吉野家ホールディングス(9861)の株価は株主優待が人気でかなり割高?

株主優待ランキングでも上位にくることが多い吉野家ホールディングス株ですが、現在は株価が上昇し年初来高値を更新しています。

今回はそんな吉野家ホールディングス(9861)の株価が今後どうなるか株価の推移、各指標や優待などから考えてみます。

  • 吉野家ホールディングスの最近の業績はどうなのか
  • 株主優待や配当はどうなっている?
  • これから株価はどうなる?割高だけど買っても良い?

吉野家ホールディングス人気の株主優待を確認

吉野家HDの株主優待は店舗で使える優待券です。

保有株式数により金額が変わり、2月末と8月末の年2回いただくことができます。100株保有で年間で6,000円分はおいしいですね、人気な理由もわかります。

100株以上 300円サービス券 10枚(3,000円分)
1,000株以上 300円サービス券 20枚 (6,000円分)
2,000株以上 300円サービス券 40枚 (12,000円分)

発送時期は2月末分は5月上旬、8月末分は11月中旬。利用できる店舗は日本国内の株式会社吉野家、株式会社はなまる、株式会社アークミール、株式会社京樽。(ただし吉野家の競馬場内・競艇場内・臨時店舗等と、京樽・はなまるの一部店舗では利用できない店舗もあります)

参考:株主優待情報|吉野家HD公式サイトより

今のところ、継続保有などの条件はないですが将来的には条件変更があるかもしれません。(吉野家HDに限らないですが)

吉野家HDの最近の業績と動向

吉野家HDの基本的なところを確認していきます。

吉野家ホールディングスとは

株式会社吉野家ホールディングスは、吉野家グループの持株会社。外食産業の競争激化に伴い、従来の牛丼中心から多角的に外食事業を行なうために、持株会社化したものである。

wikipediaより

吉野家ホールディングスは現在、主要4社を中心とした43社のグループ会社です。牛丼事業はグループの中心事業ですが、あくまでもグループの一事業という位置づけです。

2019年2月期の売上高のセグメントは下記となっており、半分が「吉野家」です。

  • 吉野家 50.7%
  • はなまる 14.2%
  • 京樽 13.4%
  • アークミール 9.9%
  • 海外 10.3%
  • その他 1.5%

参考:ひとめでわかる吉野家ホールディングス|吉野家HD公式サイトより

最近の吉野家HDの業績を確認

2019年7月9日に発表した決算では2020年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は12.5億円の黒字となり、3-8月期(上期)計画の5.5億円に対する進捗率は228.0%。今期計画の15億円に対する進捗率で見ても83.6%と、次の決算(6-8月期)で大きく赤字にならなければ上方修正する可能性が高いです。

昨年は赤字で株価が下落しましたが、現在は上方修正期待値も高く完全に株価が回復し年初来高値を更新しています。

吉野家ホールディングスの株価は上がる?下がる?

この先の吉野家ホールディングスの株価がどうなるか、さまざまな視点からみていきます。

最新の株価と各指標、配当利回り

吉野家HDの現在の株価は2,245円、 年間配当は20円の予定なので年間配当利回りは約0.9%です。PERは1,448倍、PBRは2.96倍。PERはかなり割高水準です。PBRも若干割高なので人気優待株にありがちな状態です。

※株価は2019年8月19日終値

過去の配当推移

吉野家HD過去の配当推移一覧です。

2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年(予)
20円20円20円20円20円20円20円

ここ10年以上配当は20円です。配当性向を考えると減配する可能性はゼロではないですが、今期1Qは好調だったので今期の減配はよほどのことがない限り無いでしょう。増配もなさそうです。

株価チャート

吉野家HDの週足チャートです。13週と26週の移動平均線も表示してあります。

好調な1Qの業績、円高などの影響を受け株価が上昇、7月頭にはゴールデンクロスが発生しています。チャートの形状を考えるとどこかで下落したタイミングでの短期保有の押し目買いが有効そうですが、下落した場合はその原因をしっかり考えることが重要です。

現状では8月末優待狙いの需要もあり、あまり保有はしたくはないです。

さいごに

吉野家ホールディングスの株ですが、何年も前から最低単元を保有し優待をもらっている有名な投資家が複数います。一人ならば優待券6,000円分あれば余裕で毎月牛丼が食べれます。

外食銘柄でお得な優待はかなり割高な銘柄が多いですが、その中でも特に優待の恩恵を受けている銘柄だと思いますし、よほどのことがない限り優待改悪はなさそうです。

しかし、吉野家に限らず外食産業はこの先、原材料費・人件費高騰と消費税増税の影響をモロに受けます。株を選ぶときの基本ですが、優待はあくまでもオマケでその会社の本質を知ることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました