SBIホールディングス(SBI証券)の株価分析!高配当の可能性あり・業績は見えにくさあり【8473】

インターネット証券最大手のSBI証券を傘下にもつSBIホールディングス(8473)。証券事業だけでなく銀行業やバイオ関連事業など多くの事業を展開しています。果たして今後の株価と配当がどうなるのか、業績推移や株価チャート・配当推移に加えて株主優待制度も分析していきます。

SBIホールディングスの株価POINT
  • 指標に割高感は無し、配当利回りは高くなる可能性あり
  • 2021年3月期は好調で最高益更新
  • 今後も様々な事が複雑にからんでくる
スポンサーリンク

SBIホールディングスの株価指標と事業内容

はじめに、SBIホールディングスの株価指標と事業内容を見ていきます。

株価指標と配当利回り

株価:2,605円
予想年間配当:未定
年間配当利回り:—
予想PER:—
PBR:1.12倍
時価総額:6,374億円

2021年8月24日終値時点のデータです。
最新の株価はコチラ⇒SBIホールディングス(株)【8473】:Yahoo!ファイナンス

業績見通し非開示のため、PERは算出不可。配当は未定ですが、仮に年間120円とした場合の配当利回りは約4.6%です。

SBIホールディングス(8473)とは

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。

商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略(バクロニム)に変更した。

SBIホールディングス – Wikipediaより一部抜粋

SBIホールディングスの主な事業内容はSBI証券や住信SBIネット銀行などの「金融サービス事業」、投資に関する事業、海外における金融サービス事業などを行う「アセットマネジメント事業」です。

子会社のSBIソーシャルレンディングの融資を巡る問題から事業継続は困難と判断し、ソーシャルレンディング事業からは撤廃を決定しています。

SBIホールディングスの業績推移と株価チャート

次に、SBIホールディングスの業績推移と株価チャートを見ていきます。

売上高・経常利益の推移

利益は2020年3月期に減益となりましたが、2021年3月期は取り巻く環境の影響が大きく過去最高益を更新しています。

株価チャートの推移

下記はSBIホールディングス5年分の週足株価チャートです。

株価は2021年3月以降、やや下落しています。業績を伸ばした2017年末から2018年にかけて大きく株価が上昇。業績への影響は軽微としていますが、子会社のSBIソーシャルレンディングの廃業の影響もありやや見えにくさがあります。

スポンサーリンク

SBIホールディングスの配当推移と株主優待制度

次に、SBIホールディングスの配当推移と株主優待制度を見ていきます。

配当金の推移

下記はSBIホールディングスの配当金推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

SBIホールディングスの年間配当金推移

2017年3月期:50円
2018年3月期:85円
2019年3月期:100円
2020年3月期:100円
2021年3月期:120円
2022年3月期:未定

配当金は増配傾向、配当性向は2020年3月期が61%、2021年3月期が35.3%です。

配当方針の確認

SBIホールディングスの配当方針は「年間配当金について最低配当金額として1株当たり10円の配当を実施」、「配当金総額に自己株式取得額を加えた総還元額の水準について、当面の間は親会社の所有者に帰属する当期利益の40%を下限として株主還元を実施」としています。

参考:配当金について|SBIホールディングス

株主優待制度について

SBIホールディングスの株主優待ですが「子会社が販売する商品、またはXRP(仮想通貨リップル)」です。

保有株式数優待内容
100株以上健康補助食品など約13,000円分
またはXRP2,000円相当分
1,000株以上
かつ1年以上保有
健康補助食品など約60,000円分
またはXRP8,000円相当分

100株保有の場合、子会社販売商品の場合は優待利回りが約5%と高いですが、ほぼ現金と変わらないXRPの場合は優待利回り約0.8%です。

参考:株主優待|SBIホールディングス

SBIホールディングスの決算内容と今後について

最後に、SBIホールディングスの決算内容の確認と今後について考えていきます。

決算内容の確認

2021年7月29日の決算にて、2022年3月期1Q(4-6月)の連結経常利益は330億円と発表、前年同期比19.0%増となりました。

今後について

SBIホールディングスは証券事業だけでなく、成長期待値の高い人工知能、ブロックチェーンやビッグデータなどの次世代の先進技術をいち早く導入し、新しい事にもチャレンジしています。

新しい事業の伸びしろとリスク

SBIソーシャルレンディングは2008年に設立された新しい事業で、登録者数も増えメディアでも紹介されるケースがありましたが、残念な結果となりました。業績への影響は軽微としていますが、これまでの先行投資も当然あったと考えられます。

良くも悪くも不透明感が強い

証券事業を行う企業の多くは業績見通しを出しません。2021年3月期は良い方向に動きましたが、環境に左右される可能性が高く、良くも悪くも不透明感が強いと言えます。関連会社への投資を含む多額の投資有価証券を保有していること、新技術・新事業が思ったような成果が得られないなどのリスクも当然あります。

タイトルとURLをコピーしました