【2019年5月末】トルコリラ円スワップポイント運用報告

2019年6月6日時点のトルコリラ円のスワップポイント投資の運用報告です。5月はFX口座を開くことがなく、株の事ばかり考えていて忘れていました・・・、遅れながらご報告です。

私のトルコリラ円のスワップポイント投資に対する考えはこちら

現在のトルコリラポジション

先月比、+7000円です。相変わらずのマイナス評価損益ですが、他通貨が円高に進んでいる中では、原油安の影響もあり、わりと頑張っています。

今後のトルコリラ

豪ドルが利下げ、米ドルも利下げ観測が出ており、近い将来トルコリラも利下げされる可能性が高いです。

利下げ幅にもよりますが、利下げは通貨安になるだけでなく、スワップポイントも減るので、「スワップポイント投資は失敗」に近づきます

先月、1トルコリラ17円台まで下落しましたが、ここ最近持ち直しています。かといってこのまま30円まで行く可能性はほぼゼロに近いですか・・・。
今後も、トルコリラは原油価格に大きく左右されます。

また、シリアなどの地政学リスクですが、こちらはG20でエルドアン大統領とトランプ大統領が会談する予定です。米中貿易問題で揺れている中、アメリカとトルコの関係は比較的前向きに、改善されるのではと感じています。

(2人とも行動が全く読めないのであくまでも希望的観測です)

最後に

現在、メジャー通貨も新興国通貨も円高に進んでおり、全ての通貨でスワップポイント投資にとって厳しい状況です。

米中貿易問題、景気減速観測などからリスクオフムードが広がっていますが、株にしても為替にしても、メジャーなものはいつか適正値に戻る可能性が高いです(あくまでもメジャーなものですが)。

「安い時に買い、高い時に売る。」という当たり前の事ができるかどうかですが、実際には、下がっているとき、どこまで下がるかわからず買えない。上がっているとき、もっと上がりそうと買ってしまう。というのはよくあり、そのバランスはとても難しいです。

大きく狙うことはできないですが、「一度に大きく買う、大きく売る」のではなく、余裕をもって少しずつ買う、少しずつ売るのが良いと考えています。

タイトルとURLをコピーしました