住友商事の株価分析。赤字見通しも配当は長期安定方針で今後どうなる【8053】

総合商社の住友商事(8053)が2020年3月期の配当を年間90円予定から最終的に80円にしました。業績も大きく下方修正して厳しい状況ですが、今後の株価と配当がどうなるのか。業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

住友商事の株価POINT
  • 配当金は維持予定で高い利回り
  • 株価は大きく下落、上昇する勢い小さい
  • 最終赤字見通しで短期的な不透明感は強い
スポンサーリンク

住友商事の事業内容と株価指標

はじめに住友商事の事業内容と株価指標を確認していきます。

株価指標と配当利回り

株価:1,342.5円
予定年間配当:70円
年間配当利回り:5.21%
予想PER:—
PBR:0.67倍

2020年9月11日終値時点のデータ

PBRは商社銘柄にありがちな割安さです。業績見通し赤字の為PER算出不可、年間配当利回りはかなり高いです。

住友商事(8053)とは

住友商事株式会社(すみともしょうじ、英: Sumitomo Corporation)は、住友グループの大手総合商社。住友商事は、戦後発足した商事会社であることから「遅れてきた商社」と呼ばれていた時代があった。

住友商事 – Wikipediaより一部抜粋

住友グループの総合商社で油井管・鋼管など金属取引に強みを持っています。主な事業セグメントは「金属事業」、「輸送機・建機事業」、「インフラ事業」、「メディア・デジタル事業」、「生活・不動産事業」、「資源・化学品事業」です。国内・海外に広く展開しています。

参考:事業紹介|住友商事

住友商事の業績推移と株価チャート

次に住友商事の業績推移と株価チャートを確認していきます。

売上高と経常利益の推移

2015年3月期赤字となり厳しかったですが、その後は復活。2020年3月期は大きく減益となっています。2021年3月期も厳しくなる可能性が高く、最終利益を赤字見通しとしています。

参考:財務ハイライト|住友商事

株価チャートの推移

下記は住友商事の直近5年の週足株価チャートの推移です。

2016年中旬から上昇トレンドで推移。2019年は比較的狭めのレンジで推移していましたが2020年に入り大きく下落、現在も安値圏で推移しています。大手総合商社は世界的な経済情勢が業績に大きく影響するので不透明な部分は多いです。株価は下落した位置ですが短期的には不透明感があります。

スポンサーリンク

住友商事の配当推移と決算内容

次に住友商事の配当推移と決算内容を確認していきます。

配当推移について

下記は住友商事の配当金の推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

住友商事の年間配当金推移

2015年3月期:50円
2016年3月期:50円
2017年3月期:50円
2018年3月期:62円
2019年3月期:75円
2020年3月期:80円
2021年3月期:70円(予)

2020年3月期の年間配当は90円予定でしたが、減額修正を行い80円(創立100周年記念配当10円込み)としました。

配当方針は中期経営計画2020にて「連結配当性向30%程度を目安」にしています。2020年3月期の配当性向は58.3%。2021年3月期は記念配当を落とした70円予定としています。2021年3月期の最終利益は赤字見通しですが、長期の安定配当を重視し配当を実施する予定としています。

参考:配当金情報|住友商事

決算内容を確認

2020年8月7日の決算にて2021年3月期1Q(4-6月)の連結最終損益は410億円の赤字と発表、あわせて通期の業績予想は連結最終損益が1,500億円の赤字見通しとしています。

住友商事の今後について

最後に住友商事の今後について考えていきます。

今後について

この先ですが、さまざまなリスクを抱える総合商社は世界経済に業績が左右されるため、不透明な部分が多いです。もちろん、リスクは有りますが相場全体が大きく下落した時、中長期保有することでインカムゲインとキャピタルゲインの両方から狙うことができます。リーマンショック時も多くの商社銘柄の株価が暴落しましたがその後復活し、配当も増えています。

もちろん、短期的な不透明感は強いです。株価が下落した時に飛びつくと、その後更に下落するケースも多く、タイミングを見極めるのは非常に難しいです。長期で安定配当方針を重視しているため、ある程度の配当を維持していますが、どの企業にも言えますが厳しい業績が続けば当然、配当に影響があります。

タイトルとURLをコピーしました