島津製作所【7701】株価分析!長期で上昇も短期では下落場面あり

計測・分析器大手の島津製作所(7701)。今後の株価と配当がどうなるのか、業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。技術力には確かなものがあり、長期株価は上昇も短期では下落場面があります。

島津製作所の株価POINT
  • 割高感あり、配当利回りは低め
  • 業績は好調推移、連続増配当
  • 株価は長期上昇も短期は下落場面あり
スポンサーリンク

島津製作所の株価情報と事業内容

島津製作所の株価情報と事業内容を見ていきます。

株価指標

株価:4,300円
予想PER:25.86倍
PBR:3.25倍
予想EPS:166.3円
時価総額:1兆2,731億円

2022年8月12日終値時点のデータです。
最新の株価参考:(株)島津製作所【7701】:Yahoo!ファイナンス

PER、PBRともに割高感があります。

島津製作所(7701)とは

株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英: Shimadzu Corporation)は、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。

2002年、従業員の田中耕一がノーベル化学賞受賞

島津製作所 – Wikipediaより一部抜粋

クロマトグラフ・質量分析計などの「分析機器」、材料試作機・耐久試験機などの「計測機器」、X線TVシステム・PETシステムなどの「医用機器」、「産業機器」や「航空機器」など広く展開をしています。

島津製作所の業績推移と株価推移

島津製作所の業績推移と株価推移を見ていきます。

売上高と利益の推移

売上・利益ともに比較的好調に推移。

2022年3月期は過去最高売上・利益を更新。2023年3月期はさらに伸びる見通しとしています。

参考:業績ハイライト|島津製作所

株価の推移

下記は島津製作所5年分の週足株価チャートです。

株価は長期でみると上昇推移。

2021年9月に過去最高値を更新していますが、その後は大きく下落する場面も出ています。

スポンサーリンク

島津製作所の配当情報と決算内容

島津製作所の配当情報と決算内容を見ていきます。

配当情報

2023年3月期の予定年間配当:50円
予想年間配当利回り:1.16%

配当金の推移

下記は島津製作所の配当金推移です。
配当権利日は、9月(中間配当)と3月(期末配当)です。

島津製作所の年間配当金推移

2018年3月期:24円
2019年3月期:28円
2020年3月期:30円
2021年3月期:34円
2022年3月期:48円
2023年3月期:50円(予)

2021年3月期の配当は減配予定でしたが増配に、2023年3月期も増配予定としています。

配当性向は2022年3月期が29.9%、2023年3月期の予想が約30%です。

株主還元方針の確認

株主還元方針は「総還元性向30%を目標として、利益還元に努めていきます」としています。

参考:株主還元・配当|島津製作所

決算内容を時系列に確認

2022年5月10日に決算発表。
2022年3月期の連結経常利益は655億円と発表。

2023年3月期の同利益は680億円見込み、年間配当は50円予定としています。

2023年3月期1Q決算

2022年8月5日に決算発表。
2023年3月期1Q(4-6月)の連結経常利益は121億円と発表。

前年同期比4.9%減、通期計画の680億円に対する進捗率は17.8%となりました。

島津製作所の今後について

島津製作所の今後について考えていきます。

株価上昇ポイント

分析・計測機器大手で医用機器、航空機器にも強みがあり、2023年3月期も好調な見通しです。

確かな技術力があり全自動PCR検査装置を発売するなど、医療分野でも技術力の高さが出ています。

株価下落ポイント

売上の半分以上が欧米・中国などの海外です。そのため、為替の変動をはじめ海外情勢が業績に大きく影響を与えます。

また、新製品の開発には投資が必要です。商品化遅れ・需要ニーズの変化も業績に影響する可能性があります。

また、割高感があり、株価に期待値が含まれているため下落する場面も出ています

タイトルとURLをコピーしました