ナイス(旧すてきナイス)の株価分析!警戒感が薄れて業績回復もあり株価上昇【8089】

2019年5月にナイス(旧すてきナイスグループ)(8089)が粉飾決算の疑いで家宅捜索を受けました。株価は大きく下落し社長は辞任。その後、特設注意市場銘柄に指定され、警戒感が強まりましたが業績回復・指定解除などで株価が上昇しています。

スポンサーリンク

ナイスの株価指標と事業内容

はじめに、ナイスの株価指標と事業内容を見ていきます。

株価指標・配当利回り

株価:1,786円
予想年間配当:40円
年間配当利回り:2.24%
予想PER:8.8倍
PBR:0.58倍
時価総額:217億円

2021年10月18日終値時点のデータです。
最新の株価はコチラ⇒ナイス(株)【8089】:Yahoo!ファイナンス

指標は割安です、年間配当利回りは平均よりやや高めです。

ナイス(8089)とは

ナイス株式会社は住宅建築用資材の国内流通・輸入販売事業、住宅分譲・不動産仲介事業などを行っている会社です。

2007年、持株会社への移行により社名をすてきナイスグループ株式会社に変更。
2020年、完全子会社のナイスを合併し、社名をナイス株式会社に戻す。

2019年5月16日、横浜地方検察庁は証券取引等監視委員会と合同で、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)疑いにより、すてきナイスグループの家宅捜索を行っている。

ナイス – Wikipediaより抜粋

金融商品取引法違反疑いを受けて、2019年8月9日に2020年3月期の通期業績予想および期末配当予想を非開示に。東京証券取引所は2019年9月20日から特設注意市場銘柄に指定、2020年12月19日付に指定解除しています。

ナイスの業績推移と株価チャート

次に、ナイスの業績推移と株価チャートを見ていきます。

売上高・経常利益の推移

2021年3月期に大きく利益が復活しています。2022年3月期も好調な見通しです。

株価チャートの推移

下記はナイス5年分の週足株価チャートです。

2019年に家宅捜索を受けた後に大きく株価が下落。2020年12月以降は注意指定解除による安心感も合わさり、下落前の水準を越えて上昇しています。

スポンサーリンク

ナイスの配当推移と決算内容

次に、ナイスの配当推移と決算内容を見ていきます。

配当金の推移

下記はナイスの配当金の推移です。期末の一括配当を実施しています。

2022年3月期は業績好調を受けて増配予定です。2022年3月期の予想配当性向は約20%です。配当方針は「連結配当性向は中期的に30%程度をメド」としています。

参考:株式情報|ナイス株式会社

決算内容につい

2021年8月6日の決算にて、2022年3月期1Q(4-6月)の連結経常利益は9.6億円と発表。また、2021年10月15日に2022年3月期の連結経常利益を26億円予想から40億円予想に上方修正、配当を15円予定から40円予定に増額修正しています。

ナイスの今後について

最後に、ナイスの今後について考えてみます。

今後について

「事件は売り、事故は買い」と呼ばれる投資格言があります。会社として問題のあった事件の場合、その後のちょっとしたニュースで株価が大きく動き不安定になり、手を出すとやけどをすることがあります。

株価上昇も今後が重要

業績好調見通し、配当復活や元代表と損失補填の合意、特設注意市場銘柄の指定解除などもあり株価を伸ばしていますが、信頼回復向けてはまだまだこれからが重要です。

タイトルとURLをコピーしました