東芝テックの株価分析!将来性や期待値から株価上昇、今後どうなるか【6588】

2019年8月よりJPX日経400に新規採用された東芝テック(6588)ですが、一時は株価が大きく下落しましたが、現在は順調に株価が上昇しています。はたして今後の株価と配当はどうなるのか、業績推移・株価チャートを分析してみました。東芝テックはこの先の需要も見込めるPOSシステムで国内シェアが5割あります。

東芝テックの株価POINT
  • 株価指標は割高感が強め、3期連続減益見通しで厳しい
  • 配当は業績に応じて出すため減配・無配の可能性も
  • 株価はJPX400採用や今後の期待感から上昇している
スポンサーリンク

東芝テックの事業内容と株価指標

はじめに東芝テックの事業内容と株価指標を確認していきます。

株価指標と配当利回り

株価:4,430円
予定年間配当:未定
年間配当利回り:—
予想PER:487倍
PBR:2.98倍

2020年8月17日終値時点のデータ

株価指標はかなり割高です。2021年3月期の配当は未定としています。

東芝テック(6588)とは

東芝テック株式会社(とうしばテック、TOSHIBA TEC CORPORATION)は、東芝グループで社会インフラ事業領域(リテール&プリンティングソリューション)の一角を担っている。

東芝の連結子会社ではあるが、東証一部上場していること、東芝と独立したコーポレートも有することで、東芝グループではあるが独立性を有している。略称はPOSシステムを中心とする流通系システム機器のブランドに用いられる「TEC(テック)」。

東芝テック – Wikipediaより抜粋

POSシステム端末で国内シェア5割の最大手です。メインの事業はPOSシステムを中心としたリテール・ソリューション、複合機のプリンティング・ソリューションなどです。

POSシステムは簡単にいうと「商品情報を記録・集計して分析することです」。在庫管理やマーケティングに利用できます。

参考:事業紹介|東芝テック株式会社

東芝テックの業績推移と配当推移

次に東芝テックの業績推移と配当推移を確認していきます。

売上高・経常利益の推移

2016年3月期は海外リテール事業が大きな赤字でマイナス利益、その後回復も、2021年3月期は減収・減益の見通し、3期連続減益見通しと厳しい状況です。

配当金の推移

下記は東芝テックの配当推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

東芝テックの年間配当金推移

2015年3月期:65円
2016年3月期:0円
2017年3月期:10円
2018年3月期:40円
2019年3月期:50円
2020年3月期:30円
2021年3月期:未定

2016年3月期は赤字で無配、2020年3月期の期末配当は減額修正。

株主還元方針として「配当性向30%を目標」としています。2020年3月期の配当性向は44.2%、2021年3月期の業績も厳しい見通しなのでさらに減配、もしくは無配となる可能性も考えられます。

参考:中期経営計画(2019~2021年度)について|東芝テック公式サイト

スポンサーリンク

東芝テックの株価チャートと決算内容

次に東芝テックの株価チャートと決算内容を確認していきます。

株価チャートの推移

下記は東芝テック5年分の週足株価チャートの推移です。

株価はJPX日経400に採用された影響もありかなり上昇しています。2020年に入ると割高さや業績下方修正などで一時下落しましたが直ぐに上昇。現在の株価は2021年3月期の厳しい業績見通しがあるのに株価はかなり上昇している印象です。

将来的な期待感から株価が上昇していると考えられます。

決算内容について

2020年8月11日の決算にて2021年3月期1Q(4-6月)の連結経常損益は42.4億円の赤字と発表しました。

東芝テックの今後について

最後に東芝テックの今後の株価の上昇ポイントと下落ポイントについて考えてみます。

今後の株価について

日本国内にて人件費上昇や人材不足などの問題はコンビニ・スーパーだけでなく外食産業も含め多くの業界で抱える悩みの一つです。そのことからもPOSやセルフレジに対する需要は多くあります。

実際、2019年3月に「東芝テックが商品を自動スキャンするセルフレジを開発」と言うニュースが出たときには、セルフレジの待ち時間解消に対する期待から買いが入り株価が上昇しました。

この先はキャッシュレス決済普及などを背景に確実に需要の増加が進みます。もちろん東芝テックだけでなく、同業他社もそれぞれ売りを出した商品を開発しています。まだ現状ではどこが抜け出すか分からない不透明な部分はあります。

短期的には景気減速で販売が減少する可能性が高く厳しいです。しかし、将来的な需要はかなり高く、その期待値から株価は上昇して推移し、株価指標はかなり割高です。

タイトルとURLをコピーしました