株やFXなどの投資に「向いている人」と「向いていない人」

投資は必ずしも「皆がやった方がいい」とは私は思っていません。

現に、私自身も投資に「向いている人」なのか「向いていない人」なのかいまだによくわかっていないです(笑)

今回はそんな投資に「向いている人」、「向いていない人」について考えてみました。




投資に向いている人とは

まず初めに、「投資に向いている人」の正確な答えはまだ出ていないです。

なので、ここに書く「投資に向いている人」というのは実際に「投資で成功した人」、「投資で失敗した人」の傾向などからよく言われること挙げてみました。「分かってるよ」という方も多いと思います。

客観的に物事をとらえることができる

さまざまな情報があふれている現代ではその取捨選択が重要です。自分に都合のいい情報だけを選ぶだけでなく、反対意見にも耳を傾けしっかりと判断することがとても重要です。もちろん、自分の投資判断を信じるのも重要です。あくまでも投資というのは「自己責任」ですからね。

投資で成功した人の多くが「冷静、客観」という言葉をよく使っています。自分が保有した株はどうしても客観的に見ることができず、早く利確してしまったり、損切りを遅らせてしまうことがあります。

考えることが好き

「なんとなく買った株で利益が出た。」そんなときもあると思います、しかしそれは投資ではなくギャンブルです。

利益を出している多くの人は当然ですがよく勉強し、よく考えています。

投資に向いていない人とは

では、反対に「投資に向いていない人」です。これもよく言われていることですね。

人のせいにする

これが一番ですね。損失が出たときに「本に載っていたのに上がらないじゃないか」、「○○さんが絶対上がるって言ったのに」という人は大体失敗している気がします。

投資は自分で考え、勉強することがとても重要です。「人任せ」というのはどこかでボロが出ます。他にも投資に向いていない条件もあると思いますが、これがとびぬけています。

最後に

「投資に向いている人、向いていない人」というよりは、投資で成功する行動、失敗する行動みたいな感じですかね。なんだかものすごく当たり前のことを書いてしまいましたが。

中には「投資に向き不向きはない」というのを見かけます。投資に必要なのは「知識を付け、感情をコントロールすること。」だと・・・。

確かに、勉強やスポーツなどでもそうですが、続ければレベルアップするのは間違いないく、経験を積めば利益を出す可能性は上がると思います、しかし、それでもやはり「向き」、「不向き」はあると思います。

今の投資手法が自分に向いていないと考え、投資手法を変えてから大きく利益を伸ばすようになった人もいます。大切なのは何事も柔軟に考えることなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする