業績絶好調は本当に投資のチャンスなのか。「陰極まれば陽転す」とは

売上・利益ともに右肩上がりで好調。そのような銘柄は投資調査機関、証券会社の評価も高くなります。業績が好調なことは企業にとってはもちろん良い事です。しかし、株価が上がり続けるかと言われるとそうでもないケースもあります。今回は業績と投資について考えてみました。

業績と投資についてのPOINT
  • 業績が良いからと言って株価が必ず上がるものではない
  • 投資では人気を避けるのも一つの方法
  • とにかく疑う、考えることが投資では重要
スポンサーリンク

株価について

はじめに株価について基本的な事を改めて確認していきます。

業績=株価ではない

企業として「売上・利益ともに好調」はもちろん素晴らしい事です、当たり前ですが。しかし、株価というのは業績だけでは決まりません。「今現在の業績」よりも「この先の業績の見通し」の方が大きく株価に反映します。

現在の業績が好調で更に増益予想の場合の株価は多くの場合、上昇します。しかし、実際に増益でも想定より悪い場合や良くないニュースが出ると例え今の業績に問題が無くても株価が下がることはよくあります

反対に、減収・減益で株価が下落していた株が決算で下落幅が想定より低い場合、今後にプラスとなる材料がでると株価は上昇することが多いです。

投資評価について

「増収・増益。最高益を更新!」という企業の多くは当然ながら雑誌やWEBサイト、調査機関の投資判断も「好調で投資判断は強気」と紹介されることが多いです。

普通に考えて「売上高が増加、利益も増加」の企業は投資評価が高く、「売上高が減少、利益も減少」の企業は投資評価が低くなります。

チャンスとなる業績とは

次にチャンスとなる業績について考えてみます。

増収・増益は既に遅いケースもある

評価が高い企業というのは既に株価が上昇し割高なケースも多いです。最高益を更新する前提の株価となっていることも多いです。もちろん、割高な株価から更に上昇することもあります。しかし、過去には大企業であるトヨタや任天堂が連続増収・増益を続けいたときに「絶好調で問題なし」と評価された後に株価が大きく下落したこともあります。

減収・増益の場合

増収・増益企業は多くの人に注目されているケースがあります。投資では人気を避けるのも一つの方法です。そのため、実際にチャンスがあるのは「売上高が減少し利益が増加」している場合と言われることがあります。

もちろん、なぜ売り上げが減少したか。その要因を探ることが大切です。「利益が減少したことで利益率上昇を目的に不採算部門を圧縮」よく見られるものです。それが将来どのように影響するのか考えることが重要です。

減収・減益の「陰の極」

更なる警戒は必要ですが「減収・減益」企業の中にもチャンスとなる銘柄が眠っていることもあります。当然、減収・減益が続いている企業は株価も下落しリスクは高いです。初心者にはオススメできないのは間違いないです。しかし、投資格言には「陰の極」と言われるのがあります。

陰の極とは

相場が下げ続け、これ以上下げようがないという水準の状態。人気がなくなり、これ以上下げようがないといった状態まで株価が下がり、売買高も極端に少なくなった状態を「陰の極」と言います。その逆に、商いを伴って大きく株価が上がって、天井相場となった状態を「陽の極」と言います。陰の極では、売り物が出尽くしているため、絶好の買い場となるチャンスとも考えられることから、株式市場では「陰極まれば陽転す」とも言われています。誰が考えてもその銘柄にとっていい材料がなく、悪いニュースばかりが目立つ時こそ、陰の極であり、相場が上昇に向かう時期なのです。ただし、会社が倒産してしまっては、もちろんこの限りではありません。

Weblio辞書より抜粋

最後に

投資は簡単ではないです。単純に業績のいい企業の銘柄の株を買えば儲かるなんていう甘い話はありません。では業績が悪い企業の銘柄を買えばいいのかというとそうでもないです。

何も考えず疑わないのは投資では危険です。「まずは疑う事」は投資では基本です。とはいえ、考えてもうまくいかないこともあります。

タイトルとURLをコピーしました