コメダホールディングス(コメダ珈琲)の株価チャートと配当推移を分析!株主優待はお得?【3543】

業績好調のコメダホールディングス(3543)の株価と配当が今後どうなるか。株価指標をはじめ、業績推移・株価チャート・配当金の推移を分析してみました。また、株主優待を実施しているので内容を確認していきます。

コメダホールディングスの株価POINT
  • 株価に割高感があるものの、配当利回りは高めになる可能性がある
  • 業績は非常に好調推移しており、これまでほぼ計画通りに推移
  • 直近では見えにくい部分はあるがまだまだ成長期待値はある
スポンサーリンク

コメダホールディングスの事業内容と株価指標

はじめにコメダホールディングスの事業内容と株価指標と配当利回りを確認していきます。

コメダホールディングス(3543)とは

コメダホールディングスとは喫茶店チェーンを運営する株式会社コメダの持株会社で主力ブランドはもちろん「珈琲所 コメダ珈琲店」です。店舗のほとんどがフランチャイズ(FC)です。

コメダ珈琲店の特徴はフランチャイズながら厳密なマニュアルがあるわけではなく、本部による最低限の指導は行われているもののオーナーの裁量となる部分が大きいので、メニューやサービスなどは店舗や地域によって多少の違いがあることがある(基本的には統一されている)。

wikipediaより抜粋

名古屋出身の私からすると喫茶店と言えば「コメダ」です。2016年6月に東京証券取引所市場第1部に上場しました。

出店する場所に特徴があり、都会よりは少し郊外に多く出店し、しっかりと店内と駐車場のスペースを確保するスタイルです。店舗数は国内で800店舗を突破。これからは海外へも積極的に出店していく見通しです。

参考:会社概要|株式会社コメダホールディングス

株価指標と配当利回り

下記はコメダホールディングスの2020年4月13日終値時点の株価指標です。

現在の株価:1,589円

予想年間配当:未定

年間配当利回り:—

予想PER:—、PBR:2.21倍

PBRは割高です。2021年2月期の業績見通しと配当金は非開示としています。仮に2020年2月期と同額の51円とした場合、年間配当利回りは約3.2%です。

コメダHDの財務状況

時価総額:732億円

自己資本比率:33.7%

ROE:16.2%、ROA:5.5%
(2020年2月期)

コメダホールディングスの業績推移と株価チャート

次にコメダホールディングスの業績推移と株価チャートの推移を確認していきます。

売上高と経常利益の推移

下記はコメダホールディングスの売上高と経常利益の推移です。

売上・利益ともにきれいな右肩上がりで毎年最高益を更新しています。

参考:財務・業績情報|株式会社コメダホールディングス

株価チャートの推移

下記はコメダホールディングスが上場してからの週足株価チャートです。

株価は上昇した後に、ややレンジで推移していました。ここ最近では新型コロナウイルスの影響で大きく株価が下落しています。過去最安値を更新するほど下落しましたが、まだまだ割安感はなく、業績の不透明感はあります。

スポンサーリンク

コメダホールディングスの配当推移と株主優待制度

次にコメダホールディングスの配当金の推移と株主優待制度を確認していきます。

配当金の推移

下記はコメダホールディングスの配当金の推移です。年2回、中間配当(8月末)と期末配当(2月末)を実施しています。

コメダHD年間配当金の推移

2017年2月期:50円
2018年2月期:50円
2019年2月期:50円
2020年2月期:51円
2021年2月期:未定

コメダHDの配当方針は「連結配当性向50%程度を目標」としています。

2020年2月期の配当性向は43.5%です。これまでの配当性向は約44%~49%で推移しているため問題ないです。2021年2月期の配当は未定とし、新型コロナウイルスの影響でどうなるか見えないですが、落ち着けば同水準以上の配当となる可能性が高いです。

参考:配当状況|株式会社コメダホールディングス

株主優待制度について

コメダホールディングスの株主優待は全国の『コメダ珈琲店』および『おかげ庵』で利用できる株主優待電子マネーです。8月末日(中間期末)と2月末日(年度期末)が対象月です。

100株以上保有で対象となり、半期で1,000円分、年間で2,000円分です。100株保有で年間2,000円分なので優待利回りは約1.3%です。

参考:株主優待|株式会社コメダホールディングス

コメダホールディングスの決算内容と今後について

最後にコメダホールディングスの決算内容の確認とと今後の見通しについて考えてみます。

決算内容について

2020年4月10日の決算にて2020年2月期の連結税引き前利益は77.7億円と発表しました。5期連続で過去最高益を更新しました。また、2021年2月期の業績見通しは非開示、年間配当を未定としています。

今後について

現在、国内での店舗数は800店舗を超えているコメダですが、以前は1,000店舗を目標としていました。国内の飲食店ではそこが限界ラインと考えられます。それ以上の店舗数だと店舗間でのお客の取り合いや立地・人・品質の問題が出てくる可能性があります。

コメダは今後も国内の店舗数はまだ増えますが、2019年6月に三菱商事と業務提携をしたことから今後は海外へも積極的に進出していきそうです。

参考:2012年7月26日放送 コメダ|カンブリア宮殿公式サイト

コメダホールディングスは2019年8月からJPX日経400に新規採用されたことからもわかるように非常に優秀な業績で推移しています。しかし、外食産業はこれから先、消費税増税、人件費や物流コスト増に悩まされます。もちろんコメダもです。

コメダ珈琲店の特徴の一つにお客さんが途切れない。というのがあります。通常の飲食店ではモーニング、ランチ、ディナーなどの特定の時間に混雑しますが、コメダの場合は開店から閉店まで常に一定数のお客さんがいる状態です。

これまでは良い方向に進んでいましたが、この先はどうなるのか注目です。

タイトルとURLをコピーしました