松屋フーズ(9887)の株価はまだ上がる?株主優待はお得?業績好調で株価は年初来高値更新!

大手牛丼チェーンといえば、吉野家、すき家、そして松屋です。

今回は、松屋を傘下に持つ松屋フーズホールディングス(9887)の株主優待の確認と現在の株価から各指標、業績、今後の見込みを見ていき、松屋フーズHDの株価がどうなるか考えてみます。

  • 松屋フーズの株主優待はお得なのか?他の牛丼チェーンとの比較
  • 松屋フーズ現在の株価・各指標・配当推移・株価チャートを確認
  • 最近の業績とこれからの見込みについて

松屋フーズの株主優待について

まずはじめに注目されることの多い株主優待について見ていきます。

松屋の株主優待とは

松屋フーズHDの株主優待は 全国の「松屋」、「松のや」、「松乃家」、「チキン亭」で使える「食事優待券(10枚)」です。権利確定月は3月末。100株以上保有している株主が対象です。

この食事優待券ですが、他の優待みたいな金額ではなく、松屋の場合はラージ定食・W定食を除く全てのメニューから1品選ぶことができます。そして、この優待券が10枚付いてきます。

また、この優待券10枚(未使用)は自社製品詰め合わせセットと交換することもできます。セットの内容は「牛めしの具×4パック」、「豚めしの具×3パック」、「オリジナルカレーの具×3パック」です。

参考:株主優待制度|松屋フーズ

他の牛丼チェーン株主優待と比較

松屋フーズHDの株主優待ですが、吉野家HD、ゼンショーHDと異なる点は「保有株式数で変わらない」点と「金額ではない」点です。

メニューの中には600円以上のものがいくつかあるので、実質6,000円分以上と言えますし、お金の調整がいらないのは良いですね。

100株保有での優待利回りを考えてみると、仮に優待を6,000円分とした場合、現在の株価は4,155円なので利回りは約1.4%です。(吉野家HDは約2.3%、ゼンショーHDは約0.9%です)

※株価は2019年10月25日終値時点参考

株式数を多く保有する場合、優待金額が上がる吉野家HDやゼンショーHDの方がお得です。松屋の優待ですが、ここ最近の株価上昇で若干お得感が薄れてきました。

松屋フーズの株価と配当利回りについて

次に松屋フーズの株価と各指標、配当と株価チャートを確認します。

株価と各指標について

現在の株価:4,155円

予想年間配当:24円

年間配当利回り:約0.6%

PER:36倍、PBR:1.92倍

東証1部平均と比較すると割高ですが、競合他社の吉野家HD、ゼンショーHDと比較すると一番割安といえます。

※株価は2019年10月25日終値

過去の配当推移について

下記は松屋フーズHD、過去の配当推移です。

2015年3月期2016年3月期2017年3月期2018年3月期2019年3月期2020年3月期(予)
24円24円26円24円24円24円

配当は24円で据え置きですが、1Qの売上・利益が好調、2019年10月24日に上期の上方修正が入りました。

このまま好調に推移すれば配当を増額する可能性もありますが、過去の配当実績や配当性向から考えると仮に増額修正しても2円程度(据え置きが本線)だと想定されます。

株価チャートについて

下記は松屋フーズの約3年の週足株価チャートです。

上昇トレンドが止まり、やや下落気味のレンジで推移していましたが、1Qの好調な決算を受けて、株価が伸びています。上期の上方修正もプラス材料となり、年初来高値を更新しています。

ココから株価は4,500円を目指す動きとなりますが、そろそろ重たくなってきてもおかしくありません。

最近の業績と今後の動向を確認

松屋フーズホールディングスの過去の業績推移と最近の業績を見てみます。

業績推移について

下記は松屋フーズの過去5期分と今期の予想売上高・経常利益の推移です

売上は年々きれいに右肩上がりですが、2020年3月期の利益予想は今のところは2年前と同水準です。

最近の業績確認

2019年7月31日の決算では、2020年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は12.9億円と発表しました、通期計画の43.5億円に対する進捗率は29.9%となり好調です。

また、2019年10月23日に業績修正を発表し、2020年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を15億円から32.5億円に上方修正しました。

今後について

上期の業績予想を上方修正した際に、通期予想は精査中としましたが、2017年3月期を超える利益となる可能性もあると考えています。現在の株価はすでにその期待値がある程度織り込まれているようにも感じます。

今期の牛丼業界の業績ですが、吉野家HDもゼンショーHDも割と好調です。

円高への警戒もあり比較的好業績の外食銘柄に資金が流れてきているのもあり吉野家HDもつい先日まで年初来高値を更新していました。

しかし、問題はこれから先です。消費税増税の影響がどこまであるか人件費をはじめコストがどこまで利益を圧迫するか。仮にお客の取り合いで値下げ合戦になってしまえばお互いのクビを絞めることになるのは過去からみても明らかです。

そのため、価格以外の新メニューなどでどれだけお客を呼ぶことができるかにかかっていそうです。

タイトルとURLをコピーしました