セイコーエプソン(EPSON)の株価が業績悪化で下落。今後の株価・配当がどうなるか分析【6724】

インクジェットプリンタで国内トップクラスのセイコーエプソン(6724)の株価が業績の悪化からやや下落した位置で推移しています。果たしてこの先の株価と配当はどうなるのか。業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

セイコーエプソンの株価POINT
  • 予想年間配当利回りは高めだが、配当性向も高く減配する可能性もある
  • 海外売上比率が高く海外市況・為替の影響を大きく受ける
  • この先の見通しは正直厳しいが、復活のための手も打っている
スポンサーリンク

セイコーエプソンの事業内容と株価指標

はじめにセイコーエプソンの事業内容と現在の株価指標を確認していきます。

セイコーエプソン(6724)とは

セイコーエプソン株式会社(Seiko Epson Corporation)は、情報関連機器、精密機器のメーカーである。略称・ブランドは「エプソン(EPSON)」。

インクジェットプリンターを始めとするプリンターや、プロジェクタ、パソコンといった情報関連機器、水晶振動子(クォーツ)、半導体などの電子デバイス部品の製造を行っている。また子会社ではないものの、セイコーホールディングス株式会社、セイコーインスツル株式会社とともに「セイコーグループ中核3社」の1つとされ、SEIKOブランド、およびORIENTブランドの各腕時計の開発・生産も行っている。

社名からセイコーホールディングスの子会社と誤解されることが多いが、別経営の独立した会社である。

wikipediaより抜粋

エプソンの主な事業はインクジェットプリンター、スキャナー、オフィス製紙機などの「プリンティングソリューションズ事業」です。また、海外の売上比率(欧米・アジア)が8割近くになります。

参考:セグメント情報|エプソン

株価指標と配当利回り

現在の株価:1,722円

予想年間配当:62円

年間配当利回り:約3.6%

予想PER:22.1倍、PBR:1.12倍

※株価は2020年2月7日終値

予想PERは割高、PBRは若干割安です。直近の業績が良くない会社にありがちな指標です。年間の配当利回りは高いです。

セイコーエプソンの業績推移と株価チャート・配当推移

次にセイコーエプソンの業績推移と株価チャート・配当推移を確認していきます。

売上高と経常利益の推移

経常利益がかなり減少して推移しています。2020年3月期の経常利益は当初590億円の見通しでしたが360億円に下方修正を行っています。

参考:業績ハイライト|エプソン

株価チャート

下記はエプソンの5年分の週足株価チャートの動きです。

株価は利益減少・この先の不透明感から下落気味に推移しています。現在は底値圏から抜けていますが中々厳しいです。ここから下落した場合の一旦のメドは1,400円、上昇した場合は2,000円程度と見ることが出来ます

配当金の推移

下記はエプソンの配当金の推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

セイコーエプソンの年間配当金推移

2015年3月期:57.5円
2016年3月期:60円
2017年3月期:60円
2018年3月期:62円
2019年3月期:62円
2020年3月期:62円 (予)

配当は若干増えているもののほぼ横ばいです。

配当方針は「中期的には連結配当性向40%程度を目標」としています。2020年3月期の予想配当性向は約79%とかなり厳しく、減配する可能性もあると考えられます。

参考:株主還元|エプソン

セイコーエプソンの直近決算と今後

最後にエプソンの直近決算と今後について考えてみます。

最近の決算を確認

2020年1月31日の決算にて2020年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は364億円と発表、通期計画の360億円に対する進捗率が101.3%となりました。

経常利益が前年同期比で38.1%減とかなり厳しいですが、下方修正した計画達成は問題なさそうです。

今後について

前回決算にて下方修正を行った要因ですが、中国・インドをはじめ欧米各国の市況悪化、為替の円高進行です。どちらも不透明感が強くなため強めの下方修正を行いました。現状では想定よりも悪くならない可能性はあります。

株価に特別な割安感もなく配当に関して不安がありますが、通常のインクカートリッジプリンターよりも環境負荷・ランニングコストの低い大容量インクタンクプリンターに力を入れており、徐々に市場に浸透してきているのが復活のカギとなるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました