伊藤園【2593】株主優待は自社商品・安定配当も利回りは低め

緑茶飲料大手の伊藤園(2593)、株主優待制度は自社商品を実施しています。株主優待に加え、株価指標と業績推移、株価チャートと配当推移を確認していきます。

伊藤園のPOINT
  • 配当・優待の合計利回りは約1.4%と低め
  • 安定配当推移も若干割高感あり
スポンサーリンク

伊藤園の株価情報と配当・優待

伊藤園の株価情報と配当状況・株主優待制度を確認していきます。

株価の指標(2023年12月12日終値時点)

株価:4,177円
予想PER:25.08倍
PBR:2.03倍
予想EPS:166.57円
時価総額:3,726億円

最新の株価参考:(株)伊藤園【2593】:Yahoo!ファイナンス

配当金の情報

2024年4月期の予定年間配当:42円
予想年間配当利回り:1.01%

配当金の推移について

下記は伊藤園の配当金推移です。配当権利日は10月(中間配当)と4月(期末配当)です。

伊藤園の年間配当金推移

2019年4月期:40円
2020年4月期:40円
2021年4月期:40円
2022年4月期:40円
2023年4月期:40円
2024年4月期:42円(予)

配当は年間40円の据え置き推移、2024年4月期は増配予定としています。

配当性向は2023年4月期が38.5%、2024年4月期の予想が約34%です。

参考:配当情報・伊藤園

株主優待について

株主優待制度は「自社商品の詰め合わせ」を実施、優待権利月は4月です。

保有株式数優待内容
100株以上 1,000株未満自社製品詰合せ (1,500円相当)
1,000株以上自社製品詰合せ (3,000円相当)

優待利回り

100株保有で年間1,500円相当とした場合、優待利回りは約0.4%です。

参考:株主優待品・伊藤園

スポンサーリンク

伊藤園の業績推移と株価推移

伊藤園の業績推移と株価推移を確認していきます。

業績の推移

下記は伊藤園の売上高・営業利益・経常利益・最終利益の推移です。

2020年4月期、2021年4月期と連続で減収・減益でしたが2022年4月期は回復し、2023年4月期は増収・増益に。

2024年4月期は大きく増益見通しとしています。

参考:業績ハイライト|伊藤園

株価のチャート

下記は伊藤園5年分の週足株価チャートです。

株価は2020年3月に大きく下落しましたが、その後大きく上昇。

2020年12月以降は急落が目立つ動きとなり、2022年は大きく下落。

2023年9月に上昇も厳しめの推移をしています。

スポンサーリンク

伊藤園の事業内容と財務状況

伊藤園の事業内容と財務情報の確認と今後について考えてみます。

伊藤園(2593)の概要

株式会社伊藤園(いとうえん、ITO EN, LTD.)は、茶製品および清涼飲料水メーカーである。

事業戦略の特徴は、飲料製造の最終工程では自社工場を持たないファブレス方式を採用している。自社工場の代わりに全国に約40か所ある協力企業の工場に生産を委託することにより設備投資を抑えている。

日本ブーム・ダイエット嗜好の強いアメリカに2001年に進出する等(日経産業新聞より)、北米・東アジア・東南アジアを中心に海外でも事業展開している。

伊藤園 – Wikipediaより抜粋

お茶系の飲料ブランドとして業界最大手です。傘下にタリーズコーヒー、チチヤスがあります。

海外へも事業展開していますが、国内が中心です。

3カ月決算の実績

下記は伊藤園の連結経常利益の推移と前期との比較です。

2024年4月期の連結経常利益は242億円見通しとしています。

キャッシュフロー

下記は伊藤園のキャッシュ・フロー推移です。

伊藤園の配当・優待について

配当は安定推移していますが、利回りは低め。若干、割高感もあり株主優待の利回りも低めです。

タイトルとURLをコピーしました