FUJIの株価分析!下落推移・連続増配で高配当【6134】

電子部品向けなど自動装着装置で首位のFUJI(6134)。今後の株価と配当がどうなるのか、業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

FUJIの株価POINT
  • 割高感は無し、高配当利回り
  • 業績は好調見通し
スポンサーリンク

FUJIの株価情報と業績推移

FUJIの株価情報と業績推移を見ていきます。

株価指標

株価:1,955円
予想PER:8.65倍
PBR:0.88倍
予想EPS:226.03円
時価総額:1,912億円

2022年10月7日終値時点のデータ。
最新の株価参考:(株)FUJI【6134】:Yahoo!ファイナンス

業種を考えると目立った割安感は無いです。

売上高と利益の推移

下記はFUJIの売上高・営業利益・経常利益・最終利益の推移です。

2020年3月期は減益となりましたが、2022年3月期は過去最高益を更新。

2023年3月期も増益見通しとしています。

参考:業績データ|FUJI

株価の推移

下記はFUJIの週足株価チャートです。

株価は2020年11月から上昇も、2022年は下落推移しています。

スポンサーリンク

FUJIの配当情報と株主優待

FUJIの配当情報と株主優待制度を見ていきます。

配当情報

2023年3月期の予定年間配当:80円
予想年間配当利回り:4.09%

高い配当利回りです。

配当金の推移

下記は芝浦機械の配当金推移です。
配当権利日は、9月(中間配当)と3月(期末配当)です。

FUJIの年間配当金推移

2018年3月期:40円
2019年3月期:50円
2020年3月期:50円
2021年3月期:50円
2022年3月期:70円
2023年3月期:80円(予)

2023年3月期は増配予定としています。

配当性向は2022年3月期が31.9%、2023年3月期の予想が約35%です。

配当方針

利益配分の方針は「安定的に配当性向30%を維持・継続できるよう努める」としています。

株主優待制度について

FUJIは株主優待を実施していないです。

スポンサーリンク

FUJIの事業・決算内容と今後について

FUJIの事業・決算内容の確認と今後について考えてみます。

FUJI(6134)とは

株式会社FUJI(ふじ、英: FUJI CORPORATION)は、大手産業機械メーカー。

主力製品の電子部品組立機(チップマウンター)は1978年頃から開発・製造を開始し、今日では業界30%とトップシェアを維持している。

FUJI(企業) – Wikipediaより一部抜粋

主な製品は「電子部品組立機」、「工作機械」です。

決算内容を時系列に確認

2022年5月13日に決算発表。
2022年3月期の連結経常利益は299億円と発表。

2023年3月期の同利益は287億円見通し、年間配当は80円予定としています。

2023年3月期1Q決算

2022年8月5日に決算発表。
2023年3月期1Q(4-6月)の連結経常利益は85.3億円と発表。

また、通期の同利益を287億円予定から306億円予定に上方修正しています。

今後について

2023年3月期は過去最高益見通しから更に上方修正しています。

好調さと警戒

部材の価格高騰および供給不足などがありましたが、車載および半導体関連の需要が順調に推移。

為替の円安進行もプラス材料となり業績見通しを上方修正しています。

株価に割高感は無いものの、やや厳しめの推移というのは、それなりに警戒されているという見方もできます。

タイトルとURLをコピーしました