低位株投資とは何か、有望株とボロ株の違いを見極めて大きな利益を狙う方法

私の株式投資の考え方は「長期保有が基本、たまに短期保有でコツコツと」です。かれこれ10年以上投資をしてきて、リーマンショックや震災なども経験しこのような考えになりました。現状、大きな損もなく、コツコツと投資を楽しんでいます。もちろん、この考えは今後変わる可能性もあります。

とはいえ、コツコツだけでなく、たまには大きく狙いたいときもあります。そこで、今回はできるだけリスクを抑えながら大きな利益を狙う低位株投資について紹介していきます。

低位株投資のPOINT
  • オススメする方法ではなく、低位株はあくまでもサブポジションです。
  • ドカンと狙うとはいえ、欲張らないのがコツです。
スポンサーリンク

低位株投資とは

まずは、そもそも低位株とは

株式の持つ価値に比べ、割安である株式を指す「割安株」とは異なる。あくまでも、株価それ自体が相場全体の株価水準に比べ、低いものを指す言葉である。
低位株の具体的な分類基準はないが、一般的に500円から300円以下の株式のことを「低位株」と呼ぶことが多い。対義語は値がさ株。
100円を下回る株価の銘柄は特に超低位株と呼ばれることもある。

wikipediaより

簡単に言うと、株価が低く最低必要投資金額が少ない銘柄です。

値がさ株と低位株について

どんな企業も株価は下落する可能性があり、最悪は上場廃止もあります。これはどの上場会社にも当てはまります。とはいえ、「赤字続きの会社」と「売上・利益好調」の会社ではその確率は大きく異なります。

一般的に、よく知られている有名企業は株価が安いモノでも1,000円、高いものだと1万円以上します。そのため、最低でも10万円、100万円というお金が必要です(通常の株取引の場合)。

例えば、株価が高い(いわゆる値がさ株)代表格のファーストリテイリング(ユニクロ)は現在、1株約6万円で、1日で1,000円動くことがよくあります。最低限の100株保有し1,000円下落したら10万円の損失です。わずか1日でこれだけ動きます。

逆に株価が200円の銘柄の場合、500株保有して株価が0円(紙くず)になってもマイナス10万円です。

もちろん、その逆(プラスになること)もあるので、単純に値がさ株が悪いというわけではないです。むしろ値がさ株は日経平均株価に与える影響が大きい、ETF組み入れなどの様々な理由から長期的な目線で考えると低位株より上がりやすいのも事実です。

低位株は期待の小さい銘柄が多く、株価はあまり動くことがなくジワジワと下がる銘柄ばかりです。しかし、大きな材料がでた場合はわずか数日で大きく上昇することもあります。

避けるべき低位株、買うべき低位株

低位株の中には避けるべきいわゆる「ボロ株」と将来復活するかもしれない「有望株」があります。株価200円、300円以下の銘柄の中には「倒産するかも」しれない銘柄、「上がる可能性がかなり低い銘柄」もたくさんあります。

避けるべき株のポイント

まず避けるべき低位株の第1条件としては「何年も赤字が続いていて、黒字化の見通しが立っていない銘柄」です。これは低位株に限らず、避けるべきです。

反対に購入を検討する低位株は「一時的に赤字となったが、その原因が明らかで黒字化の見通しに論理的な根拠がある場合」と考えています。

それに加えて、ある程度諦める人が売り切って株価が低空飛行(底値圏でもみ合っている)時です。

スポンサーリンク

低位株の成功例と失敗例

私の低位株投資の成功例と失敗例を簡単に紹介していきます。

低位株投資の成功例

およそ3,4年前ですが、KIMOTO(7908)を200円前後で購入し約1年で1.5倍の350円になったので利確しました。その後は購入時から倍の400円を超えたときもあり少し利確が早かったかなとも思いましたが、現在は170円前後と低迷しています。

他にも大体1.5~2倍近くまで株価が上昇したものがあります。

低位株投資の失敗例

1番の失敗例は上場廃止になったパイオニアです。かなり経営が厳しく、100円前後まで下落した株価が最終的に上場廃止となり60円近くまで下落しました。

他にも200円、300円で購入したがほとんど上がらない、もしくは更に下落した銘柄もいくつかあります。

最後に

当たり前ですが、無くなって良いお金は1円もありません。しかし、最悪は無くなるかもしれないのが投資です。最低投資額が100万円だと少しためらいますが、コツコツと利益を出した中から数万円の少ない投資金額を大きく増やす一つの方法として低位株もありなのではと考えています。

個人的には低位株は一時的に跳ね上がったら欲張らずに売ってしまうのが良いと考えています。

タイトルとURLをコピーしました