【2018年12月末】トルコリラ円スワップ運用報告

2018年12月22日時点のトルコリラ円のスワップ投資の運用報告です。

まだ今月は1週間ほどありますが、少し早めのご報告です。

私の「トルコリラ円のスワップ投資についての考察」はコチラ

高金利トルコリラ円のスワップポイント狙いFXのメリット・デメリット
トルコリラは高金利のためFXでのスワップポイント投資で人気の通貨です。そんなトルコリラ円のスワップポイント狙いの投資について、メリット・デメリットを見ていき高金利のトルコリラ円に投資をしても良いのか考えてみます。




現在のトルコリラポジション

先月比、ー1万8千円です。少し下落してしまいました。

ここ最近は、21円前後でヨコヨコしています。ヨコヨコしだすのは少し怖かったりします。なぜなら、トルコリラの購入に踏み切ったのは2017年に31円台でしばらくヨコヨコしていたので下げが止まったと判断したからです。

結果、2018年に購入し、その後下落してしまいました・・・

今後のトルコリラ

一番注目なのはシリア情勢です。細かい話は置いときまして、今まではクルド人のバックにアメリカがついていましたが、米軍がシリアから撤退するためその後ろ盾がなくなります。

これはエルドアン大統領とトランプ大統領が話し合って決まったと言われています。中国と違い、米国との関係は日に日に良くなっているのはプラス材料です。ただし、この地政学リスクはいろいろなものが絡み合っていて、まだまだ不安定です。

また、止まらない原油の下落はトルコにとっては好材料です。

マイナスポイントとしては、世界的に景気減速しておりトルコも例外ではありません。生産指数、失業率などの指標が悪化しています。

最後に

今年の1月16日にはじめてトルコリラを購入しました。1トルコリラ29円です。レバレッジ1倍(外貨預金と同じ感じ)で証拠金29万円です。

スワップポイントは現在3万円を超えているため、年利にすると10%超えています。これは想定通りです。ただし、トルコリラ自体の下落で損益はマイナスとなっています

トルコリラに限らず、どんな通貨でも一番ネックとなってくるのはこの為替差損です。

購入時、多少の下落は想定して購入しました。15円以下まで想定していたので、最悪まではいかなかったイメージです。そして、まだまだ来年も持ち続けます。1年は早いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする