株のナンピン買いとはどういうものか、安易にナンピンすると危険な理由

自分の保有している株が下落することは株を保有したことがある人なら誰しもが経験することです。

保有している株が下落した時に、とる行動としては3パターンです。それは「静観して何もしない」、「諦めて損切りする」、最後に「追加で購入する(ナンピン)」です。

今回は、「追加で購入するナンピン買い」とはどういうものか、また、安易にナンピンするのは危険な理由を解説していきます。

株のナンピン買いとは

例えば、1株1,000円の企業の株を100株購入したとします。その後、株価が900円まで下がった時に、「前買った時より株価が安い」と追加で100株購入することです。

 株価株数購入額
1回目購入1,000円100株100,000円
追加購入900円100株90,000円
合計 200株190,000円

その後、この会社の株価が1200円まで上昇したとき、追加で購入していない場合は100株保有しているので2万円の利益ですが、追加購入して200株保有している場合は5万円の利益となります。

当然ですが、保有する株数を増しした方が多くの利益を得ることができます。

しかし、反対に、株価が600円まで下落した場合、追加購入していない場合は4万円の損失ですが、追加購入した場合は7万円の損失となります。

 1200円まで上昇600円に下落
追加購入無し(100株保有)+2万円-4万円
追加購入あり(200株保有)+5万円-7万円

このように、ナンピン買いをした場合、その後株価が上昇すれば良いですが、下落し続けると損失が大きく膨らむことになります。

ナンピン買いとはハイリスクハイリターンな行動となります。

基本的にナンピン買いはしていけない

株はその性質上、上がり続けたり下がり続けることが良くあります。会社に問題はないが、相場全体が冷えて下落するとき、下落が暴落を呼び、暴落が大暴落につながることもあります。

長期で株を保有している場合、どこかのタイミングで一時的に大きく下がる可能性があります。この時にさらに安く買えるチャンスだと買い増ししたくなる気持ちももちろんわかります。

しかし、一度ナンピン買いをしてしまうと、その後さらに安くなった時「さらに安く買える」とドンドン保有株式数が膨らみます。

株を購入する時、「この今の株価は安いから上がる」と考えて購入したはずです。その読みが正しければ、わざわざナンピン買いをしなくても、自分の購入した値段よりいずれ値上がりするはずです。

ナンピン買いをしても良いパターン

ナンピン買いをしても良いパターンとしては「長期保有前提で、複数回に分けて購入する」という計画が初めにあれば良いです。

しかし、下がったことで「安く買える」と慌てて追加で購入するのはとても危険です。どんどん買い増ししてしまい、最終的には全く動けなくなり、塩漬けとなるケースは良くあります。

最後に

株価が下落したときに考えるのはナンピンではなく損切りです。上がると思い購入したものが下がったのですから、さらに追加で買うのは間違った行動です。

購入時に損切りポイントを決めておくのが一番良いですが、株を保有していると購入時には無かったリスクが発生することがあります。このまま保有を続けていいか、損切りをした方が良いか。

冷静に判断できるかどうか。投資では「損少利大」が基本です。全てを「利益」にするのは不可能で、いかに損を少なくするのかも重要です。ナンピンという行為は損をしたくないという行動心理からきているもので、多くの場合失敗につながる行動です。

そのナンピンは果たして初めから計画していたものなのか、冷静な判断は出来ているか、よく考えることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました