割安株を見つける基本のPER、PBR

ものすごく当たり前の事ですが、誰しもが株は安い時に買いたいと思います。株は安いもので100円以下から、高いもので数万円と幅が広いです。

100円以下の株が安くてお値打ち、1万円以上の株は高い。そんな判断基準は株にはありません。ここでは、株が「割安なのか」の判断材料として必ずといっていいほど表記されている「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」について分かりやすく説明します。




PER(株価収益率)とは

PERとは、「現在の株価が1株当たりの利益の何倍にあたるか」という意味になります。

もう少し簡単にすると、「PERは投資資金を回収するのにかかる時間」ということになります。例えば、PERが20倍の場合、その会社が同じ利益をあげ続けたら20年分の利益で現在の株価になるということです。

PERが10倍だとすると10年分の利益で現在の株価となります。つまり、PERが低いほど早く投資資金が回収できるため、割安。ということになります。

ただし、PERは具体的な数字で割安、割高というのはありません。あくまでも比較(特に同業種)としての指標となります

PBR(株価純資産倍率)とは

PBRとは、「1株当たりの純資産の倍率」という意味になります。

具体的には「会社が解散した場合、株主が会社の資産をいくらもらえるか」ということで、PBRが1倍の場合、株価と会社が純資産が同じという意味になります。

そのため、PBRが1以下というのは、理屈的には、会社が解散したときに株主の資産が増える。ということになるため、PBRが1倍以下というのは割安といえます。

ただし、PBRが1倍以下だから買いということにはなりません。1倍以下にはそれなりの理由があり、中には長年業績赤字が続いている会社や将来に成長の見込みが薄い会社もあります。

そのため、判断材料としては「1倍以下+あくまでも一時的に低い株価になっていると思われる」株が割安となります。

何年も前からトヨタ自動車のPBRが1倍以下(0.98や0.99)になると、下支えになってその後、1倍以上に上昇する。というのが何度か見られています。

このことからも指標として優秀なのかもしれませんが、成長企業においてはPBRが高くても株価が上昇することも多々あるため、全ての会社にこの法則が当てはまるとは言えません。

まとめ

株価の割安判断として今回紹介した「PER」と「PBR」のほかにもたくさんの指標があります。

あくまでも、それらの数値は指標であり、それ単体では大きな意味を持つものはありません

実際の会社の業績、今後の見込みを考え、プラスアルファとして「指標を他と比較し」検討材料の一つとして利用するのが良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする