FXはゼロサムゲームではない2つの理由とゼロサムと言われる理由

「FXはゼロサムゲーム」という話を耳にすることがありますが、実はこの認識、微妙に間違っています。

今回は、ゼロサムゲームとはどういう意味なのか、また、FXがゼロサムゲームではない大きな2つの理由を紹介します。

ゼロサムゲームとは

ゼロ和(ぜろわ、英: zero-sum)とは、複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになること、またはその状況を言う。

wikipediaより

ゼロサムゲームの例としては麻雀があります。

4人が初めに2万5000点を持ち、点数の奪い合いをします。最終的に5万点を持っている人がいれば、1万点しかもっていない人もいますが、4人全員の点数を合わせれば必ず10万点となります。誰かが無くしていない、誰かが追加していない限りは。

つまり、ゲームに参加している人、一人一人で見ると開始時より点数が増えている人がいれば、減っている人もいる。しかし、参加者全員の点数を合計すると開始時の合計と変わらない、これがゼロサムゲームです。

つまり、参加している人たちだけで点数の奪い合いをすることです。

FXがゼロサムゲームではない理由

為替相場はFXの取引だけでは決まっていない

当たり前ですが、ドル円やユーロ円などそれぞれの為替レートはFXの取引だけでは決まりません。外貨預金の金額、空港や両替所での外貨への交換、輸入や輸出を行っている企業も当たり前ですが、為替レートに影響を与えます。

円安ドル高になった場合、外貨預金でドルを買った人、アメリカに輸出している日本企業は為替利益を手にすることができますが、アメリカから輸入している日本企業は普段より高い値段で買うことになるので損をします。

そのため、為替市場全体で見ると「ゼロサム」となりますが、FXだけではゼロサムではないです。

業者がレートを決めている

もう一つ、ゼロサムではない重要な事があります。それは店頭取引のFXでは業者が独自にレートを決めていることです。

株の場合、証券会社は「取引所取引」や「仲介取引」などであくまでも売買手数料で利益を出しています。

しかし、FXの場合、業者が複数のレートを参考に独自にレートを出しており、業者ごとにレートが異なります。特に大きくレートが動くときは「買い」と「売り」の差(スプレッド)がとても大きく広がる業者もあれば、レート履歴にない金額で取引が成立することもあります。

FX業者はこの「買い」と「売り」の差で儲けていると言われていますが、それ以外にも、中には顧客の損失が利益になって業者もあります。

昔に比べると、明らかにおかしい為替レートはあまりありませんが、2019年1月3日にドル円が104.7円台になった際、業者によっては104.2円でレートを提示しているところもありましたので、まったく無いとは言えないです。

※FXには「くりっく365」と呼ばれる取引所取引もあります。くりっく365を取り扱う業者は手数料で利益を出すため、スプレッドが広い傾向にあります。

業者云々は置いたとしても、「買値」と「売値」に差がある以上、ゲーム参加者から参加料を取っているのです。そのため、マイナスサムゲームになります。

最後に

FXはゼロサムゲームではなく、不利な「マイナスサムゲーム」にできています。しかし、それ以上に外貨預金や投資信託は不利に出来ているのが多いと考えています

損をする人が多いと言われているFXですが、資金管理をしっかり行い、レバレッジを小さくして利益を上げている人はたくさんいます。反対に、レバレッジを大きくし損切りをしないなど資金管理ができていない人は損をしている人が多いです。

当たり前ですが、「大きく利益を上げようとすると、大きく損をする可能性もあります」。「FXはギャンブル」というならばそれは正しい知識が無いように思います。

もしFXがギャンブルならば外貨預金、投資信託はもっとギャンブルだと個人的には考えています。

タイトルとURLをコピーしました