株式用語

スポンサーリンク
株入門

騰落レシオを簡単に言うと「株が買われているか売られているか」。計算方法や有効性を分析

騰落レシオとは何か。どんな時に使えるのかを過去のデータから考えてみました。騰落レシオは市場参加者の強気、弱気を見る指標として良く知られているものです。簡単に言うと「株が買われすぎているか、売られすぎているか」の判断ができるものですが、必ずしも今後の株価を予測できるものではないです。
2020.05.28
雑記

バフェット指数とは何か、日本株(日経平均)の推移を分析。メリットとデメリットについて

バフェット指数(バフェット指標)で日本株が割安か、割高かを見ていきます。バフェット指数とは何かという基本から、日本株のバフェット指数推移、暴落の歴史から日本市場に使える指数なのか。メリット・デメリットも確認していきます。
2020.05.22
株入門

ROE(自己資本利益率)とは何か、投資目安となる数値とメリット・デメリットについて考察

ROE(自己資本利益率)とは何か。簡単に確認していきます。また、ROEの目安はいくつなのか、気を付けるポイントなども考えていきます。ROEはJPX日経インデックス400株の銘柄選定にも使われる指標で企業の収益性を知るのに便利な指標です。
2020.05.21
株入門

株のナンピン買いとは何か。ナンピンの基本と危険な理由を具体的に計算して検証

「ナンピン買い」とは、自分の保有している株が下落したときに追加で購入することです。今回はそんなナンピン買いの基本と危険性について具体的な計算例から考えてみました。ナンピンはあくまでも確率上の有利と損失額の不利の交換、基本的にしない方が良いです。
2020.05.19
株入門

大型株・中小型株など株の分類と個人投資家・外国人投資家が売買対象にする銘柄について考察

大型株・中小型株などの株の種類と個人投資家・外国人投資家が売買対象にする銘柄について考察してみました。株は「株価」、「時価総額」、「景気」に注目した分類がされることが多く、投資家が好んで売買する銘柄が異なります。しかし、あくまでも分類は一つの面です。
株入門

「PER」と「PBR」とは割安株の銘柄を見つける基本指標、目安と有効活用法について考察

PERとPBRは株が「割安か」を見るときの判断材料として使われることが多いです。今回はその「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」とは何か、基本的な説明とそれぞれのメリット・デメリットに加えて目安と有効性について考えてみます。
2020.05.16
雑記

「投資は余裕資金で行う」と「早めの損切り」が一筋縄ではいかない理由

「投資は余裕資金で行う」、「早めの損切りを行う」よく見かける言葉です。特に投資初心者向けの本やコラムに良く書いてあります。今回はこの二つが「わかっているけど難しい」というのを考えてみました。株式投資に100点の答えはないので、全て参考程度が良いと考えています。
雑記

黄金比やフィボナッチ数とは何かをチャートで簡単に解説!【株価チャートのテクニカル分析】

「黄金比」、「フィボナッチ数」とは何かという簡単な解説と、実際のチャートから具体的な利用方法について見ていきます。株価やFXのチャートでは意識されることが多く使い方によっては非常に強力な武器となる場合もあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました