「投資」と「投機」の違いとは?投資は良くて投機は良くない?

資産運用の方法はたくさんあります。株、投資信託、不動産、先物、FX、仮想通貨などなど。調べれば調べるほどたくさんの商品が見つかります。

そのたくさんある資産運用の方法ですが、基本的には大きく分けて2種類になります。それは「投資」「投機」です。今回はその「投資」と「投機」の違いを理解することで資産運用能力を上げることを目的とします。

資産運用の基本、投資とは

主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

wikipediaより

投資とは簡単に言うと「将来利益を生む出すものに資産を投入する」という意味です。

例えば、株を購入するとは「会社にお金を投入し、会社が投入されたお金を使い利益を生みだす」のを期待することです。塾に通う、資格を取るなどの行動もお金がかかりますが、将来利益を生み出すかもしれない投資行動の一つです。

つまり、投資とは「長期的な視線で、将来の成長を期待して資産を投入すること」です。

投資とは異なる?投機とは

投機とは短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。

wikipediaより

投機とは簡単に言うと「機会に資産を投入する」という意味です。

例えば、FXでドル円が安くてそろそろ上がりそうだから買う、株でも、株価が上がりそうだから買う。このように相場の変動を利用して利益を上げようと資産を投入することが投機です。

つまり、投機とは「短期的な視線で、価格変動を期待して資産を投入すること」です。

投資と投機の違いとは?投資が良くて投機はダメなのか?

「投資」と「投機」は全く異なるもので正反対だと言われ、投機はギャンブルなのでダメだと言われることがあります。しかし、投資と投機の違いはあくまでも「主観によるところが大きい」と考えています。

「株=投資」「FX=投機」ではない

「株を買う」という行動一つでも、将来成長して株価が上昇するのを期待して株を保有する場合は投資になり、デイトレードのように将来の会社の成長は関係なく、ただ値動きだけで利益を手にする方法は投機となります。

FXや外貨預金では、金利やスワップポイント、国の成長を期待して長期で外貨を保有することは投資といえますが、短期で売買するFXは投機となります。

完全に投機の商品もある

価格変動以外で利益を確保できないものが「投機」です。銀行にお金を預ける、外貨預金、長期保有のFXはそれ自体は利益を生み出す行為ではないですが、金利やスワップポイントといった「利子」を生み出します。つまり保有しているだけでお金が増える可能性があるものです。

反対に保有していてもお金が一切増えないものがあります。例えば、金、プラチナ、仮想通貨です。基本的にこれらはそのまま保有しているだけではお金は増えません。あくまでも価格が変動し、売却することで利益を手にすることができます

投資がダメで投機が良いわけではない

よく聞く話に「投機はギャンブルなのでやらない方が良い」というのを聞きます。しかし、投機も使い方次第では決してギャンブルにはならないです

投資と投機をうまく使う方法

例えば、日本の自動車産業は輸出の占める割合が高く、各企業が為替の想定レートに基づいて予測利益の算出をしています。

想定レートより円高になれば利益が減り、円安になれば利益が増えます。業績が好調でも為替の影響を大きく受けるため、円高で株安になり、円安で株高になる傾向があります。

そのため、自動車銘柄の株を購入した場合、「企業の為替レートより円高になりそう」と考えるとき、株を手放すのではなくドル円の売りポジションを持っていれば、仮に円高になり株価が下落した場合でも、ドル円の売りポジションで利益を上げて相殺することができます。

他にも、単体では投機とみられるものでも、複合的に組み合わせることでかならずしもギャンブルにならなく、むしろリスクヘッジとなります。経済の先行きに不安が広がっている現在、金の価格が高騰しているのはまさにリスクヘッジの投機だと考えられます。

最後に

多くの投資商品、投資先を知ることは利益を上げる機会を見つけることにつながります。

投資には向き、不向きがあります。人それぞれの考え方もありますし全ての投資商品、投資先が良いものではなく、中には投資に値しないのもたくさんあります。

投資だから良い、投機だからダメ。というのではなく、それぞれの特徴をしっかり把握し、うまく利用することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました