テクニカルとファンダメンタルはどっちが正解?

株や為替などの投資の世界ではさまざまなテクニカル分析とファンダメンタル分析があります。

専門家の中にもテクニカル分析を重視する人、ファンダメンタル分析を重視する人、さまざまな方がいます。そして、テクニカル分析とファンダメンタル分析は相反するものとして扱われることが多いです。

今回は、そのテクニカル分析とファンダメンタル分析について考えてみました。

テクニカル分析とは

テクニカル分析には具体的な技法としていくつかの種類が存在しますが、その考え方を大別すると次の2つに分けられます。
1.取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法。
2.取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法。
これらを実行する方法として、 チャート分析による図解的手法 判定方法の意味づけ、人間による視覚的判断で利用、コンピュータで数値的に計算する手法 分析の自動実行、分析チャートの作図で利用

wikipediaより

テクニカル分析はものすごくたくさんの種類があります。「移動平均線を元に売買ルールを決めている。」という一つをとっても実に多くの方法があります。

例えば、超有名なゴールデンクロス買いと呼ばれるものは「短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜けたときに買う」というものですが、それ以外にも移動平均線を利用した手法には「移動平均線をローソク足が下から上へ突き抜ければ買う」、「移動平均線との乖離率が○%になったら買う」などなどたくさんのものがあります。

否定派の意見

テクニカル分析をしないという人の理由で多いものは「あいまいで作為的」、「節目に線を引いたらその線の通りに動くのが論理的に説明できない」というのを聞きます。

例えば、移動平均線を使う場合、過去のチャートに合うようなパラメータ日数を設定した場合、当然「過去の動きでは有効」になります。いわゆる都合のいいデータです。しかし、必ずしもそれが将来も有効かというとそうでないケースが多々あります。

とはいえ、実際にテクニカルを使っている人が多いのも事実ですし、有効となるケースも当然あります。私もテクニカル分析を当然します。

ファンダメンタル分析とは

企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。

wikipediaより

特に長期保有する場合、ファンダメンタル分析は判断材料として有効と言われています。私も長期保有する銘柄は必ず様々な視点からその銘柄を調べます。

有名で分かりやすいファンダメンタルの代表はPER、PBRの指標です。

必ずしも有効とは言えない

とはいえ、これもテクニカル同様、全ての場合に有効かというとそうでない場合もあります。

今の財務が健全でも将来も健全とは言い切れません。PERやPBRなどの指標もそうですが、あくまでもファンダメンタルは現時点でどうかというものです。

将来、新たな競合相手が現れる可能性や売上が大きく落ち込む可能性も当然あります。

さいごに

私は、「テクニカルのみ」→「ファンダメンタルのみ」→「両方」→「テクニカル8割、ファンダメンタル2割」→「テクニカル3割、ファンダメンタル7割」(今ココ)です。

現在は比較的長期で保有するのを前提としているのでこのようになっていると考えています。短期で保有する場合はテクニカルの方が重要だと思っています。

とはいえ、一番重要だと考えているのは・・・

テクニカル分析・ファンダメンタル分析およびアノマリーにおいて、完璧に取引市場を予測しうるものは、現在存在していないし、将来に渡って完璧なものは存在しない可能性が非常に高い。

wikipediaより
タイトルとURLをコピーしました