サマーラリーと夏枯れ相場に向けての投資戦略

7月から9月くらいまでのアノマリーとして有名なものに「サマーラリー」と「夏枯れ相場」の二つがあります。

今回はこの二つに加え、他の要因も考えながら今後の投資戦略を考えてみました。




サマーラリーとは

7月上旬から8月中旬にかけて株価の上昇が期待できるというアノマリーです。理由としては、夏休み前に夏のボーナスで株を購入する、9月末の配当・優待狙いが本格化するなどで株価が上がるというものです。

夏枯れ相場とは

8月中旬ごろから9月くらいにかけて相場があまり動かなくなるというアノマリーです。理由としてはお盆、夏休みなどで市場参加者が減り取引高が減少するので株価が下がるというものです。

この「サマーラリー」と「夏枯れ相場」に関しては、日本市場には当てはまらないとか、期間が違う、昔と違い今は当てはまらないなどなど諸説あります。

アノマリーはさておき・・・

GW前、「フラッシュクラッシュがGWに来る」という話が色々なところで出ていました。昨年末に起きたことで警戒されたからでしょう。しかし、実際にはGW後、下落しましたがフラッシュクラッシュとはいえない感じでした。

暴落や暴騰は基本的に騒がれていたり、警戒されていたりすると来ないものだったりします。お盆もフラッシュクラッシュが起きる可能性はあります。もし、あまり騒がれていないようなら少し警戒しますが、GW前と同様に「お盆にフラッシュクラッシュが来る」と騒がれたらあまり気にしなくてもよいと考えています。

今後の投資作戦

結局、これからどのような投資作戦でいくかというと、あくまでも現状の私はしばらく下目線です。

もちろん、上がる可能性はあります。例えば米中貿易がいきなり合意し、これまでの関税も撤廃!となれば日経平均が1000円以上上がる可能性も全然ありますし、他にも上がる要因になりそうなものは色々あります。

しかし、これまでを見てもいきなり合意というのも厳しいと思いますし、利下げによる為替の下落であったり、消費税増税による景気減退の警戒感など下落する要因の方が多いと感じています。

中でも個人的に、一番気にしているのは「各証券会社が米国株の取引手数料を下げていることです。」こういうことをすると大体株価下がるというのを過去何度も見てきました。

とはいえ、これから全力で売りに向かうというわけではなく、長期保有銘柄だけを残して、ダブルインバースでリスクヘッジをする程度にとどめています。

そして、大きく下落したタイミングで買うのを狙っています。2万円割れをするには大きな材料が必要ですが、2万1千円割れくらいなら全然あると考えています。

最後に

あくまでも現状の作戦です。ニュース次第で方針は変わります。8月に大きく株価が下がればねらい目と考えていますが、このまま日経平均が21700円を超えて大きく上昇していくと23000円、24000円まで上昇する可能性もあります。

株は上がっても下がっても買いたくなります。そのタイミングはとても難しいので、冷静に判断していきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする