の優待券がいただけます。昔、300株保有して年間で2,000円分いただいてた私からみると、一気にめちゃくちゃお得になった感があります。

参考:株主優待のご案内|トリドールHD公式サイト

株価の各指標、配当と優待の利回りについて

次にトリドールHDの株価の各指標と配当について見ていきます。

各指標でみる現在のトリドール

トリドールHDの現在の株価は2,558円。予想PERは約43倍、PBRは約3.3倍なので割安感はないです。また、2020年3月期の予想配当は12.5円なので予想年間配当利回りは約0.5%です。

優待利回りですが、100株保有の場合は1年で8,000円相当の優待券がいただけるので優待利回りは3%を超えています

※株価は2019年10月3日終値

配当推移について

ここ数年の配当は下記のようになっています。

2015年3月期2016年3月期2017年3月期2018年3月期2019年3月期2020年3月期(予)
10円24円26円26.5円1.5円12.5円

2019年3月期の予想配当は30円でしたが、大きく減額修正して1.5円になりました。

トリドールHDは適正な利益還元、配当性向を重要課題としているため、仮に2020年も利益が予想を下回ると予定している配当の12.5円もどうなるか不透明な部分はあります。

「無理をして配当は出さない、株主優待を重視する」のは人により見方が異なるかと思います。

トリドールHDの株価チャートの確認

トリドールHDの約3年分の週足のチャートです

業績悪化から株価が下落していましたが、ここ最近は持ち直してきています。

トリドールHDの今後について

最後に今後のトリドールHDについて考えていきます。

トリドールHDとは

低価格のセルフ式うどんチェーンで有名な「丸亀製麺」を展開する企業です。

もともとは焼き鳥店発祥ですが、現在は「丸亀製麺」にシフトして、海外にも積極的に展開しています。売上高、利益、配当が年々増加していましたが、2019年3月期の決算は予想と大きく乖離したため、大幅な減配当となりました。

最近の業績の確認

2019年8月14日の決算にて2020年4-6月の連結税引き前利益は13.6億円と発表しました。売上は大きく伸びましたが経常利益はなかなか厳しいという印象です。

今後について

トリドールHDは「丸亀製麺」以外にも「コナズコーヒー」なども展開していますが、収益の柱は「丸亀製麺」です。この先もしばらくは変わらないでしょう。国内での売上、利益は頭打ちになっていて今後は海外展開で利益を伸ばすことを大きな課題としています。

事業拡大のためには出店することが一番ですが、日本国内で多すぎる出店は立地条件、人材確保・育成の面で不安定になり品質の低下につながる可能性もあるので無理に国内を伸ばすのではなく、海外に展開するのは一つの作戦だと思います。

もちろん、海外ではそもそもの国の文化や法律などの違いといった面で業績に大きな影響があるとは思いますが、日本のフードチェーンの多くが海外展開する流れは当たり前になってきているので、逆に海外で展開しないほうが業績を伸ばすチャンスを失うと考えられます。

さいごに

トリドールHDは2019年5月14日に発表した2019年3月期の決算で大幅な減益と減配当の発表で株価が急落しました。

一時期は株価が4,000円を超えたことを考えると現在の株価は安く感じます。優待を拡充したことでかなりお得になり、個人投資家に人気な銘柄となっているため下値は固くなりそうです。

しかし、現状の株価にはまだ割安感はありません。業績が伸び悩んでいるのも実状です。海外展開を積極的に行っていて好評のようなのでこれからの伸びは海外の業績次第と考えています。

タイトルとURLをコピーしました