パルグループホールディングスの株価はまだ伸びしろがある?株主優待はそこまでお得ではないが・・・【2726】

売上好調で店舗数がまだまだ増えている3COINSを展開するパルグループホールディングスの株価について今後どうなるか考えてみました。

業績は好調ですが、株価の指標は明らかな割高にはなっていないです。

また、株主優待を実施していますが、割引券なので人気というわけではないです。今回は、そんなパルグループHDの株価がどうなるか業績推移や各指標、配当利回りなどを見ていきます。

  • パルグループHDの業績推移と株価チャートについて
  • パルグループHDの株価指標、配当と株主優待について
  • 最近の業績から今後の見込みについて考えてみる

業績推移と株価チャートについて

はじめにパルグループHDの業績推移と株価チャートを確認します。

パルグループホールディングスとは

パルグループは主にヤングレディス衣料を多展開し、雑貨店『3コインズ』も展開しています。近年は特にEC(ネットショップ)を軸に成長しています。

売上と利益の推移について

下記はパルグループHDの過去5期分+今期の予想の売上高・経常利益の推移です。

売上が年々伸びて、利益も改善が進み2020年2月期は過去最高益を見込んでいます。

株価チャートについて

下記はパルグループHDの直近約3年の週足株価チャートです。

レンジからのやや上昇トレンドになっています。

タイミング的には押し目となりそうな場所ではありますが、ここから3,800円を超えるにはかなりパワーが必要に見えます。

株価指標と配当・株主優待について

次に株価指標と配当、株主優待を見ていきます。

株価指標と配当利回りについて

現在の株価:3,430円

予定年間配当:85円

年間配当利回りは約2.5%

PER:10.7倍、PBR:1.75倍です

市場平均や同業種と比較するとPERは割安、PBRは若干ですが割高です。配当利回りは平均より若干良いです。

※株価は2019年10月31日終値

配当推移について

下記はパルグループHDの配当推移です。

2015年2月期2016年2月期2017年2月期2018年2月期2019年2月期2020年2月期(予)
65円70円70円75円85円85円

株主還元の基本方針は、安定配当を継続することを利益還元の基本方針としています。

過去10年減配は行っていません。2019年2月期は75円の予定から10円増額修正して85円としました。2020年2月期は据え置きとしていますが、現状の利益予想や実績を考えると5円~10円の増額修正する可能性があると個人的にはみています。

参考:2019年2月期 決算説明会資料|パルグループホールディングス公式サイト

株主優待について

パルグループHDは毎年2月末日を権利確定日として株主優待を実施しています。

保有株式数に応じて株主優待券をいただくことができます。

保有株式数株主優待券
100株以上2枚
200株以上4枚
500株以上6枚
1,000株以上10枚

株主優待券ですが、下記のいずれかで使うことができる共通割引券です

  1. 自社グループ店舗、ECサイトでのご購入代金の15%を割引(優待券1枚についての購入金額の上限を10万円とし、セール商品は対象外)
  2. 宿泊施設「HOTELフリーゲート白浜」および「料理旅館 浜木綿くろしお山荘」での宿泊プラン料金の50%を割引(優待券1枚につき1泊4名様まで利用可能)

株主優待ではオリジナル優待券は人気なものが多いですが、割引券はあまり好まれなかったりします。

パルグループHDの優待割引券ですが、オークションでは1枚数百円で取引されているので、人気はあまりないようですね。

参考:株主優待|パルグループホールディングス公式サイト

最近の業績と今後の見通しについて

最後に最近の業績と今後について見ていきます。

最近の業績を確認

2019年10月8日の決算では2020年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は54.8億円と発表しました。上期計画の44.1億円から上振れで好調です。また、通期計画の90億円に対する進捗率は61%となりました。

1Qから引き続き2Qの決算も前年同期比でプラスと好調です。このまま好調が維持できれば上方修正する可能性はかなり高いです。

今後の動きについて個人的な思い

前期は上場以来初めてグループの店舗数が減少となりました。しかし、3COINSに関してはこれからも店舗が増え、売上に貢献する可能性が高いとみています。

グループの店舗数減少の理由としてはEC通販に資源をさき、不採算店舗を退店したことです。現状はその効果もあり、利益が伸びています

株価にはまだ多少の割安感がありますが、消費税増税の影響がどこまであるか、似たような業種、ライバル企業の動きなどをしっかり見てから保有してもよいか考えたいです。

タイトルとURLをコピーしました