「投資」と「投機」の違いとは

銀行にお金を預けていてもお金が増えない。

そのため、「よし、資産運用をしよう」「余裕資金を投資にまわそう」となる方もいると思います。資産運用の方法をいろいろ調べると投資信託、株式、FXなどさまざまなものを見つけます。

資産運用の方法はたくさんありますが、大きく二つに分けると、「投資」「投機」になります。その違いを理解することでリスク管理をおこない、利益を上げる道筋を立てることができます。




投資とは

主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

※wikipediaより

つまり投資とは「将来成長しそうなものに資産を投入する」という意味です。

例えば、「この会社は将来伸びる」と株を購入する。「この周辺は家賃が高くなる」と不動産を購入する。

長期的な視線での将来の成長を期待して資産を投入することです。

投機とは

短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。

※wikipediaより

投機とは「機会に資産を投入する」という意味です。

例えば、「この会社はどんなことをしているか知らないけど、下がりすぎているから買う。上がったらすぐ売る」と株を購入する、FXで「ドル円が上がりすぎたから売る」、「上がり続けてるから買う」。

このように相場の変動を利用して利益を上げようと資産を投入することが投機です。

投資と投機の違い

「投資」と「投機」は全く異なるもので正反対だと言われ、投機はギャンブルなのでダメだと言われることがあります。

しかし、投資と投機の違いはあくまでも「主観によるところが大きい」です。

例えば、日本の自動車産業は輸出の占める割合が高く、各企業が為替の想定レートに基づいて予測利益の算出をしています。

想定レートより円高になれば利益が減り、円安になれば利益が増えます。業績が好調でも為替の影響を大きく受けるため、円高で株安になり、円安で株高になる傾向があります。

そのため、自動車株を購入した場合、「企業の為替レートより円高になるのでは」と考えた場合、株を手放すのではなくドル円の売りポジションを持っていれば、仮に円高になり株価が下落した場合でも、ドル円の売りで利益を上げることで相殺することができます。

他にも、単体では投機とみられるものでも、複合的に組み合わせることでかならずしもギャンブルにならないものはたくさんあります

最後に

多くの投資商品、投資先を知ることは利益を上げる機会を見つけることにつながります。

投資には向き、不向きがあります。人それぞれの考え方もあります。全ての投資商品、投資先が良いものではなく、中には投資に値しないのもたくさんあります。

投資だから良い、投機だからダメ。というのではなく、それぞれの特徴をしっかり把握し、うまく利用することが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする