東京産業の株価は買い時?レンジを抜けて上昇中!割安な商社銘柄【8070】

三菱系機械専門商社の東京産業(8070)の株価が今後どうなるかを考えてみました。

商社銘柄にありがちな割安水準で高い配当利回りとなっています。利益もここ数年増加傾向にあり、個人的に注目している銘柄の一つです。

最近、株価も上昇してきました。

  • 東京産業について、業績推移と株価チャート
  • 現在の株価、各指標と配当利回りについて
  • 今後の見通しと最近の業績や今後の動き

東京産業(8070)の業績と株価チャート

まず初めに東京産業についてと業績推移、株価チャートをみていきます

東京産業(8070)とは

東京産業株式会社(とうきょうさんぎょう、英:Tokyo Sangyo)は三菱グループに属する機械総合商事会社である。国内・貿易仲介を中心とした口銭を稼ぐビジネスが中心であるが、太陽光発電・製氷プラント・包装資材などへの投資を行い事業投資を行う他、また昨今ではM&Aも積極的に展開する。川下から川上まで広い領域を手がける商社である。

wikipediaより一部抜粋

主な事業セグメントは「電力事業」と「化学・環境事業」です。発電プラント・再生可能エネルギーに力を入れています。

参考:事業内容|東京産業公式サイト

売上高と経常利益の推移

下記は東京産業の過去5期分と2020年2月期の予想売上高・経常利益の推移です。

ここ数年、特に利益が右肩上がりに上昇しています。

株価チャートを確認

下記は東京産業の約3年分の週足株価チャートです。

ここ1年ほどはレンジで推移していましたが、今はレンジの上限を抜けています。ここからどこまで上がるか、またここで上昇が止まって下落するのかというポイントです。

株価指標と配当について

次に東京産業の各指標と配当推移を見ていきます。

株価指標と配当利回りについて

現在の株価:568円

予想年間配当:24円

年間配当利回り:約4.2%

PER:約7.6倍、PBR:約0.63倍

商社銘柄にありがちな割安さと配当利回りの良さです。気を付ける点としては商社銘柄にはさらに割安で高配当な銘柄がある点です。

※株価は2019年10月29日終値

配当推移について

下記は東京産業の配当推移です。

2015年3月期2016年3月期2017年3月期2018年3月期2019年3月期2020年3月期(予)
13円15円15円18円20円24円

配当は増配傾向です。2020年3月期の年間配当ですが当初20~23円の予定でしたが、24円の予定に変更しました。

配当方針・配当性向に加えて、利益の上昇傾向から来期以降も増配に期待出来そうです。

参考:配当予想の修正に関するお知らせ|東京産業公式サイト

最近の業績とこれから先の見通しについて

最後に東京産業の最新の業績とこれからの見通しについて考えてみます。

最近の業績について

2019年10月28日の決算にて2020年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は14.3億円と発表、通期計画の30億円に対する進捗率は47.8%となりました。

2020年3月期は好調な業績を見込んでおり、今のところ順調に進んでいると感じます。

今後について

好調な業績に伴う配当額の修正が好材料視されて現在の株価が上昇していますが、急ピッチな上昇の場合、警戒感も出てきてどこかで株価が下落するケースがあります。もちろん、そのまま値を伸ばすケースもあります。

現在の株価には割高感はなく、配当利回りもまだ良い水準です。売り上げが減少見込みなのは若干気になるポイントではありますが、利益の推移は好調です。

株価が480円辺りまで下落すると配当利回りが約5%となるため、仮に下落した場合はそこが底値付近だと考えられます。とはいえ、個人的にはそこまで下落しない可能性の方が高いと見ています。

タイトルとURLをコピーしました