割安株を見つける「PER」と「PBR」は基本指標だが、割安だから良いとは言えない

日本株の銘柄数は「東証一部上場企業だけでも2,000銘柄以上」あります。株価は1株100円以下で買えるものから数万円以上で幅が広いです。100円以下が安くてお値打ち、1万円以上は高い。そのような判断基準は株にはありません。

株では安いか高いかを見る指標はさまざまなものがあります。今回は基本的な「株価が割安なのか・割高なのか」の判断材料として使われることが多い、「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」について簡単な解説とその有効性を考えてみます。

PERとPBRのPOINT
  • PERとPBRは株価の割安度を測る基本指標
  • 多くの人が参考にしているが完璧ではない
  • あくまでも参考指標の一つ、他の指標や業績・将来性なども確認する事が重要
スポンサーリンク

PERとPBRの基本について

はじめに「PER」と「PBR」が、何を意味しているのか基本を見ていきます。

PER(株価収益率)とは何か

PERとは、株価を1株当たりの利益で割ったものです。「現在の株価が1株当たりの利益の何倍にあたるか」というものです。

PERを簡単に言うと

分かりやすく言うとPERは「会社が生み出した利益を全て配当に回した場合、何年で元が取れるか」です。例えば、PERが20倍の会社があったとします。その会社が毎年同じ利益を続けて、利益の全てを配当に回したら「20年分の配当で投資金額を回収できる」と言うわけです。

PERが低いほど割安

PERが10倍の場合は10年分です。つまり、PERが低いほど早く投資資金が回収できるので「PERが低いほど割安な株」ということになります。次期の業績予想に対して算出することが多いため「予想PER」という使われ方が主です。

参考:株価収益率 – Wikipedia

PERは利益予想に対して、現在の株価が割安か判断するものです。

PBR(株価純資産倍率)とは何か

PBRとは、株価を1株当たりの純資産で割ったものです。「現在の株価が1株当たりの純資産の何倍にあたるか」というものです。

PBRを簡単に言うと

分かりやすく言うと「PERが1倍の場合、株価と会社の純資産が同じ」という事す。そのため、PBRが1倍以下の場合、理屈的には会社を解散して資産を株主に分配すると、株価以上の価値になるということです。あくまでも理屈的にですが。つまり「PBRが低いほど割安な株」といえます。

参考:株価純資産倍率 – Wikipedia

PBRは会社の資産に対して、現在の株価が割安か判断するものです。

PERとPBRのメリットとデメリット

次に、PERとPBRから見えるメリットとデメリットを考えてみます。

PER、PBRのメリット

どちらの指標も意識する投資家、投資機関が多いです。基本指標なので雑誌やWebサイトに当然のように記載され、特集が組まれることも多いです。業績に問題がない割安株は特集などで注目されて買われることもあります。

長年使われている指標で参考にしている人が多いのは上手く利用すればメリットの一つとなります。

PER、PBRのデメリット

デメリットは、成長企業に当てはまることが少なく両指標がかなりの割高水準であっても株価がさらに上昇することがあり、全ての銘柄で有効とはいえない点です。

あくまでも参考指標

割安企業の中には「業績伸び悩み」、「将来性が低い」などの割安な理由がはっきりとある会社も存在します。当然の事ですが「PER、PBRの数値が割安なので株価が上がるとは言えない」です。

割安銘柄は雑誌やWEBサイトで紹介されます。当然ですが、割安だから株価が上がる、割安だから下がらない。とは言えないです。割安な理由を考えることが重要です。

スポンサーリンク

PER・PBRの目安と有効的な利用方法

次に、PERとPBRの数値目安と、有効的な利用方法を考えてみます。

目安と利用法の基本

PERやPBRはそれぞれ単体の数値で見るのではなく、他の指標と組み合わせたり他の銘柄と比較することが重要です。

実際の数値を確認

2021年6月末時点の東証1部全銘柄の平均値は予想PERが26.3倍、PBRは1.2倍です。しかし、業種別でみると大きく異なります。PERやPBRを見るときは市場平均や業種平均、同業他社と比較するのが基本です。

参考:その他統計資料|日本取引所グループ

業種の特性で金融系は自己資本比率が低いため、PBRはほぼ意味がないです。

株価上昇の可能性があるPERとPBRとは

株価上昇の狙い目となるのはPER、PBRのどちらか一方が市場平均や同業種と比べて低く、どちらか一方が高い場合です。

アンバランスな状態はチャンスの可能性

PERが高くPBRが低いというのは「業績見通しが悪いが会社には資産がある」状態です。将来的に業績が復活すれば株価が上昇する可能性が高いです。反対に、PERが低くPBRが高いというのは「業績見通しが良いが会社にあまり資産がない」状態です。注目度が低い企業が眠っていることもあり注目されると株価が上昇する可能性があります。

単純に指標を見るのではなく、なぜその数値なのかを考えることが重要です。

株価下落の可能性があるPERとPBR

株価下落の危険性があるのはPER、PBRともに市場平均や同業種と比べてかなり低い、またはかなり高い場合です。

割安過ぎる状態とは

かなり割安というのは注目度や将来性が低いため、株価が上昇するには特別な好材料が出てこないと難しく、いつまでも割安なままで放置されることが多いです。株価が下落するというよりは上昇しにくい。の方が正しいかもしれないです。

割高すぎる状態とは

既に注目度が高く、成長期待値も高いので株価が上昇しきっている可能性があります。もちろん、割高から更に割高まで上昇することもあります。しかし、どこかで株価の下落がはじまると大きく下落することもあり、注意が必要です。

PERとPBRともに割安と紹介される銘柄は長年株価が上昇せず、いつまでも割安なケースが良くあります。

さいごに

割安判断として「PER」と「PBR」を見ていきました。割安判断の指標は他にもたくさんあります。それらの数値はあくまでも指標であり、どんな指標も単体で完璧なものはありません

数値を見ることは大切だが数値以外も重要

指標を見る前に、会社が行っている事業内容や方針を見て将来性や今後の成長余地を考える。そこにプラスアルファとして「さまざまな指標を他と比較し」購入タイミングとして利用するのが良い方法です。

あくまでも参考

当たり前ですが、いくら割安でも株価は下がる時があります。同様に割高でも株価は上がる場合があります。指標だけで株価が上がるか下がるか完璧に分かるものはありません。

タイトルとURLをコピーしました