バフェット指数とは何か、日本株が高いのか安いのかをその推移から確認してみる

現在の株価が高いのか安いのかを判断する指標には、代表的なPBR、PERをはじめさまざまなものがあります。

その中で、国全体の株式市場の株価が高いのか、安いのかを知る指標の一つにバフェット指数があります。今回はそのバフェット指数の推移から、現在の日本の株式市場全体の株価が高いのか安いのかを考えてみます。

バフェット指数は割高か割安かの判断材料に使われることがありますが、一番は暴落の危険性の判断に使われます。

バフェット指数とは

バフェット指数とは超有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏が国全体の株価が高いのか安いのかを判断するのに利用していると言われているものです(諸説あり)。

簡単にいうと、その国に投資する価値があるのかどうか、投資が加熱気味なのかを判断する材料と言われています。

バフェット指数の計算方法

バフェット指数の算出方法は簡単です。

「株式市場の時価総額÷その国の国内総生産(GDP)×100」で表します。

株式市場の時価総額とは簡単にいうと「上場企業を全て買うのに必要なお金」、GDPは「国内で生み出された付加価値の総額」です。

特に先進国では株価とGDPが密接に関係していると考えられており、GDPが上がっていないのに株価が上がるのは不自然で、いつかは下落するという考えがこの指数の根拠です。

一般的に、この値が100%を超えると割高、100%以下は割安の目安といわれています。

日本株のバフェット指数の推移

日本のバフェット指数の推移を見てみます。日本の場合、株式市場の時価総額は東証1部上場銘柄の時価総額を利用します。

2019年11月現在で120%、2016年10月以降、日本のバフェット指数は100%を超えています。これだけ長期間100%を超えるのはバブルの頃までさかのぼります。

とはいえ、バブル絶頂期のバフェット指数は140%を超えていたので、現在が明らかに高すぎるというわけではないです。

ちなみに、米国株(NYダウ)のバフェット指数は現在150%近く、過去を遡ってもここまで上昇したことがないくらい高くなっています(2000年に140%近くまで上昇した時はその後ITバブル崩壊で大きく株価が下落しました)

バフェット指数のメリット・デメリット

バフェット指数は昔からある指数で、現代ではメリットとデメリットがあります。そのメリット・デメリットからどこまで参考になるのかを考えてみます。

メリットとは

メリットとしては簡単な計算式で求められ100%以上は加熱と言う分かりやすさと、過去の暴落前には100%を超えていたという事実があります。

将来も必ず有効かどうかはわかりませんが、日本のバブル崩壊をはじめ、2000年のITバブル崩壊、2008年のリーマンショック時も暴落前は100%を超えていました。大きな暴落の前には必ず100%を超えています。このことから、信頼度は高く感じます。

デメリットとは

デメリットとしては100%を超えたからと言って直ぐに暴落が来るというわけではないことです。バブルの頃は100%を超えて、その後は140%まで上昇するほど株価が上がりました。

現在も100%を超える期間が2年以上続いています、いつ暴落が来てもおかしくないですが、あくまでも可能性の一つです。

実際に過去の暴落を見ると、100%を超えたからすぐ暴落するわけではなく何年か経ってから暴落するケースが多いです。

また、もう一つの問題点としてGDPを利用していることにあります。GDPは詳細な計算方法が公開されておらず、毎年計算基準などの見直しがされているため、そもそもGDPの数値自体が問題視されることがあるのも事実です。

最後に

過去のデータをみるとバフェット指数が100%を超えているからすぐに株価が下がる。100%以下だから株価が上がるというのが必ず当てはまるわけではないです。

これから先、バフェット指数が未来永劫通用する完璧な指標というわけでもなさそうです。しかし、100%を超えてからバブル崩壊、リーマンショックが起きて株価が暴落したのも事実です。

あくまでも一つの目安として現在の株価が過熱気味かどうかの判断材料とするのが良いかと考えます。そして、バフェット指数上では日経平均、NYダウ共にかなり割高傾向にある。というのが言えます。

タイトルとURLをコピーしました