【投資の基本】投資で簡単に儲ける方法はない

株やFXをやっていると話をすると「どれくらい儲かっているの?」、「簡単に稼げるの?」と聞かれることがあります。簡単に稼げる方法があれば、私の方が知りたいです(笑)

昔は大きな損失を出したこともありますし、今でもマイナスな月もあります。常に勝ち続けるのは不可能だと考えて、常にリスクを考えコツコツと取引を行っています。




甘い話には気を付けよう

「初心者でも簡単に儲かる」、「ほったらかしで月10万円」このようなものをよく見ますが、これほど危険なものはありません。

投資には絶対がなく、リターンが大きいものには必ずリスクがあります。中にはリターンが少ないのにリスクばかりのものもあります。

特に年利20%を超えるようなものは要注意です。

実際にすごい成績を収めているファンドが年利20%を超えることもありますが、それを長期的に実行できているのは世界的に有名なバフェット率いるバークシャー・ハサウェイくらいしか聞いたことがないです。

むしろ、それくらいすごい成績を収めると、ものすごく有名になるということです。

中には、「年利30%超えも可能!」というのもあります。実際に年利30%を超えることができるなら、消費者金融でも何でも片っ端から借金して投資してもお金が増えるということです。(消費者金融の最大金利は約18%)

それなら、わざわざ一般の人からお金を集めるのではなく、そういう所から限界まで借りてこればいいのでは?と感じます。

確実に儲かる投資

皆さんは友人、知人にお金を貸しますか?私はよほどのことがない限り貸すことはありません。特に自分から「お金を貸してほしい」と言ってくる人には間違いなく貸さないです。

しかし、中には本当に今だけ困っているという人がいます。私は信じられる人に数回お金を貸したことがあります。

信じられる人というのは非常に人間的にできています。お金を返してくるときには「本当に助かった、ありがとう」という言葉だけではなく、利息を渡そうとしてきます。

私は、「気持ちだけで良い」と利息は取らないですが、向こうはそれでは気がおさまらないようで、大体、ご飯をごちそうしてくれたり、飲みに行っておごってくれたりします。

お金は100%戻ってきました。利息がないのでリターンがゼロじゃないか。と考える人もいるかもしれないですが、これも立派な投資の一つと思います。

投資に向く人・向かない人

中には友人・知人にお金を貸して、お金が戻ってこない。という人がいるかもしれません。そのような人は確実に投資に向いていないです

また、お金を貸すときは貸す基準があるのに、投資先を選ぶのに基準がない人も投資に向いていないです。

反対に、これまでお金を貸して確実に戻ってくる。しっかりと投資先を選ぶ基準があるという人が投資に向いているといえます。

最後に

1万円貸すことをすごく考える人は多いのに、よくわかっていない投資先に何百万円を投資する人がいます。

株でもFXでも、どんな投資でも、それこそタンス預金、銀行預金ですら少なからずリスクがあります。投資をする際は、必ずリスクを考えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする