スワップポイント投資で生活するにはいくら必要?

現在の日本は超低金利で銀行にお金を預けてもまったく増えないです。当たり前のようですが、昔は金利が高い時で5%くらいあり、そのころに1億円あれば「銀行にお金を預けておき、その利子暮らす。」ということが現実に可能でした。

日本の銀行にお金を預け、その金利で生活するのは不可能ですが、「FXのスワップポイントで生活」するにはいくらあれば可能なのか、考えてみます。

スワップポイントとは

そもそも「スワップポイントとは何か」という方は下記の記事で詳しく書いてます。

以前、「株の配当金で生活することは可能か」を考えた際、配当金で生活するのを実現するにはかなりハードルが高いというのを書きました。

FXのスワップポイントは通貨によっては利回りが高いのに加え、レバレッジをうまく使うことでさらに上げることができます。もちろん、レバレッジは諸刃の剣ですが。

そんな「FXのスワップポイント」で生活するためにはどんな方法があるか考えてみます。

メジャー通貨のスワップポイント狙い

通貨の安全性を重視すると「米ドル円のスワップポイント狙い」が安定します。

通貨がなくなる、とてつもない暴落が起きる可能性は低いです(リーマンショックで暴落しましたが)。下記は2002年からの米ドル円の長期チャートです

リーマンショックのころに1ドル75円台まで下落したため、将来、同じことが起きないとはいえないですが、仮に下落したとしても戻ってくる可能性は非常に高いです。

現在、ドル円のスワップポイントは業者により異なりますが1万通貨保有で1日80円もらえる業者が複数あります。1ドル110円としてもらえるスワップポイントが下記の表になります。

元手110万円年間スワップポイント
1万通貨(レバ1倍)29200円
3万通貨(レバ3倍)87600円
7万通貨(レバ7倍)204400円

レバレッジ3倍ではリーマンショック時の75円付近までいくと強制ロスカットの可能性があります。そのため、3倍以内が長期保有での限界ラインと考えています。レバ3倍の場合スワップポイントを年間150万円を手に入れるには約2000万円必要です。

もし「ドル円は100円以下にならない!」という自信がある場合はレバレッジ7倍くらいまでいけるので約800万円で年間150万円のスワップポイントを手に入れることができます。これはかなり危険な掛けですが。

また、気を付けるべき点として今後の政策金利があります。利下げする可能性があり、スワップポイントが少なくなる可能性が高いです。その場合、スワップポイントが少なくなるだけではなく、円高に進むので高レバレッジはハイリスクです。

高金利通貨のスワップポイント狙い

では次に、高金利通貨の場合はどうか考えてみます。

現在、多くのFX業者で取り扱いのある通貨の中で一番スワップポイントが良いのはトルコリラ円になります。1万トルコリラ円の保有で1日100円以上のスワップポイントが付く業者があります。

1トルコリラ18円でスワップポイント100円とするともらえるスワップポイントは下記の表になります。

元手18万円年間スワップポイント
1万通貨(レバ1倍)36000円
3万通貨(レバ3倍)108000円
7万通貨(レバ7倍)252000円

レバレッジ3倍だと過去最安値でもギリギリ強制ロスカットされないですが、この過去最安値は昨年起きているので、将来この価格以下にならない保証はまったくないです。

下落が止まらないトルコリラ円の場合、長期保有ではレバレッジ1倍以外厳しいと感じています。レバ2倍程度でも10円以下になると強制ロスカットされます。

レバレッジ1倍で年間150万を手に入れるには約740万円必要です。「10円以下にはならない!」と考えてレバレッジを設定するならば約400万円で足ります。

こうして机上の空論を描くと「日本人がトルコリラを保有する」理由がわかりますね。仮にレバレッジを3倍くらいで運用するとわずか2年で元を取ってしまうのです。スワップ分を再投資すれば、もっと早くに元を取ることも理論上は可能です。

トルコリラの失敗

しかし、実際はそんな簡単なものではないです。私も毎月トルコリラの運用報告(ただの長期保有)をしていますが、スワップポイント以上に下落が大きく、常にマイナスです。

5年ほど前、トルコリラ円が40~50円台で推移してた頃からスワップポイントを手に入れることを考え、多くの人が3倍前後のレバレッジでトルコリラ円を保有していました。私はまだ下がるとみてその頃は保留しました。

結果、私は30円割ったあたりで落ち着いたと判断し購入しましたが、その後、20円も割り込む形となり、40円台で保有していた多くの人が強制ロスカットされてしまいました。そのような過去を考えると今後10円以下になる可能性もありそうです。

また、米ドル円と同様、この高金利がいつまで続くかわからないです。

最後に

トルコリラ円を保有する自分が言うのもなんですが、300万円近くが無くなる覚悟でトルコリラに投資するのはかなりリスキーだと考えています。他の高金利通貨である南アフリカランド円、メキシコペソ円も同様です。

高金利通貨は「何もしなくても生活できるだけのスワップがもらえる」夢があるかもしれませんが、1点投資をしてしまうと幻想になってしまう可能性が高いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする