日本株の配当金収入で生活するには資金(元手)はいくら必要?現実と注意点を考察

「株の配当金収入で生きていく」、「定期的な収入源としたい」という目標を持ち投資を行う人は大勢います。

今回は「株の配当金で生活する」には元手となる資金(お金)がどれだけ必要か、また配当金狙いの投資で注意する点や現実的なことを考えてみました。

スポンサーリンク

配当金で生活するのに必要なお金

「どれだけの資金(元手)」があれば「株の配当金だけで生活」をすることが可能なのか考えてみます。

株の配当金について

今回は日本株に限定して考えます。日本株の配当金は高いと年間利回りで5%を超える銘柄もあります。

しかし、実際に配当金で生活している多くの人は年間配当利回りが3%程度です。

配当利回りについて

日本株で年間配当利回り5%以上となると約100銘柄、3%以上だと約1,000銘柄と大きく差があります。リスク分散を考えると、3%あたりが現実的な数値と言えそうです。

※株価により利回りは異なるため参考値です

日本株の平均配当利回りは上場先・業種などで異なりますが、約2%です。

参考:国内株式指標:日経電子版

必要な元手

年間配当利回り3%と考えた場合、1年間で150万円の配当金を受け取るには元手が5,000万円必要です。

なかなか厳しい数値です。実際に、配当金生活を考えている人の多くが5,000万円を最低ラインと考えているようです。

最低限必要なお金とは

人により1カ月の生活費は大きく異なります。住んでいる地域、場所により家賃は大きく変わりますし、持ち家か賃貸かでもかなり違います。

一人暮らしの生活費は平均で16万円と言われていますが、家賃が安めの地域、車を保有しなければ月に10万円あれば最低限生活することは可能です。

目標ライン

節約生活を行なっている人の中には月10万円程度で生活している人はいます。20%の税金を考えると配当金で年間150万円が生活する目標ラインとなります。

とはいえ実際に、配当金生活している人は持ち家(ローン返済済み)や年間200万円以上(月16万程度)の配当金収入の人が多いようです。

※他に収入がない場合、総合課税で確定申告すれば税率はかなり落とせます。150万くらいであれば多分7%くらいですが、とりあえず年150万円とします

参考:一人暮らしでの生活費はいくら必要?

スポンサーリンク

配当金を副収入として考える

「配当金で生活する」を目標にすると必要資金が多く大変です。そこで、ぐっと目線を下げて半分の一カ月50,000円を第1目標として考えてみます。

プラス収入と考える場合に必要な資金

平均利回り3%と考えた場合は、5,000万円の半分の2,500万円必要です。だいぶ必要資金は下がりましたが、それでも結構な資金が必要です。

配当狙いの注意点

保有している銘柄の配当金が減少したり、無くなってしまったら元も子もないです。

配当利回り3%で年間60万円を配当金で受け取るには約2,500万円必要ですが、5%の場合は約1,500万円です。必要資金がグッと下がりますが、当然、その分リスクが大きくなります。

長期で安定しないと収入源とはいかない

一部ならまだしも、資金のほとんどを年間利回り5%以上の銘柄に投資するのはかなりリスクが高いです。

仮に今の配当金が良くても、配当が維持できなければ「配当金収入を受け取る投資」は失敗です。

現時点よりも将来

保有する銘柄は現状の利回りを見るのではなく、無理に配当を出していないことを確認する必要があります。

例え、10年以上減配していなくても、会社方針で減配しないとしていても、会社が利益以上の配当を出し続けるのは不可能です。

具体的なリスクが高い状況とは

たこ足配当と呼ばれる銘柄は今は良くても、いつか崩れる可能性がありリスクが高いです。

具体的には「配当性向100%超えが何年も続いている」「配当性向が年々上昇している」、「利益が年々減少している」銘柄は注意が必要です。

数字だけでは見えない部分もあります。たとえ利益が減少していても巻き返しが可能か、厳しいかでも異なります。手元資金・財務状況も銘柄で大きく異なります。

最後に

「配当金だけで生活」するのは無理ではないですが(実際にしている人もいます)、必要資金を考えるとハードルがかなり高いです。

しかし「配当金」は株式投資のメリットの一つで、預金などと比較すると副収入としてかなり優秀となるケースもあります(もちろんリスクが違いますが)。

じっくりコツコツと

配当金収入をコツコツと増やしていけば将来大きな金額になります。

しかし、一気に配当金収入を増やそうとすると、銘柄に偏りが出てリスクが大きくなります。

株式会社の基本

株式会社の基本的な仕組みとして、会社がしっかりと利益を上げれば配当金は増えていき、反対に利益が減れば配当金は減ります

若い企業は利益を会社の成長に充てるケースが多いので、全ての銘柄に当てはまるわけではないですが、成熟企業の多くは基本的に業績が良ければ配当も増えます。

高配当の理由

「10年後、どの会社が成長しているか」完璧にわかる人は世の中にほとんどいないと思います。

しかし、年間配当利回りが常時5%を超える高配当銘柄はそれなりのリスクを抱える銘柄が多いです。なぜなら、高配当でリスクが小さければ保有する人が増え、株価が上昇して利回りが下がるからです。

仮に今の利回りが3%でも、将来、増配すれば実質的な利回りが上昇します。配当金狙いに関わらず、投資で重要なのは「今を見るのではなく、将来を考えること」です。

タイトルとURLをコピーしました