騰落レシオとは何か、計算方法と東証一部での有効性やメリット・デメリットを簡単に解説

騰落レシオが120以上なので買われすぎている、80以下だから売られすぎている。このようなのをたまに見かけるかと思います。

そんな「騰落レシオ」とはいったい何なのか、簡単な解説に加え、日本株(東証1部)で有効なのか、どんな時に使えるか、実際の数値を見ながらメリット・デメリットを考えていきます。

騰落レシオのPOINT
  • 騰落レシオは非常に分かりやすい数値だが、当然必ず当てはまるわけではない
  • 使い方次第では非常に有効なものになる可能性はある
スポンサーリンク

騰落レシオの基本について

初めに騰落レシオの基本を見ていきます。

騰落レシオとは

騰落レシオとは、市場の値下がり銘柄数に対する値上がり銘柄数の比率から、 市場での買われすぎ、売られすぎ等の状態や、市場参加者の過熱感(強気、弱気)を見る指標として用いられる。

(25日間の値上がり銘柄数の合計)÷(25日間の値下がり銘柄数の合計)×100
を計算した25日騰落レシオが、よく利用される。

100ポイントを大きく上回った場合は買われすぎ。強気。
100ポイントを大きく下回った場合は売られすぎ。弱気。
と判断する。

wikipediaより抜粋

ものすごく簡単にいうと、「値上がりした銘柄数が多ければ騰落レシオは上がり、値下がりした銘柄数が多ければ騰落レシオは下がる。」というもので、金額は関係ないです。

騰落レシオが上がっているときは市場参加者が強気、逆に下がっているときは弱気。というわけです。

騰落レシオの計算方法と数字の関係性

騰落レシオの計算方法ですが、 [値上がり銘柄数の合計]÷[値下がり銘柄数の合計]×100です。

例えば、12月6日から12月13日までの東証1部の騰落レシオを計算してみます。12月6日から12月13日までの累計の値上がり数は6,653、値下がり数は5,652です。

計算結果の117.71(6653÷5652×100)が2019年12月13日の6日騰落レシオとなります。

次の騰落レシオの数値は6日前の数値を除外して当日のデータを入れます。12月6日の値上がり銘柄数は1,308、値下がり銘柄数は737なので、仮に値上がり銘柄数が多くても1,308以上でないと騰落レシオは上がりません。

騰落レシオのメリット・デメリット

次に騰落レシオのメリット・デメリットを見ていきます。

騰落レシオのメリットについて

騰落レシオのメリットはその「分かりやすさ」にあります。

過去のデータを見ると80以下になった場合、その後の株価が上昇する。120以上になった場合、その後の株価が下落するというケースが多く出ています。

騰落レシオのデメリットについて

騰落レシオのデメリットは「必ず当てはまるわけではない」ことです。

これは騰落レシオに限らず、どのテクニカルにも言えることですが、100%的中する完璧なものはありません。あくまでもそういう傾向があるというものです。

騰落レシオの有効性について

次に実際の最近のデータから騰落レシオの有効性を考えてみます。

騰落レシオと日経平均株価の関係について

2019年7月16日から8月27日の「25日騰落レシオ」と「日経平均株価」のグラフです。

黒枠を付けた部分では騰落レシオが110を超えてやや過熱気味に推移した後に株価が下落しています。いわゆる買われすぎていた状態です。

次に、下記は2019年11月1日から12月13日のグラフです。

騰落レシオはかなり過熱気味に推移していますが、株価は全く下落していません

騰落レシオの昔と今

昔(10年以上前)は騰落レシオが80~120の間で動くことが多く、80近くは売られすぎなので買い、120近くは買われすぎなので売り。と言われていました。

しかし、現代では騰落が偏りやすく上の例のように130を超えてもその後の株価が上昇し続けることがあります。反対に、リーマンショックのような出来事の場合、暴落から大暴落になると80以下になってもさらに株価が下落するケースがあります。

騰落レシオの有効活用法

最後に騰落レシオの有効活用法について考えてみました。

現代での利用方法例

騰落レシオに限らず、テクニカル分析は時代につれて変化していくものです。昔は有効でも現代ではそのままではなかなか機能しないのもたくさんあります

そのため、全く同じ方法ではなく今の時代に合わせて利用方法を変化させていくのが良いです。

例えば騰落レシオが110-120以上では株を買うのを控える。逆に80-90くらいでは株を売るのを待つ。というような守りとしての利用です。

最後に

テクニカルというのは相場の先読み分析には不可欠ですが、あくまでも相場の一面です。

私は「騰落レシオを弱気の判断には良く利用します」が、一つの指標だけで「下がりすぎているのでこれから上がる」と判断はしないです。テクニカルだけでなく、他にも様々な要因を考えて判断します。

タイトルとURLをコピーしました