【2019年4月末】トルコリラ円スワップポイント運用報告

2019年4月25日時点のトルコリラ円のスワップポイント投資の運用報告です。

私のトルコリラ円のスワップポイント投資に対する考えはこちら

高金利トルコリラ円のスワップポイント狙いFXのメリット・デメリット
トルコリラは高金利のためFXでのスワップポイント投資で人気の通貨です。そんなトルコリラ円のスワップポイント狙いの投資について、メリット・デメリットを見ていき高金利のトルコリラ円に投資をしても良いのか考えてみます。




現在のトルコリラポジション

先月から評価損益はほぼ変わりなしですね。下落した分をスワップでカバーしている状態です。

今後のトルコリラ

先月から、トルコリラはかなり怪しい動きをしています。チャートも下落傾向にあり、どんどんと値を下げています

原油が下落している中で、トルコリラがここまで下がっていると原油価格が上昇したらさらに厳しくなることが想定されます。他にも中銀の外貨準備の懸念、政治動向など不安材料がいくつかあり、「トルコは危険」という専門家のコラムをさらに見かけるようになりました。

ポジティブにとらえると、そのような話題(トルコは危険)が出るときは底の可能性もあるのではないかと考えています。実際、2018年、年末の下落を受けて「2019年は日本株下落から始まる、2万円割れが基本。」と予想した専門家が多かったですが、実際には今のところ堅調に推移しています。

株、為替ともにいえることですが、大衆心理と逆に動くことが多いです。周りが危険と言い出すころには底の可能性も高いです。

とはいえ、ここから全力でトルコリラを買うわけではないです。危険であることに変わりはないです、しかし、まだまだこのポジションは持ちます。レバレッジは1倍以下なので強制ロスカットされることはないです。

前にも書いたように15円チャンスがあれば追加するかもしれません。

最後に

高金利通貨で絞って考えると、あくまでも今のところですが、今年はメキシコペソが当たりだったのかな。と考えています。

もちろん、まだまだ先は長いのでこの先どうなるかわからないですが、昨年、南アフリカランドを利確したのは正解でしたが、トルコリラに回したのは若干失敗したかな。と考えています。

高金利通貨は難しいです。もちろん、投資全般難しいですが・・・。

高金利通貨はあくまでも資産のごく一部分を回すのであれば良い選択肢の一つかもしれないですが(銀行やタンスに預けておくよりは良いかと)、資産の多くを入れるものではない。と改めて考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする