低位株とは何か、有望株とボロ株の違いとは

私の現在の株式投資の考え方は「長期保有が基本、たまに短期保有でコツコツとヒットを狙う」です。

かれこれ10年以上投資をしてきて、リーマンショックや震災からこのような考えに行きつきました。もちろん、この考えが今後変わる可能性はあります。

コツコツヒットを狙うとはいえ、たまにはホームランを狙いたいです。そこで、今回はできるだけリスクを抑えながらホームランを狙う低位株投資について考えてみます。

低位株投資とは

低位株と聞いて、「なんだボロ株かよ・・・」と思われる方もいるかと思います。間違っていないです、中には手を出すべきではない銘柄もたくさんあります。

まずは、そもそも低位株とは

株式の持つ価値に比べ、割安である株式を指す「割安株」とは異なる。あくまでも、株価それ自体が相場全体の株価水準に比べ、低いものを指す言葉である。
低位株の具体的な分類基準はないが、一般的に500円から300円以下の株式のことを「低位株」と呼ぶことが多い。対義語は値がさ株。
100円を下回る株価の銘柄は特に超低位株と呼ばれることもある。

wikipediaより

簡単に言うと、株価が低い銘柄です。

値がさ株と低位株について

どんな企業も株価が下落する可能性はあり、最悪は上場廃止もあります。もちろん「赤字続きの会社」と「業績好調」の会社ではその確率は大きく異なりますが。

一般に知られている有名企業や期待値の高い企業の株価は高いものが多く(値がさ株)、倒産しないまでも大きく下落すると損失が大きく膨らむことがあります。

例えば、現在は株式分割を行い1株5,000円前後のソフトバンクG(9984)ですが分割前は1株1万円前後でした。

わずか1カ月の間に12,000円になったと思えば10,000円を切ったりしていました。仮に最低単位の100株保有していたら1カ月で20万円動くことになります。値がさ株の代表格のファーストリテイリング(ユニクロ)は現在、1株6万円から7万円です。わずか数カ月で100万円前後動くのです。

株価が200円の銘柄の場合だと、1,000株保有して株価が0円(紙くず)になったらマイナス20万円です。

もちろん、その逆(プラスになること)もあるので、値がさ株が悪いとは思いません。1万円が1万2,000円になるのと、200円の銘柄が400円になる確率は全然違います。前者の方が確率が高いです。

基本的に低位株はあまり伸びる期待ができないので安い株価になっています。ほとんど動くことがなくジワジワと下がる銘柄もあります。

しかし、投資金額が値がさ株に比べ少額で、場合によっては数日で10%以上値上がりすることもあります。

避けるべき低位株、買うべき低位株

低位株の中には避けるべきボロ株と将来復活するであろう有望株があります。

株価200円、300円以下の銘柄の中には「倒産するかも」しれない銘柄や上がる可能性がかなり低い銘柄もたくさんあります。

避けるべき低位株の第1条件としては「何年も赤字が続いていて、黒字化の見通しが立っていない銘柄」です。

反対に購入を検討する低位株は「一時的に赤字となったが、その原因が明らかで黒字化の見通しに論理的な根拠がある場合」と考えています。

それに加えて、ある程度諦める人が売り切って株価が低空飛行(底値圏でもみ合っている)時です。

最後に

当たり前ですが、無くなって良いお金は1円もありません。しかし、最悪、無くなるかもしれないのが投資です。最低投資額が100万円だと少しためらいますが、コツコツと利益を出した中から数万円でホームランを狙う一つの方法として低位株もありなのではと考えています。

私の例でいうと3年くらいまえにKIMOTO(7908)を200円以下で購入し約半年で1.5倍の350円になったので利確しました。その後は400円を超えたときもありましたが、現在は160円と低迷しています。

ほかにはJVCケンウッド(6632)は利確タイミングを逃して同値で売り、上場廃止になったパイオニアはチェックをしていましたが見込みが薄く購入をしなかった、などです。

今も5銘柄ほどチェックしてあります。低位株はじっくり狙う必要があります。

タイトルとURLをコピーしました