FXのスワップポイント狙いで南アフリカランド円を保有していたが諦めた理由

私はスワップポイント狙いで、2017年に南アフリカランド円を買っていました。

しかし、2018年からは南アフリカランド円からトルコリラ円にスワップポイント狙いを変更しました。なぜ南アフリカランドからトルコリラに変えたのか。経緯や反省点などの振り返りです。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、FXにおいて通貨を交換する際に生じる金利差の事です。

例えば、金利の低い日本円(ほぼ0%)で、金利の高い米ドル(約2%)を買った際に差額の2%がもらえます。逆に、金利の低い通貨を金利の高い通貨で購入すると金利の差額を支払うことになります。

ものすごく簡単に言ってしまうと外貨預金の利息のようなものです。

新興国通貨のスワップポイント

リスクはありますが、高金利である新興国通貨のスワップポイントに魅力を感じ、2017年に南アフリカランド円を10万通貨(当時86万円分)を購入しました。

南アフリカランドを購入した理由

金利の高い新興国通貨に南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソの3つがあります。

なぜその中から南アフリカランドを選んだのかというと

  • 3通貨の中で南アフリカランド円を取り扱っている業者が一番多かったこと。
  • トルコリラとメキシコペソは2年ほど完全に下落トレンドだが、南アフリカランドは2016年中旬ごろから少し持ち直しチャートが安定していたこと。

この2点からです。

2017年南アフリカランド投資結果

結果、南アフリカランド円をほぼ1年所有し、スワップポイント(約4.5万円)と売却益(約3.5万円)で+8万円ほどでした。

証拠金で100万円入れていたため、年利にすると8%です。新興国通貨というリスクの割にリターンが少ないと見るかどうかは人によるかとおもいますが、レバレッジをかけていないため、私の中では上出来だと考えています。

2018年はトルコリラを購入した理由

2017年中に南アフリカランドを売却し、2018年にトルコリラ/円を購入しました。

その理由は

  • 2017年、トリコリラ円が30円付近でやや落ち着いた事。
  • 南アフリカランドよりもスワップポイントが良かった事。
  • 南アフリカランドの政策金利が少し下がり、今後も下がりそうだったため。

当時、南アフリカランド円10万通貨(約90万円)保有で1日のスワップポイントは150円、トルコリラ円3万通貨(約90万円)の場合だと1日240円でした。

トルコリラを購入した結果

2018年1月に購入しましたが、現在もまだ含み損の状態です。詳しくはこちらの記事

高金利な新興国通貨はどれも下落リスクが常についています。トルコリラに限らず、南アフリカランドもメキシコペソも。そのため、魅力的な高金利になっているのです。

まとめ

今のところ、絶賛含み損中で南アフリカランドからトルコリラへの変更は失敗したと思っていますが、仮に昨年と同じく南アフリカランドを購入していたとしても、同じくらい含み損を抱えていたので、結果同じなのかな。とも考えています。

あらためて思うのは、スワップポイント狙いで多くの人が退場している中、生き残っているのはレバレッジをかなり抑えたからだと感じています。そして今後もトルコリラ含め新興国通貨のスワップポイント狙いを考えていきますが、その際もリスクをどれだけ抑えるかを一番に考えるのが正解だと考えています。

タイトルとURLをコピーしました