すてきナイスグループ(8089)に粉飾決算の疑いで株価が下落、上場廃止はありえるのか

ニュースなどで知ってる方も多いかと思いますが、すてきナイスグループ(8089)が粉飾決算の疑いで家宅捜索を受け、社長が辞任しました。

会社側は粉飾を否定していますが(当たり前ですが・・・)、今後株価がどうなるか、上場廃止になるのか、過去の出来事などから考えてみました。

すてきナイスグループ(8089)とは

すてきナイスグループとは住宅建築用資材の国内流通・輸入販売事業、住宅分譲・不動産仲介事業などを行っている会社です。

2019年5月16日、横浜地方検察庁は証券取引等監視委員会と合同で、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)疑いにより、すてきナイスグループの家宅捜索を行っている。

※wikipediaより

不動産関連の株はやはり危険なのか?

私は過去に何度か「不動産関連」と「銀行関連」の株は危険なものが多い。というのを書きました。

まず大前提として「すべての企業がダメではない」です。中には素晴らしい企業もたくさんあります。そのうえであえて言わせてもらうと、やはり「不動産」を取り扱う会社はいくつか危険だと感じています。

ここ最近だけをみても「レオパレス21の施工不良問題」、「アパマンの爆発事故」など。

もちろん、一括りにするのはおかしいという意見もあるかと思います。私も雑誌などでよく見る「5G関連銘柄」、「キャッシュレス銘柄」などで一括りで銘柄が紹介されているのはあまり好きではないです。

すてきナイス株は購入してもよい?

個人的には絶対買わないです。もちろん、まだ家宅捜索の段階で粉飾が確定したわけではないです。

しかし、「有価証券報告書の虚偽記載」で捜索が入っている以上、もしクロだった場合は上場廃止もありえるし、そこまでいかなくともPERなどの指標がまったくのでたらめになり数値があてにならないからです。

過去の粉飾決算例

過去に粉飾決算をして上場廃止となった有名なものに「ライブドア」があります。他には東芝が1部から2部へ降格したなど。

ビックカメラの場合は監査銘柄に指定されましたが、影響が重大であるとまではいかないとして指定解除されて上場は維持されました。

現在の容疑は架空の売上32億を計上して利益を水増しした疑惑です。金額だけをみると過去のものと比べてやや低いので上場廃止まではいかないかもしれないですが、赤字を黒字としていた疑惑があり、もし事実であるなら厳しい判決が出る可能性も十分考えられます。

基本的に事件は売り

このような問題のある銘柄は短期筋が買ったり売ったり、ちょっとしたニュースで株価が大きく動き不安定になり、手を出すとやけどをすることがあります。基本的に「事件は売り」と考えています。

すてきナイス今後の見通し

2020 年 3 月期の通期業績予想および期末配当予想を非開示に、2019 年 3 月末日を基準日とする剰余金の配当は見送らせていただくことといたしました。

2019年8月9日開示情報より 抜粋

会社側も金融商品取引法違反(平成27年3月期の有価証券報告書の虚偽記載)の容疑が今後の業績に与える影響が未確定な要素が多いとみています。

最後に

事件のあった株は大きく株価が下落します。すてきナイスグループ株も粉飾決算の疑いが出た後に大きく下落し、現在は事件前の半分の株価になっています。

もちろん、現時点ではまだ何がどこまで真実なのか判明していません。

問題の解決がされるまでこのような事件銘柄には手を出さないのが良いです。このようになると「安い」という判断基準は全くなくなり、どこまで下落するかもわからないです。

タイトルとURLをコピーしました