消費税増税がメリットになる銘柄を探す

2019年10月から消費税が10%に増税されます。前々より増税延期を期待する声もあり、私も「もしかしたら再度延期するのではないか」と考えていましたが、7月に入りその可能性はほぼ無くなったと考えています。今回は消費税増税で株価が上がる銘柄、下がる銘柄は何か考えてみます。




消費税の歴史

日本の消費税は1989年4月に3%で導入されました。導入後は廃止論なども出ていましたがその後、1997年4月には5%に上がり、2014年4月には8%になりました。

2015年10月に10%に上がる予定でしたが2度の延期で今年2019年10月に増税が行われます。

はじめの消費税導入前後、政府は税率を上げないと言っていましたが、世間は他国と同じように上がり、10%になるのではないかと予想しており、導入から30年たった現在、国民の予想通り10%になりました。

政府の発言をうのみにした当時に作られた一部のシステムでは消費税欄の枠が1桁しかなく、今回の10%で大きな改修が必要となったシステムも多いと聞きます。

これから先どうなるか

あくまでも自民党の安倍首相や政府は「今後10年くらいは上げる必要はなく、10%からの消費税増税は考えていない」とのことでしたが、私はこの先も消費税は増税されて10年~20年後くらいには20%近くになると考えています。

理由は簡単です。日本と同じく少子高齢化が進み財務状態が悪化しているヨーロッパでは20%以上の国が多く、日本も同じ道をたどっているからです。

今回の消費税増税でもまったく税収は足りていません。社会保障費はこの先も増え続け、再度上げるのは目に見えています。

株への影響

では、消費税増税が株へどのような影響を及ぼすかを考えてみます。以前、増税が株へどう影響するかを書きました。

消費税増税は基本的には消費が落ち込み、景気が悪くなるのが既定路線です。とはいえ、必ずそうはなりません。当然ですが、消費が冷え込まないように政府は対策をします。その効果次第では全体的に株価が上昇することもあります。とはいえ、その対策の方向性がずれている場合、景気は悪くなり、経済成長が停滞し、株価も下落します。今回の消費冷え込み対策ですが・・・世間の評価はかなり微妙ですね。私もそう思います。

次に増税で恩恵を受ける企業についてです。増税前の駆け込み需要で大型家電、不動産などがあります。しかし、これらはあくまでも将来の売り上げを前倒しするだけで増税前に売り上げが伸びても、増税後には厳しくなります。

今回の増税の影響で、全てではないですが多くの食品、外食関係で値上げされるのが考えられます。過去に値上げを行ったことで株価が上昇した銘柄、株価が下落した銘柄は同じように上昇、下落する可能性が高いです。

株価が上昇する銘柄の特徴としては「ブランド力が強く、値上げしても売り上げは変わらないので業績が上がる」とみられているもの。

反対に下落する銘柄の特徴としては「他にライバル企業、対抗先があり、客離れが進み売り上げが減るので業績が落ちる」とみられているものです。

今のうちからそのような銘柄を見つけて、安くなったタイミングで保有するのが良い作戦と考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする