エイチ・アイ・エス(HIS)【9603】株主優待は割引券・復配予定

大手旅行業者エイチ・アイ・エス(HIS)(9603)、株主優待は割引券を実施しています。株主優待に加え、業績推移・株価チャートと配当推移を確認していきます。

エイチ・アイ・エスのPOINT
  • 配当は連続無配当から復配予定
  • 優待利回りは高いが条件がある割引券
スポンサーリンク

HISの株価情報と配当・優待

エイチ・アイ・エスの株価情報と配当状況・株主優待制度を確認していきます。

株価の指標(2023年12月27日終値時点)

株価:1,780円
予想PER:25.57倍
PBR:2.72倍
予想EPS:69.6円
時価総額:1,422億円

最新の株価参考:(株)エイチ・アイ・エス【9603】:Yahoo!ファイナンス

配当金の情報

2024年10月期の予定年間配当:10円
予想年間配当利回り:0.56%

配当金の推移

下記はHISの配当金推移です。期末(10月)の一括配当を実施しています。

2020年10月期に無配転落、連続無配当が続いていますが、2024年10月期は復配予定です。

株主優待について

株主優待制度は「株主優待券」と「入場割引券」を実施、優待権利月は4月と10月の年2回です。

保有株式数優待内容
100株以上HIS株主優待券 2,000円分相当(1,000円券 2枚)
ラグーナテンボス入場割引券 500円分相当
500株以上HIS株主優待券 4,000円分相当(1,000円券 4枚)
ラグーナテンボス入場割引券 500円分相当
1,000株以上HIS株主優待券 6,000円分相当(1,000円券 6枚)
ラグーナテンボス入場割引券 500円分相当

優待利回り

優待券は1回の旅行につき12,000円以上で1枚、24,000円以上で2枚利用可。入場割引券は1枚で5人まで利用できます。

100株保有で年間5,000円分相当とした場合、優待利回りは約2.8%です。

参考:株主優待のご案内|HISグループ

スポンサーリンク

HISの業績推移と株価推移

エイチ・アイ・エスの業績推移と株価推移を確認していきます。

業績の推移

下記はエイチ・アイ・エスの売上高・営業利益・経常利益・最終利益の推移です。

2020年10月期は旅行業全体が大きな打撃を受けたこともあり312億円の赤字で着地。2021年10月期は更に大きく赤字となり厳しい推移です。

2023年10月期は営業・経常黒字に回復、2024年10月期はさらに回復予定としています。

参考:過去実績|HISグループ

株価のチャート

下記はHISの5年分の週足株価チャートです。

株価は2019年3月から下落、2019年10月からは持ち直す気配もありましたが、2020年3月に大きく下落。

その後は持ち直して上昇していましたが、不正受給問題で再度下落。2023年以降で見ても上昇する勢いは弱く、下落気配も出ています。

スポンサーリンク

HISの事業内容と財務状況

エイチ・アイ・エスの事業内容と財務情報を確認していきます。

エイチ・アイ・エス(9603)の概要

株式会社エイチ・アイ・エス(英: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。

旅行業界のベンチャーとして、格安航空券をはじめ、オーストラリアでのホテル事業、また1996年には航空会社・スカイマークエアラインズの設立を発表。

日本国外への格安航空券の販売が主であるが、現社名に変更された1990年頃から自社企画の海外パッケージツアー商品も販売するようになり、グループのホテルなども持つようになる。

エイチ・アイ・エス – Wikipediaより抜粋

旅行だけでなく、テーマパークやホテル事業も行っていますが、売上・利益の柱は旅行事業です。

キャッシュフロー

下記はHISのキャッシュ・フロー推移です。

営業CFがマイナス続きで厳しい状況でしたが、2023年10月期にプラスとなりました。

HISの配当・優待について

配当は復配予定ですが、利回りは低く、割高感もあります。

優待利回りは高いですが、12,000円以上で1枚(1,000円引き)などの条件がある割引券です。

タイトルとURLをコピーしました