「テンバガー候補」と「低ボラティリティ」とは何か。株の銘柄候補のメリットとデメリットを考察

今回は長期保有する銘柄候補である「テンバガー候補」と「低ボラティリティ」について簡単に見ていきながら、メリットとデメリットを考えてみました。

「テンバガー」と「低ボラティリティ」のPOINT
  • 急上昇でドカンと狙うのが「テンバガー」
  • 長期でコツコツ狙うのが「低ボラティリティ」
スポンサーリンク

テンバガー候補とは何か

株価が大きく上昇(10倍近く)する可能性を秘めている銘柄を「テンバガー候補」と言います。大化け株ともいわれます。

テンバガー候補の基準

テンバガー候補に明確な基準は無いですが、過去を見るとテンバガーとなる銘柄は「上場して10年以内」、「営業利益が低い(20億円以下)」、「時価総額が低い」といった注目度の低い銘柄に多いです。

テンバガーのメリット

テンバガー候補を保有するメリットは「株価が大きく上昇する可能性がある点」です。

株を保有するメリットはいくつかありますが、中でも株価が上昇して売却するのが早く・大きくお金が増える方法です。

テンバガーのデメリット

テンバガー候補の多くは若い成長企業です。基本的に成長のためにお金を使うので配当が少ない、もしくは配当が無い企業が多いです。

株価も注目されるまでは伸びないため、株価が上昇することなく衰退する可能性もあります。

テンバガー銘柄のPOINT
  • 将来の伸びしろが大きい成長企業
  • 株価が何倍にもなる可能性もあるが、上昇しない可能性も当然ある
  • 既に株価が上昇している銘柄は避けるべき
スポンサーリンク

低ボラティリティ銘柄とは何か

ボラティリティとは変動の激しさ(値動きやブレの大きさ)です。低ボラティリティ銘柄とは「値動きが小さい銘柄」となります。

過去のデータ

海外ではボラティリティが低い銘柄に分散投資したほうが、ボラティリティが高い銘柄に分散投資するよりも長期投資ではリターンが良いという報告がいくつかあります。

参考:低ボラティリティ株式運用|日本証券アナリスト協会

低ボラティリティのメリット

時価総額が大きく、配当利回りが2%前後あるようなボラティリティの低い大企業の銘柄を保有するのは銀行に預金するよりもコツコツお金を増やすのに適しています

低ボラティリティのデメリット

「株価が大きく動く可能性が低い」というだけで株に100%安全はありません

リーマンショックのような出来事で大きく下落することもあります。また、一昔前は絶対安全と言われていた電力会社株は震災時に暴落しています。その後、株価が戻れば良いですが戻らない銘柄もあり、配当が無くなるケースもあります。

低ボラティリティ銘柄のPOINT
  • 「複数」の低ボラティリティ銘柄を保有
  • 長期投資でリターンが良い合理的な方法
  • 株価が動きにくいというのは、大きく上昇する可能性も低い

「テンバガー候補」と「低ボラティリティ」の現実

「テンバガー候補」、「低ボラティリティ銘柄」の現実を見ていきます。

テンバガー候補の現実

若い企業でこれから大きく伸びそうな銘柄は配当がなく、株価が上がらないことも多いです。

「5銘柄買って1銘柄でも大きく伸びればプラスになる」そんな考えでいます。実際に私が保有した銘柄で10倍まで上昇したことはないですが、東証1部に格上げなどで200%程度(3倍)上昇して売却したことは過去に何度かあります。

近年は難しい

近年では、若い企業に注目する人も増えた影響もあってか、選別が難しいです。発見した時には既にある程度買われていることも多いです。

テンバガー候補銘柄を探す方法とは

銘柄を探す方法はいくつかありますが、まずは証券会社のサイトなどで「市場」、「時価総額」、「営業利益」などで絞りこみ、そこから一つ一つの銘柄を細かく見ていくのが良い方法だと考えています。

雑誌、WEBなどで紹介されている「テンバガー候補」は他の人も見ており、手遅れの可能性が高いです。

低ボラティリティの現実

あまり株価動かない銘柄と言いながらも、当然動く時は動きます。2020年3月には大きく下落した銘柄もあります(ほとんどの銘柄が下落しましたが)

基本的に株価を見ないことが多い

2020年3月のような特別な時以外は「特に何もしない」ことが多いです。

5年以上、毎年2%くらいの配当金をもらい、普段の株価は購入時からあまり変化していない銘柄もあります。

また、ETFに日本株高配当低ボラリティ(1399)があります。このETFは出来高が小さいので購入はしませんが、考え方や組み込み銘柄は参考にしています(あくまでも参考です)。

最後に

株は人それぞれ保有する基準が異なります。

正解は無いですし、私の考えが将来変わる可能性も当然あります。

短期トレードと長期トレードの認識

例えば、「長期保有」や「短期保有」と言っても、その基準は人により変わります。

「短期保有=デイトレード」という人もいれば、1週間以内で売買すれば短期という人もいます。

同じく、長期はどれくらいの期間を指すのか「期間の定義は専門家によっても異なります」

個人的な基準

あくまでも私の基準ですが、デイトレードや1週間以内で売買するのは「超短期」、1カ月以内であれば「短期」と考えています。

最低でも1年保有、5年以上を考えるのが「長期」というのが個人的な考えです。

私は短期売買も行いますが、何度も取引をして手数料を支払うより、長期保有したほうが(あくまでも)確率的に利益が出る可能性が高いと考えています。

タイトルとURLをコピーしました