株のナンピン買いとは何か。基本と危険な理由やメリット・デメリットを検証

「保有している銘柄の株価が下落」これは誰しもが経験することです。保有株の株価が下落した時にとる行動は大きく分けると3つのパターンがあります。それは「静観して何もしない」、「諦めて損切りする」、最後に「追加で購入する(ナンピンする)」です。

今回「追加で購入するナンピン買い」とはどういうものか。ナンピンのメリット・デメリット、安易なナンピンは危険と言われる理由を考えていきます。

ナンピン買いのPOINT
  • ナンピン買いとは「損を平均する」という意味
  • あくまでも「確率上の有利」と「損失額の不利」の交換
  • ナンピン買いは基本的にしない方が良い
スポンサーリンク

株のナンピン買いとは

はじめに、「ナンピン買いとは何か」基本を見ていきます。

ナンピンとは

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一つ。

「難」は損のことを指し、それを「平均」することから、難平と書く。言葉の意味から、「何品」と書くのは誤用となる。難平は結局、確率上の有利と、損失額における不利の交換に過ぎない。

難平 – Wikipediaより一部抜粋

ナンピンとは簡単に言うと「損を平均する」ことです。

参考:ナンピン|証券用語解説集|野村證券

具体的な例

例えば、1株1,000円の銘柄を購入したとします。その後、購入した銘柄の株価が900円まで下がった時に、「買った時より株価が安い」と追加で購入するのがナンピンです。下記の表のような形です。

 株価株数購入額
1回目1,000円100株100,000円
追加購入900円100株90,000円
合計 200株190,000円

この場合、トータルで見ると950円で200株購入したことになります。

ナンピンした場合としなかった場合

株価が900円まで下落して追加購入の続きです。その後、「100円上昇し1回目の購入の1,000円に戻った場合」と「100円下落し800円まで下落した場合」の表が下記です。

 株価1000円800円
100株保有 1,000円(ナンピンなし)0円-2万円
200株保有  950円(ナンピンあり)+1万円-3万円

株価が購入時の価格に戻った場合、ナンピンしていない場合は当然利益はないです。しかし、ナンピンして200株保有している場合は1万円の利益です。

ナンピンした後に株価が下落

株価が下落した場合、ナンピンしていない場合は2万円の損失ですが、ナンピンしていた場合は3万円の損失です。ナンピン買いをした場合、株価が上昇すればプラスに戻る時間は早くなりますが、下落し続けると損失が大きく膨らむことになります。

ナンピン買いとは「プラスにできる確率が高くなるメリットと、損失額が膨らむ可能性のデメリットが共存する」ハイリスクな行動です。

スポンサーリンク

基本的にナンピン買いはしていけない

次に、「良いナンピン」と「悪いナンピン」を考えていきます。人それぞれ考え方があり、ナンピンをすすめる人もいれば、絶対にダメという人もいます。

ナンピン買いをしても良い時とは

ナンピン買いをしても良いパターンとしては「長期保有前提で、複数回に分けて購入する」という計画をあらかじめ立てている場合です。ナンピン買いというよりは定期購入に近い形です。自分の余裕資金の状況を考えて複数回に分けて購入するのは一つの手です。(もちろん、その分手数料はかかりますが)

ナンピン買いをしてはいけない時とは

ナンピン買いをしていけない時とは、事前に計画しておらず株価が下がったので「安く買える」と慌てて購入する場合です。株は上がり続ける・下がり続けることが良くあります。会社に問題はないが、相場全体が冷えて下落するとき、下落が暴落を呼び暴落が大暴落につながることもあります。

「プラスになる確率が上昇」は机上の計算

ナンピン買いをすれば損益分岐点が下がり、数字上ではプラスになる確率が上がります。しかし、あくまでも数字上です。「今の株価は安いから上がる」と考えて購入した場合、その読みが正しければ、自分の購入した株価より値上がりするはずです。ナンピン買いをする時は「自分の予想が外れているのでは」と考えるのが重要です。

過度なナンピンは塩漬けを生む可能性

特に長期で株を保有している場合、どこかで一時的に大きく下落する可能性があります。この時にさらに安く買えるチャンスだと買い増ししたくなる気持ちもわかります。しかし、一度ナンピン買いをしてしまうと、その後さらに安くなった時「さらに安く買える」とドンドン保有株式数が膨らみます。最終的に全く動けなくなり、塩漬けとなるケースも良く聞きます。

ナンピンの考えは「人それぞれ」。ナンピンをダメとは思いませんが、投資でやっていけない行動の一つは「慌てる」ことです。

最後に

株価が下落したときにまず考えるのはナンピンではなく損切りです。

事前の想定を思い返す

株価が上がると思い購入した銘柄が下がったのですから、さらに追加で買うのは当初の考えに反する行動です。もちろん、株価下がったからと損切りを繰り返せば損切り貧乏になってしまうのでそのバランスは非常に難しいです。

想定外の出来事も

購入時に損切りするポイントを決めておいても、購入時には無かったリスクが発生することがあります。特別な事情が発生した場合、保有を続けた方が良いか、損切りをした方が良いかは常に迷うポイントです。

損小利大の考え

投資の基本は「損小利大」です。全てを「利益」にするのは不可能で、いかに損を小さくするかも重要なポイントです。ナンピンという行為は損をしたくないという行動心理で、損失額を増やす可能性のある行動です。

そのナンピンは初めから計画していたものなのか、冷静な判断は出来ているか、よく考えることが重要です。

参考:見切り千両|証券用語解説集|野村證券

タイトルとURLをコピーしました