ホンダ(本田技研工業)の株価チャート・配当推移を分析!今後の株価と配当はどうなる?【7267】

二輪で世界首位、四輪でも世界有数のホンダ(7267)の株価と配当がこの先どうなるか。株価指標・業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。また、株主優待制度についても確認していきます。自動車業界は大変革時代に突入し、多くの企業が合併や業務提携を進めて技術力を高めています。どこが抜け出すのか、現状ではまだ見えない部分が多いです。

ホンダの株価POINT
  • 株価には割安感があり、配当利回りも高い
  • 配当は増配傾向だが、そろそろ止まりそう
  • 業績はやや厳しい推移で長期の株価もあまりさえない
スポンサーリンク

ホンダの事業内容と株価指標

はじめにホンダ(本田技研工業)の事業内容と株価指標を確認していきます。

ホンダ(7267)とは

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。

TOPIX Core30の構成銘柄の1つ。

wikipediaより抜粋

ホンダの事業セグメントは「四輪」が約70%、「二輪」が約13%、「金融」が約15%、パワープロダクツ他となっています。二輪で世界首位ですが、売上・利益の多くは四輪事業です。地域別でみるとは北米・アジアが収益の多くを占めています。

参考:Honda|会社概要

株価指標と配当利回り

現在の株価:2,238円

予定年間配当:112円

年間配当利回り:5.0%

予想PER:6.5倍、PBR:0.46倍

※株価は2020年3月17日終値

予想PERは主要自動車メーカーと比較しても割安、PBRも割安です。配当利回りはかなり高いですが自動車メーカーの多くは比較的高配当です。

ホンダの業績推移と株価チャート

次にホンダの業績推移と株価チャートを確認していきます。

売上高と経常利益の推移

業績はあまり安定しないという印象です。2020年3月期は前年に引き続き減益予想となかなか厳しいです。国内の自動車メーカーはトヨタ以外は苦戦しているのが現状です。

参考:主要財務データ|Honda

株価チャートについて

下記はホンダの5年分の週足株価チャートです。

株価は長期で見ると下落して推移しています。

現在は一旦の下落メドの2,500円を割っているので、次の下落メドは1,500円あたりと見ることが出来ます。上昇した場合のメドとしても2,500円-3,000円あたりと見ることが出来ます。

スポンサーリンク

ホンダの配当推移と株主優待制度

次にホンダの配当推移と株主優待制度を確認していきます。

配当金の推移

下記はホンダの配当の推移です。年4回、各決算期での配当です。

ホンダの年間配当金推移

2015年3月期:88円
2016年3月期:88円
2017年3月期:92円
2018年3月期:100円
2019年3月期:111円
2020年3月期:112円(予)

配当は増配傾向です。

ホンダは決算毎に配当を実施しているため、年4回に分けて配当金が入ります。日本の多くの銘柄は期末の一括配当、もしくは中間・期末の年2回の配当が主流なので珍しいです。

株主還元の方針として「配当性向30%を目途」としています。2020年3月期の予想配当性向は約34%なので増配が止まる可能性が出ています。

参考:株主還元|Honda

株主優待制度について

ホンダの株主優待制度は下記となっています。

  • 3月末時点で100株以上保有で遊園地(鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎ)の優待券
  • 6月末時点で100株以上保有で事務所視察・レース招待・カレンダー
  • 12月末時点で100株以上保有でイベント(EnjoyHonda)へ招待

抽選になるのもありお得かと言われると微妙です。配当を年4回に分けていることから、優待ではなく配当に力を入れていると考えられます。

参考:株主優待について|Honda

ホンダの決算内容と今後について

最後にホンダの決算内容の確認と今後について考えていきます。

決算内容について

2020年2月7日の決算にて2020年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は7,861億円と発表、あわせて通期の同利益を従来予想の9,050億円から9,400億円に上方修正しました。

2Q決算にて9,950億円から9,050億円に下方修正を行いましたが、3Qにて上方修正をしました。しかし、現在の状況を考えるとかなり厳しくなると推測されます。

今後の見通しについて

2019年10月、傘下の部品メーカーであるケーヒン(7251)、ショーワ(7274)、日信工業(7230)が日立オートモティブシステムズと合併すると発表しました。自動車業界は変革時代に突入しており、その中で競争力のある技術・ソリューションを確立する為に統合します。新たな手を打ち、これからの新時代に備えています。

ホンダの株価は割安で配当利回りが高いです。しかし、海外の売り上げ比率が高いことから為替の影響・各国の景気の影響を大きく受けます。現在の業績がやや苦戦しているのもその影響があり、今後の不透明感は現時点では強めです。

参考:経営統合に関するお知らせ|Honda

タイトルとURLをコピーしました