王将フード(餃子の王将)の株価分析!業績悪化で減配当!株価はやや下落推移【9936】

「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(9936)。業績悪化により減配当予定、株価はやや下落推移です。果たして今後の株価・配当はどうなるのか。業績推移・株価チャートを分析してみました。また、株主優待制度についても確認していきます。

王将フードサービスの株価POINT
  • 株価指標は外食銘柄にありがちなやや割高水準
  • 短期的には厳しめだが、大きくは悪化していない
  • やや過熱気味に推移していた株価に落ち着き感
スポンサーリンク

王将フードサービスの事業内容と株価指標

はじめに王将フードサービスの事業内容と株価指標を確認していきます。

株価指標と配当利回り

株価:5,930円
予想年間配当:100円
年間配当利回り:1.69%
PER:29.4倍
PBR:2.15倍

2021年3月15日終値時点のデータ

外食銘柄にありがちなやや割高水準です。2021年3月期は減配予定で利回りは平均水準です。

王将フードサービス(9936)とは

株式会社王将フードサービス(おうしょうフードサービス、英: Ohsho Food Service Corporation)は、中華料理チェーン店の餃子の王将を経営する会社である。

王将フードサービス – Wikipediaより

餃子の王将は直営店が中心ですが、のれん分けでFC店もあります。店舗数は700店舗を超え海外も進出しています。主要株主にはアサヒビールがいます。

参考:王将の業績は?|王将フードサービス

王将フードサービスの配当推移と株主優待

次に王将フードサービスの配当推移と株主優待制度を確認していきます。

配当金の推移

下記は王将フードサービスの配当推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

王将フードサービスの年間配当金推移

2016年3月期:125円
2017年3月期:120円
2018年3月期:120円
2019年3月期:120円
2020年3月期:120円
2021年3月期:100円(予)

2021年3月期は減配予定です。

配当方針は「配当性向の水準は50%を目標」です。2020年3月期の配当性向は42.4%、2021年3月期の予想配当性向は約50%です。

参考:株主還元方針|王将フードサービス

株主優待制度

王将フードサービスの株主優待は「株主様ご優待 お食事券」及び「5%割引になる株主様ご優待カード」です。食事券は3月末と9月末の年2回。優待カードは3月末が権利日です。

保有株式数優待内容
100株以上 200株未満2,000円分
(500円券×4枚)
200株以上 500株未満3,000円分
(500円券×6枚)
500株以上 1,000株未満6,000円分
(500円券×12枚)
1,000株以上12,000円分
(500円券×24枚)
100株以上
(3月末のみ)
「優待カード」
(会計時提示で5%割引)

優待食事券は「餃子の王将」オリジナル商品詰め合わせと交換することもできます。100株保有で年間4,000円分なので優待利回りは約0.7%です。優待利回りは高くはないです。

参考:株主優待|王将フードサービス

スポンサーリンク

王将フードサービスの業績推移と株価チャート

次に王将フードサービスの業績推移と株価チャートの推移を確認していきます。

売上高と経常利益の推移

2017年3月期、2018年3月期はやや利益が落ちましたが、そこから復活し売上・利益ともに好調に推移。2021年3月期は外食産業全体が厳しいため、減収・減益は避けられない状況ですが、比較的耐える見通しとも言えます。

株価チャートの推移

下記は王将フードサービス5年分の週足株価チャートの推移です。

2016年頃から株価は順調に右肩上がりで推移していましたが、2018年末頃からやや下落気味に推移しています。一時はやや過熱気味に上昇していたという見方をすると、大きくは下落していないともいえます。

王将フードサービスの決算内容と今後について

最後に王将フードサービスの決算内容と今後について考えてみます。

決算内容を確認

2021年1月29日の決算にて2021年3月期3Q累計(4-12月)の連結経常利益は50億円と発表。前年同期比20.6%減、通期計画の61.6億円に対する進捗率は81.2%となりました。

今後について

売上は前年同期比でやや減少していますが、テイクアウトが好調なため、他の外食銘柄と比べると耐えている印象はあります。月次売上を見ても回復しつつあるため、ここから巻き返しの期待感があります。

しかし、外食銘柄はこの先の人件費上昇、コスト増をどこまで圧縮できるかという問題があります。他にも自然災害・食の安全に関するリスクもあります。

参考:月次報告|王将フードサービス

タイトルとURLをコピーしました