明和産業(8103)が特別配当でストップ高、高配当利回りだが株価は今後どうなる

明和産業(8103)が2019年9月30日を基準日とする中間配当(特別配当)を1株あたり44円にすることを発表しました。当初の予定では期末配当の12円だけでしたので大幅増配です。

この発表を受けて2019年8月13日に株価はストップ高になりましたが、果たして明和産業(8103)の株価は今後どうなるか、考えてみました。

明和産業(8103)特別配当の理由

特別配当の理由を抜粋します。

安定的かつ継続的な利益配分を基本方針とし、現在の中期経営計画においては連結配当性向 15~20%を目標に掲げ配当を実施してまいりました。内部留保については、今後の事業展開と経営体質の強化のために有効に活用しております。

この度、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を目指し資本効率の向上を検討した結果、 保有する政策保有株式の一部を当期中に縮減することとし、利益剰余金の一部と政策保有株式の縮減益を原資に、中間配当を実施することといたしました。

今後の配当方針につきましては、引き続き安定的かつ継続的な利益配分を基本方針とし、来年度に公表を予定しております新中期経営計画にてお知らせいたします。

2019年8月9日 明和産業公式サイトプレスリリースより抜粋

今回の中間配当はあくまでも特別で、今後の方針は未定となっています。

政策保有株とは主に「金融機関や取引先との関係強化」、または「買収防衛」を目的に保有する株の事で、お互いに株を持ち合うものが多いです。 以前は多くの企業が保有していましたが、今は削減傾向にあります。

明和産業の配当推移を確認

過去の明和産業の配当を見てみます。

2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年(予)
7円8円8円8円10円10円56円

2020年の予定は2020年3月末の期末配当12円でしたので、中間の特別配当 (2019年9月末の44円)が大きく目立ちます。

明和産業について

それでは、明和産業について色々見ていきます。

明和産業ってどんな会社?

化学品・樹脂を主力とした三菱系の中堅商社です。炭素製品などが高シェアで中国での潤滑油販売にも強みがあります。

中国の成長率低下の影響もあり、第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比16.8%減とやや低調です。

明和産業の株価、配当利回り、各指標

明和産業の現在の株価は433円。年間配当は56円の予定なので年間配当利回りは12.9%です。PERは7.7倍PBRは0.56倍。ともに割安水準です。当初の配当予定の12円の場合、年間配当利回りは2.7%です。

※2019年8月13日終値時点

明和産業の株主優待

明和産業は株主優待を実施しています。内容は長期保有していないとおいしくないですね。

保有数期間内容基準日
100株以上輸入ガラス食器・陶器等の20%割引券3月末
9月末
100株以上半年以上上記に加え、QUOカード(500円)9月末
1,000株以上2年以上上記に加え、輸入ガラス食器・磁器等を、
複数の商品からいずれか1つを選択
(2,000円相当)
9月末

明和産業のチャートを確認

下記は過去3年の明和産業の週足のチャートです。

特別配当発表後に大きく買われましたが出来高が一気に増え動きが荒くなっています

特別配当狙いは難しい現実

今年の特別配当と言えばマクセルホールディングスが思い浮かびます。

もちろん、置かれている状況や理由などが異なるため、マクセルHDと同じように動くとは言い切れませんが、特別配当狙いは難しいです。

現在購入している人の多くが配当をもらうのではなく、配当権利日前までの株価が上がったタイミングで株を売却し売却益を手に入れようとするためどこかでババ抜きが始まります。

欲張らず上昇したタイミングでうまく売れると良いですが、「株価が思ったより伸びないから配当をもらう」と考えると配当権利日以降に配当金以上に株価が下落することが多いです。

特別配当を実施する銘柄すべてに言えますが、その銘柄に魅力があると考えて長期保有するつもりなら配当権利日をまたいでしばらく保有するのも良いと考えます。

しかし、配当に絡んだ短期保有での利益狙いの場合は損切りの金額や期間などを事前にしっかり決めて守る必要があり、初心者がこのような銘柄に短期保有で手を出すのは非常に難しいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました