ドル円FXスイングトレード収支報告【2019年1月】

私はドル円のFXスイング取引で一カ月単位でプラス収支を出すことを目標としています。

せっかくブログを書いているので、今年から1カ月の簡単な振り返りと、次月の戦略を考えていきます!

私のスイングトレードの基本的な手法はコチラで簡単に紹介しています。

【初心者オススメ】FXはスイングトレードでコツコツ稼ぐ
FXでは超短期トレード(スキャルピング)をはじめ、デイトレード、スイングトレードなどさまざまな方法があります、その中でも数日から1週間程度の期間でコツコツと利益を狙うスイングトレードは常にチャートを見る必要もなく初心者にオススメです。そのトレード方法を簡単に解説します。




1月の収支

1月合計 +13,270円でした。

現在、スイングトレード用としては約30万円を証拠金としています。個人的には大体毎月これくらいのプラスであれば十分と考えていますが、、、人によってはもの足りないかもですね。

多くのリターンを求めると、多くのリスクがあるので、現状ではこれで良いと感じています。

私はスイングトレードでは長期にポジションを持つこともなく重要指標があるときはその前に決済しています。

1月のドル円チャートから振り返り

ドル円日足のチャートです。1月3日のフラッシュクラッシュでぐちゃぐちゃになってしまったので、1月の初めはなかなかポジションがとりづらかったですが、チャートが上昇してきた辺りで、少しだけ「買い」エントリーをしました。

「少しだけ」というのはやはりもう一度「ドカン!」とくるのに警戒していたからですね・・・。

その後は問題なく上昇しましたが、1ドル110円は超えることがなかったので大きくは取れませんでした、その後何度か110円をアタックしましたが結局超えることができずに、今は下降トレンドとなっています。

2月の戦略

雇用統計で大きく動くとしばらく様子見になるかもしれませんが、ここ最近は大きく動かないことも多く、とりあえず大きなサプライズがない限りは2月初旬は「売り」目線です。

しかし、下値余地は現状ではそこまで大きくなく、107.5あたりが最下層となりそうです。そこを抜けると一気に105円ちかくまで走る可能性もありますが・・・。

その前にどこかでトレンド転換して上昇を描きそうです。ただし、上昇したとしても110円を抜ける材料に乏しいため、そこが攻防ラインになりそうです。

2月は比較的狭い幅で動く可能性が高いと考えているため、「売り」、「買い」ともに利確ポイント、損切りポイントを比較的浅めにしておこうと考えています。

107.5を抜けた場合はその後戻り売り。110を抜けた場合は押し目で買っていけると大きく取れるかもしれませんが「2月は107.5-110のレンジで動くのが第1本線」として考えています。

FOMCで若干不穏な空気が漂ったので、その辺りも気にしていきたいですね。個人的にはこのまま円高に進むと株への影響が大きくなりそうなので、円安に進んでもらいたいという希望がありますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする