【2019年1月末】トルコリラ円スワップ運用報告

2019年1月25日時点のトルコリラ円のスワップ投資の運用報告です。

先月の運用報告はこちらから

【2018年12月末】トルコリラ円スワップ運用報告
2018年12月22日時点のトルコリラ円のスワップ投資の運用報告です。 まだ今月は1週間ほどありますが、少し早めのご報告です。 ...




現在のトルコリラポジション

※画像を少し見やすいのに変えました

先月比、+6000円です。レートはほとんどかわっていないのでスワップ分プラスですね。とはいえまだまだマイナスです。できの悪い長男とは1年以上の付き合いとなっています(笑)

1月3日に暴落しましたが、完全に戻ってきました。(なんなら、1月3日に15円まで落ちていたらワンチャン指値注文が通っていたのですが・・・)

今後のトルコリラ

まずは地政学リスクですね。米軍がシリアから撤退表明後、トランプ大統領とエルドアン大統領がクルド人に対する扱いの食い違いから、トランプ大統領は「トルコがクルド人に攻撃したら経済制裁を加える!」と言っているとか。

ほんと、この二人はよくわからないです・・・。関係良くなった?と思いきやけん制してみたり。。。

そして、1月23日にはエルドアン大統領とロシアのプーチン大統領が首脳会談を行って、シリアの安定に向けて連携するという話し合いがあったとか。

もちろん、シリア情勢ではアメリカとロシアは立場が違うので、この「連携の話し合い」というのもトランプ大統領にとっては面白くない話です。

エルドアン大統領はわかってやったでしょうけど・・・お互いにけん制し合う展開ですね。

今のところ、具体的に攻撃が始まったとかはないですがエルドアン大統領の過去を見ても、このままおとなしく進むとはあまり思えないのでかなり不安な材料ではあります。

さらに原油価格の下落がひと段落して上昇してきているのもマイナス材料です。

最後に

現状、まだまだホールドの予定ですが、もしトルコリラが30円超えていたら、たぶん決済して、豪ドルか南アフリカランドのスワップ投資に回してたかな。とか思っています。

とはいえ30円超えるってことは円安になっていると思うので、豪ドルやランドも高くなっていて買う気にはならなかったかもしれないですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする