吉野家ホールディングス(9861)の株価は株主優待のおかげでかなり高い?

株主優待人気ランキングで上位にくることが多い吉野家ホールディングスですが、現在、株価が上昇し年初来高値を更新しています。

そんな吉野家ホールディングス(9861)の株価が今後どうなるかを株価チャート、業績、各指標や株主優待などから考えてみます。

  • 吉野家ホールディングス人気の株主優待の確認
  • 株価の各指標と配当はどうなっているのか確認
  • 最近の業績と株価チャートこれからの動向について

人気の株主優待を確認

まずはじめに株価が割高な原因の一つである吉野家HDの株主優待についてみていきます。

吉野家HDの株主優待とは

吉野家HDの株主優待は自社店舗で使える優待券です。保有株式数に応じていただける金額が異なります。権利日は2月末と8月末の年2回です。

保有株式数優待内容
100株以上 300円サービス券 10枚(3,000円分)
1,000株以上 300円サービス券 20枚 (6,000円分)
2,000株以上 300円サービス券 40枚 (12,000円分)

利用できる店舗は日本国内の株式会社吉野家、株式会社はなまる、株式会社アークミール、株式会社京樽。(ただし吉野家の競馬場内・競艇場内・臨時店舗等と、京樽・はなまるの一部店舗では利用できない店舗もあります)

参考:株主優待情報|吉野家HD公式サイト

優待利回りはいくつか

吉野家HDの株主優待ですが、100株保有で年間6,000円分です。現在の株価2,670円で計算すると年間優待利回りは約2.2%です。ここ最近の株価上昇で若干お得感が薄れてきています。

2018年後半~2019年前半は株価が2,000円以下で推移していたので、その特に保有していたら優待利回りは3%を超えます。

各指標と配当について

次に吉野家HDの株価の各指標と配当をみていきます。

株価と各指標を確認

吉野家HDの現在の株価は2,670円、 年間配当は20円の予定なので年間配当利回りは約0.7%です。PERは1,722倍、PBRは3.48倍。PER、PBRともに割高です。人気優待株とはいえ割高具合は目立ちます。

※株価は2019年10月15日終値

過去の配当推移

吉野家HDの配当推移です。

2015年2月期2016年2月期2017年2月期2018年2月期2019年2月期2020年2月期(予)
20円20円20円20円20円20円

吉野家の配当ですが、ここ10年以上20円です。配当性向を考えると減配する可能性はゼロではないですが、よほどのことがない限り減配は無いでしょう、増配もなさそうです。

最近の業績と株価チャート

吉野家HDの基本的なところを確認していきます。

吉野家ホールディングスとは

株式会社吉野家ホールディングスは、吉野家グループの持株会社。外食産業の競争激化に伴い、従来の牛丼中心から多角的に外食事業を行なうために、持株会社化したものである。

wikipediaより

吉野家ホールディングスは現在、主要4社を中心とした43社のグループ会社です。牛丼事業はグループの中心事業ですが、あくまでもグループの一事業という位置づけです。

2019年2月期の売上高のセグメントは下記となっており、半分が「吉野家」です。

  • 吉野家 50.7%
  • はなまる 14.2%
  • 京樽 13.4%
  • アークミール 9.9%
  • 海外 10.3%
  • その他 1.5%

参考:ひとめでわかる吉野家ホールディングス|吉野家HD公式サイト

最近の業績を確認

2019年10月8日の決算では2020年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は30.2億円と発表、通期計画の15億円に対する進捗率は201.5%となりました。下期は大きな赤字にならないかぎり通期計画を大きく上回ります。

2019年2月期の最終利益は赤字で株価が軟調でしたが、現在は完全に株価が回復し年初来高値を更新しています。

株価チャート

直近約3年分の株価チャートです。

好調な業績を受け株価が大きく上昇しています。確かに、業績は復活していますが、現状では2017年期、2018年期の利益にどこまで近づけるか、どこまで伸ばせるかという所なので、少し上がりすぎている(期待値がかなり含まれている)のではと感じています。

さいごに

吉野家HDの株ですが、何年も前から最低単元を保有し株主優待をもらっている有名な投資家が複数います。一人ならば優待券6,000円分あれば毎月牛丼を食べることができます。

外食銘柄はお得な優待が多いですが、その中でも特に優待の恩恵を受けている銘柄だと思いますし、よほどのことがない限り優待改悪はなさそうです。

ただし、継続保有の条件追加もしくは継続保有は優待アップは最近の流れです。どの銘柄にも適用される可能性があると個人的には考えています。

また、吉野家に限らず外食産業はこの先、原材料費・人件費と消費税増税の影響を受けます。株を選ぶときの基本ですが、優待はあくまでもオマケでその会社の本質を知ることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました