日本航空(JAL)の株価は今後どうなる?買うのは危険か安全か分析【9201】

日本の航空会社といえば「日本航空(JAL)」と「全日本空輸(ANA)」です。今回は日本航空の株価がどうなるかを分析してみました。

  • 株価指標は割安、配当利回りは3%以上で高め
  • 配当が減る可能性は低い、そろそろ増える可能性も
  • 直近では燃料価格などの不安材料もあるが、高ROEは健在
スポンサーリンク

日本航空の事業内容と株価指標

まずは基本となる日本航空の事業と株価の各指標を確認していきます

日本航空(9201)とは

日本航空株式会社(にほんこうくう、英語: Japan Airlines Co., Ltd.、略称: JAL(ジャル))は、日本の航空会社。日本で最も長い国内線と国際線の歴史を持つ。

2004年に日本航空株式会社から「日本航空インターナショナル」に社名変更し、国際線と一部の国内線を担当する会社として発足したが、のちに国内線の多くを担当する日本航空ジャパンを吸収合併したことにより、JAL便の運航を受け持つ単一の事業会社となった。

2010年1月に会社更生法の適用を申請、更生手続の過程で持株会社「株式会社日本航空」や金融事業会社「ジャルキャピタル」などを吸収合併した。2012年9月東京証券取引所に再上場。

wikipediaより抜粋

日本航空(JAL)は誰もが知っている航空会社ですね。

2010年に会社更生法を適用し、経営破綻して上場廃止となりました。その後、公的資金の投入・整理解雇(リストラ)・第3者割当増資により2011年には会社更生終了し、民間企業に復帰しました。そして2012年に再上場しました。

複数の事業を展開していますが、主力の航空運送事業が売上高の70%を占めています。

参考:主要事業データ|JAL企業サイト

日本航空の株価指標

現在の株価:3,432円

予想年間配当:110円

年間配当利回り:約3.21%

予想PER:10.2倍、PBR:1.0倍

※株価は2020年1月10日終値

PER、PBR共に割安です。配当利回りは3%を超えているため平均より高いです。

日本航空の業績推移と財務状況

売上高と経常利益の推移

経常利益の推移

2015年3月期:1,752億円
2016年3月期:2,092億円
2017年3月期:1,650億円
2018年3月期:1,631億円
2019年3月期:1,653億円
2020年3月期:1,710億円(予)

売上は伸びており2020年3月期は過去最高の見通しとしていますが、経常利益はやや横ばいです。

参考:財務・業績ハイライト|JAL企業サイト

財務状況・株式指標

時価総額:1.18兆円

自己資本比率:60.8%

ROE:9.8%、ROA:8.4%(2020年3月期予定)

2019年3月期のROEは13.6%でしたので、2020年3月期は大きく下がる見通しです。とはいえ、まだ10%近くあるので問題はないです。

日本航空の株価チャートと配当推移・株主優待制度

株価チャートについて

下記は日本航空の5年分の週足株価チャートです。

株価はやや下落した位置にいます。

ここ5カ月ほど株価が下げ渋り下落が止まっていますが、上昇もしていません。ここから下落した場合のメドは3,000円、上昇した場合のメドは3,700円辺りでしょうか。

配当金の推移

配当金の推移

2015年3月期:104円
2016年3月期:120円
2017年3月期:94円
2018年3月期:110円
2019年3月期:110円
2020年3月期:110円(予)

ここ数年は年間配当は110円です。中間配当と期末配当の年2回としています。

配当方針は「配当性向を概ね35%程度を目安としつつ、継続性・安定性および予測可能性を重視して決定」としています。2020年3月期の予想配当性向は約32%なので問題はなさそうです。そろそろ少し増配するかもしれません。

参考:配当情報|JAL企業サイト

株主優待制度について

日本航空(JAL)の株主優待は「国内線50%割引優待券」と「ツアー割引優待券」です。保有株式数により優待券の枚数が細かく設定されているため、下記では一部だけ抜粋してあります。

保有株式数優待内容
100株〜199株優待券 1枚(3月)
ツアー割引券 各2枚(3月)
200株〜299株優待券 1枚(3月)
優待券 1枚(9月)
ツアー割引券 各2枚(3月,9月)
300株〜399株優待券 2枚(3月)
優待券 1枚(9月)
ツアー割引券 各2枚(3月,9月)

保有株式が増えると割引券の枚数が増え、10万株保有していると203枚になります。個人でそこまで保有するのは考えにくいですが(笑)。3年以上の長期保有でさらに優待券がプラスされます。

参考:株主優待のご案内|JAL企業サイト

50%割引はかなりお得に感じますが、他の割引と併用できないので早割、往復割の方が安い場合もあり、優待利回りには算出しにくいです。思いつきで飛行機で遠くへ行き、帰りは深夜バスのような特殊な場合には1万円以上安くなるパターンもありますが・・・

日本航空の直近の決算と今後

直近の決算について

2019年10月31日の決算にて2020年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は825億円と発表、通期計画の1,710億円に対する進捗率は48.3%となりました。

前年同期比で12.5%減とやや苦戦している印象です。

今後について

会社更生法の適用を申請し一度は経営破たんしましたが、経営陣を一新し破たんから3年かからず東証1部へ再上場しました。

高い自己資本比率とROE、配当利回りに加えて、現在の株価には割安感があります。東京オリンピックに備えて先行投資も進めていたのも一旦落ち着き、ここから増益が進んでいく可能性が高いです。

しかし、航空会社には燃料価格の値上がりリスクがあります。現在はLCC(格安航空会社)を含めて競争が激化しています。そのため、以前のように燃料の値上がり分を運賃値上げや燃油特別付加運賃に全て乗せるのは難しく、どこまで影響があるのか見えにくい部分はあります。

もちろん、燃料価格が下がればメリットになります。

タイトルとURLをコピーしました