業績絶好調は投資のチャンスではない?「陰の極み」と「陽の極み」

「売上と利益がともに好調」このような銘柄は投資調査機関、証券会社の評価が当然高くなります。業績が好調なことは企業にとってもちろん良い事です。しかし、株価が上がり続けるかと言われるとそうではないケースもあります。今回は業績と投資の関係について考えてみました。

業績と投資についてのPOINT
  • 業績が良いから株価が必ず上がるものではない
  • 投資では人気を避けるのも一つの方法
  • とにかく疑う、考えることが投資では重要
スポンサーリンク

株価の基本について

はじめに株価について基本的な事を改めて確認していきます。

業績=株価ではない

企業としては「売上・利益ともに前年比プラスで好調」はもちろん素晴らしい事です、当たり前ですが。しかし、株価というのは今の業績だけでは決まりません。需要と供給で成り立っている株価は基本的に「今現在の業績」よりも「この先の業績見通し」の方が大きく株価に反映します。

現在の業績が好調で増益予想の場合、多くの株価は上昇します。しかし、実際に増益でも想定よりは増えない場合や良くないニュースが出ると例え今の業績に問題が無くても株価が下がることはよくあります

反対に、減収・減益で株価が下落していた株が決算で下落幅が想定より低い場合、株価は上昇することが多いです。もちろん、どれだけの期間で見るかによっても変わりますが。

投資評価について

「増収・増益。最高益を更新!」の企業は雑誌やWEBサイト、調査機関の投資判断も「好調で投資判断は強気」と紹介されることが多いです。逆に減収・減益だと弱気のケースが多いです。

普通のことですが「売上が増加、利益も増加」の企業は投資評価が高く、「売上が減少、利益も減少」の企業は投資評価が低くなります。

業績好調は投資チャンス?

次に投資タイミングについて考えてみます。

増収・増益は手遅れのケースが多い

増収・増益で評価の高い企業というのは既に株価が上昇し、割高なケースも多いです。

株価には既に最高益を更新する前提(織り込み済み)なことも多いです。もちろん、割高な株価から更に上昇することもあります。しかし、決算が好調でも「材料出し尽くし」による利益確定売りで株価が下落するケースが多いです。

減収・増益はチャンスの場合もある

増収・増益企業は多くの人に既に注目されているケースがあります。投資ではこのような人気銘柄を避けるのも一つの方法です。そのため、実際にチャンスがあるのは「売上高が減少し利益が増加」している場合のケースです。

もちろん、なぜ売り上げが減少したか。その要因を探ることが大切です。「利益率上昇を目的に不採算部門を圧縮」というのは、よく見られるものです。売上減少が将来どのように影響するのか考えることが重要です。とても判断が難しいですが、このような中にこそチャンスがあります。

減収・減益の「陰の極」(いんのきわみ)

実は「減収・減益」企業の中にもチャンスとなる銘柄が眠っていることもあります。当然、減収・減益が続いている企業は株価が下落していることが多くリスクが高いです。連続減収・連続減益銘柄は初心者にはオススメできないです。

しかし、投資格言には「陰の極」(いんのきわみ)があります。

陰の極とは

相場が下げ続け、これ以上下げようがないという水準の状態。

人気がなくなり、これ以上下げようがないといった状態まで株価が下がり、売買高も極端に少なくなった状態を「陰の極」と言います。その逆に、商いを伴って大きく株価が上がって、天井相場となった状態を「陽の極」と言います。

陰の極では、売り物が出尽くしているため、絶好の買い場となるチャンスとも考えられることから、株式市場では「陰極まれば陽転す」とも言われています。誰が考えてもその銘柄にとっていい材料がなく、悪いニュースばかりが目立つ時こそ、陰の極であり、相場が上昇に向かう時期なのです。ただし、会社が倒産してしまっては、もちろんこの限りではありません。

Weblio辞書より抜粋

簡単に言うと「業績が上向く気配がない、株価が底の方で推移している」銘柄はチャンスとなる場合があるということです。投資会社・証券会社などの投資判断が「弱気」で続いている銘柄などです。当然、赤字が続いていれば倒産することあるため、銘柄選びは簡単ではないです。

最後に

単純に業績のいい企業の銘柄の株を買えば儲かるなんていう甘い話はありません。では業績が悪い企業の銘柄を買えば良いのか。それも違います。

業績ももちろん重要です。しかし、「何事もまずは疑う事」が投資では基本です。とはいえ、考えてもうまくいかないこともあります。

タイトルとURLをコピーしました