日清食品【2897】株価分析!短期で上昇推移・安定配当の優待銘柄

即席麵の先駆者である日清食品ホールディングス(2897)。今後の株価と配当はどうなるのか、業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。また、株主優待も確認していきます。

日清食品ホールディングスの株価POINT
  • 割高感あり、売上は好調
  • 利益は反動減推移
  • 短期株価は上昇推移
スポンサーリンク

日清食品の株価情報と事業内容

日清食品ホールディングスの株価情報と事業内容を見ていきます。

株価指標

株価:9,830円
予想PER:32.34倍
PBR:2.41倍
予想EPS:303-322円
時価総額:1兆245億円

2022年9月9日終値時点のデータです。
最新の株価参考:日清食品ホールディングス(株)【2897】:Yahoo!ファイナンス

PER、PBRともに割高感があります。

日清食品ホールディングス(2897)とは

日清食品ホールディングス株式会社(にっしんしょくひんホールディングス、Nissin Foods Holdings Co., Ltd.)は、即席麺を生産する日清食品を中心とする食品グループの持株会社である。

即席麺を中心としたインスタント食品、冷凍食品、菓子、シリアル食品、乳酸菌飲料を製造・販売している。

子会社として日清食品、明星食品、日清シスコ、湖池屋がある。主要取引先は三菱商事、伊藤忠商事。

日清食品ホールディングス – Wikipediaより抜粋

日清食品はインスタントラーメンの先駆者で、カップ麺の国内シェアは明星食品を子会社化したことで5割を超えます。

チルド製麺や米国・中国へも広く展開。2020年11月にはスナック菓子メーカーの湖池屋を連結子会社化しています。

日清食品の業績推移と株価推移

日清食品ホールディングスの業績推移と株価推移を見ていきます。

売上高と利益の推移

下記は日清食品の業績推移です。

2021年3月期は巣ごもり需要などもあり、最終利益は過去最高の408億円で着地。

2022年3月期はその反動により減益に。

2023年3月期は営業利益が470-495億円、最終利益が310-330億円予想としています。

参考:業績ハイライト|日清食品グループ

株価の推移

下記は日清食品ホールディングス5年分の週足株価チャートです。

株価は2020年4月以降は巣ごもり需要による、過去最高益更新見通しなどの好材料で上昇。

2020年9月以降は割高感・材料出尽くし感などで下落。

2022年7月以降で見ると上昇しています。

スポンサーリンク

日清食品の株主優待と配当情報

日清食品ホールディングスの株主優待制度と配当情報を見ていきます。

株主優待制度について

日清食品ホールディングスの株主優待は「自社製品詰め合わせ」です。

所有株式数優待品
100株~300株3,000円相当の自社商品詰め合わせ (3月末)
300株~1,000株3,500円相当の自社商品詰め合わせ
+1,500円相当ひよこちゃんグッズ
(3月末と9月末の年2回)
1,000株~3,000株4,500円相当の自社商品詰め合わせ
+1,500円相当ひよこちゃんグッズ
(3月末と9月末の年2回)
3,000株以上5,500円相当の自社商品詰め合わせ
+1,500円相当ひよこちゃんグッズ
(3月末と9月末の年2回)

100株保有で3,000円相当なので優待利回りは約0.3%です。

参考:株主様ご優待|日清食品グループ

配当金情報

2023年3月期の予定年間配当:130円
予想年間配当利回り:1.32%

配当金の推移

下記は日清食品ホールディングスの配当金推移です。
配当権利日は、9月(中間配当)と3月(期末配当)です。

日清食品の年間配当金推移

2018年3月期:90円
2019年3月期:110円
2020年3月期:110円
2021年3月期:120円
2022年3月期:130円
2023年3月期:130円(予)

配当は増配傾向で推移しており、20年近く減配をしていません。

配当性向は2022年3月期が37.8%、2023年3月期の予想は約40-43%です。

配当方針の確認

配当方針は「連結配当性向約40%を目安」としています。

参考:配当政策|日清食品グループ

日清食品の決算内容と今後について

日清食品ホールディングスの決算内容確認と今後について考えていきます。

決算内容を時系列に確認

2022年5月13日に決算発表。
2022年3月期の連結最終利益は354億円と発表。

2023年3月期の同利益は310億円~330億円見通し、年間配当は130円予定としています。

2023年3月期1Q決算

2022年8月4日に決算発表。
2023年3月期1Q(4-6月)の連結最終利益は75.3億円と発表。前年同期比4.6%減となりました。

今後について

日本国内ではブランド力が強く、商品値上げ発表時には収益改善期待から株価が上昇することもあり、実際に利益が改善されています。

また、新規事業へも積極的に投資を行っています。

国外へ規模拡大

さらなる成長を求めアメリカ・中国で販売エリアを拡大し、ブランド力強化などを行っていますが、当然、不透明感はあります。

もちろん、海外の市場規模は大きいので上手くいけば業績をさらに大きく伸ばすことができます

短期的な動きと将来性

2022年3月期は巣ごもり需要の反動減、原材料価格・物流費の上昇などもありましたが、想定よりは落ち込んでいません。

コスト上昇による価格改定(商品値上げ)などのリスク要因もありますが、リスクと成長要因の両方を見ていく必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました