「売上・利益の推移」と「配当政策・配当推移」が株価上昇・下落につながるパターンとは

「企業の業績(利益)」と「配当金」は密接に関係しています。当然ですが利益が減れば配当が減る可能性が高く、利益が増えれば配当が増える可能性が高いです。

もちろん、企業ごとに配当方針が異なります。利益の多くを投資に充てる成長企業があれば、利益の多くを配当に回す企業もあります。利益が減っても安定配当を重視して配当を維持する企業もあれば、業績に連動して配当が変動する企業もあります。

今回はそんな配当・配当政策がどのように株価へ影響するのか、どのような銘柄がねらい目なのか考えてみました。

利益と配当政策のPOINT
  • 配当金は「業績(利益)」と「配当政策」がポイント
  • 配当が増えれば株価が上昇するわけではない
  • 配当が株価に大きなインパクトを与えるケースは復配
スポンサーリンク

配当の基本的なポイント

まずは配当金の基本的な事を確認していきます。

配当金とは

配当(はいとう)とは、金銭等を「割り当てて配ること」あるいは「割り当てて配られたもの」をいう。企業における配当とは、企業が経営活動の結果として獲得した利益を出資者あるいは株主に分配することをいう。

配当を予定していたのに無配に変更することを無配転落という。逆に無配の会社が配当を出すことに変更することを「復配」という。また、配当を減らす場合は「減配」、増やす場合は「増配」と言う。

配当性向とは、配当で支払う金額を当期利益で割ったものを百分率で示したもの。配当利回りが高くても、この値が高いと減配や、場合によっては無配転落も心配される。

配当 – wikipediaより抜粋

簡単に言うと会社から株主にお金を分配することです。「配当金」に強く関心を持つ人も多く、雑誌やWEBサイトなどで「配当利回りランキング」のような配当に関する記事を見かける機会も多いです。

配当金のもと

基本的に配当は「会社の利益を株主に分配」することです。多くの企業は該当期の利益が配当の元となります。そして、利益の中から配当金に回した分が配当性向と呼ばれます。

近年では期毎の利益の変動幅を考慮し、配当が安定するDOE(株主資本配当率)という基準を設けて配当を実施する企業もあります。欧米でDOEは一般的というのもあり、日本でも年々DOEを配当の基準とする企業が増えています。

配当がどうなるかを長期で考えた場合「会社の利益」と「配当政策」が重要なポイントです。

配当が株価に及ぼす影響とは

次に配当金が株価にどのような影響があるのか考えてみます。

増配と株価の関係について

当然ですが、配当が増えることは投資家にとってプラスです。しかし、必ずしも「増配発表=株価上昇とはならない」です。あくまでも一例ですが、確認していきます。

下記は花王の週足株価チャートです。黒線が期末決算発表日周辺です。

花王は連続増配銘柄として有名です。

期末決算発表時に次期の配当予想で増配を打ち出していますが、その後の数週間~1カ月程度の株価は上昇するときもあれば下落しているときもあります。

花王は「増益・増配」が事前に予測されています。そのため、既に株価に織り込まれていることが多く、増配発表が株価に与える影響は小さく、売上・利益予測の方が株価に与える影響が大きいです。2020年3月の急落は相場全体が下落したからですが、その後の株価が軟調なのは業績下方修正の影響が大きいです。

発表前に増配が予想される場合、株価への影響は小さいです。

増配・減配と株価について

下記はJTの週足株価チャートの推移です。黒線が決算発表日です。

JTは連続で増配していましたが、2020年12月期は据え置き、2021年12月期は減配方針を発表し株価が下落しています。しかし、過去を見ると決算発表で増配予定を発表しても株価が下落している時もあります。

通常「減益」の場合、配当を維持もしくは減配するのが自然の流れですが大企業で体力がある場合、増配するケースもあります。高い配当利回りは株価の下支えとなるケースもありますが、実は減益で増配しても利益回復が見込めない場合、その後の株価は下落するケースも見られます。

株価は業績見通しの影響が大きいケースもある

スポンサーリンク

狙い目となる銘柄の種類とは

最後に狙い目となる銘柄について考えてみます。

短期的な一発狙い

増配でも株価上昇インパクトに欠ける。減配も株価上昇が見込めない。ではどのような銘柄が狙い目なのか、あくまでも短期的な狙い目ですが「配当が復活しそう」な銘柄が狙い目です。

業績悪化により一時的に配当を無配としたが、「業績回復で配当を復活させるケース」は狙い目です。特に時価総額が低めの銘柄は配当復活でストップ高まで上昇するケースもあります。近年では2018年5月に配当復活を発表した「日本板硝子(5202)」、「愛眼(9854)」。2019年12月に復配を発表した「千趣会(8165)」などがストップ高まで株価が上昇しています。

しかし、どちらもストップ高の後の株価はさえないです。このようなケースは他の銘柄でも当てはまることが多く、あくまでも「復配発表前に保有していること」、「短期的」なことが条件です。

また、業績復活から復配を発表したが、次期の業績見通しが減収・減益の場合は株価への反応も限定的になるケースもあります。当然ですが、株価は配当だけで決まりません。あくまでも一つの要素です。

タイトルとURLをコピーしました