東芝テックの株価が急上昇!今後の株価・配当はどうなるのか業績推移・株価チャートを分析【6588】

2019年8月よりJPX日経400に新規採用された東芝テック(6588)が株価を大きく伸ばしています。ここ最近は若干落ち着いてきましたが今後の株価・配当がどうなるのか、業績推移・株価チャートを分析してみました。東芝テックはこの先の需要も見込めるPOSシステムで国内シェアが5割あります。

東芝テックの株価POINT
  • 株価には割高感が出てきている。配当利回りは平均より低い
  • 配当は業績に応じて出すため、安定感には欠ける
  • 売上はやや下落しているが株価はJPX400採用や今後の期待から急上昇
スポンサーリンク

東芝テックの事業内容と株価指標・業績推移

はじめに東芝テックの事業内容と株価指標・業績推移を確認していきます。

東芝テック(6588)とは

東芝テック株式会社(とうしばテック、TOSHIBA TEC CORPORATION)は、東芝グループで社会インフラ事業領域(リテール&プリンティングソリューション)の一角を担っている。

東芝の連結子会社ではあるが、東証一部上場していること、東芝と独立したコーポレートも有することで、東芝グループではあるが独立性を有している。略称はPOSシステムを中心とする流通系システム機器のブランドに用いられる「TEC(テック)」。

wikipediaより抜粋

POSシステム端末で国内シェア5割の最大手です。メインの事業はPOSシステムを中心としたリテール・ソリューション、複合機のプリンティング・ソリューションなどです。

参考:事業紹介|東芝テック株式会社

株価指標と配当利回り

現在の株価:4,205円

予定年間配当:60円

年間配当利回り:約1.43%

予想PER:21倍、PBR:2.39倍

※株価は2020年2月18日終値

株価が上昇したことで割高感が出てきました。ものすごく割高ではないですが気になる水準です。配当利回りは平均より低いです。

売上高・経常利益の推移

売上はやや減少して推移しています。2016年3月期は海外リテール事業の大きな赤字でマイナス利益、2020年3月期は増収・減益の見通しです。

スポンサーリンク

東芝テックの配当推移と株価チャート

次に東芝テックの配当推移と株価チャートを確認していきます。

配当金の推移

下記は東芝テックの配当推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

東芝テックの年間配当金推移

2015年3月期:65円
2016年3月期:0円
2017年3月期:10円
2018年3月期:40円
2019年3月期:50円
2020年3月期:60円 (予)

2016年3月期は赤字で無配となりましたが、その後業績が回復して現在は毎年増配しています。

株主還元方針として「配当性向30%を目標」としています。2020年3月期の予想配当性向は約30%なので減配する可能性は低いです。

参考:中期経営計画(2019~2021年度)について|東芝テック公式サイト

株価チャート

下記は東芝テック5年分の週足株価チャートです。

株価はJPX日経400に採用された影響もありかなり上昇しています。ここ最近では割高さや決算下方修正などの影響もあり株価がやや落ち着いています。

一旦の上値メドは4,500円辺り、下値メドはやや空洞なので3,300円あたりと見ることができます。

東芝テックの直近決算と今後

最後に東芝テックの直近決算内容の確認とと今後について考えてみます。

最近の決算内容

2020年2月6日の決算にて2020年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は124億円と発表、あわせて通期の同利益を従来予想の180億円から155億円に下方修正しました。

上期は計画より好調でしたがここにきて主に海外事業が不調になり下方修正を行いました。

今後について

人件費上昇や人材不足などの問題はコンビニ・スーパーだけでなく外食産業も含め多くの業界で抱える悩みの一つです。そのことからもPOSやセルフレジに対する需要は多くあると考えられます。

2019年3月に「東芝テックが商品を自動スキャンするセルフレジを開発」と言うニュースが出たときには、セルフレジの待ち時間解消に対する期待から買いが入り株価が上昇しました。

この先はキャッシュレス決済普及などを背景に確実に需要の増加が進みます。もちろん東芝テックだけでなく、同業他社もそれぞれ売りを出した商品を開発しています。まだ現状ではどこが抜け出すか不明な部分もあります。東芝テックの株価は大きく上昇したことで割高感が出てきているのは気になる点です。

タイトルとURLをコピーしました