すてきナイスグループに粉飾決算の疑い、やはり不動産関連株は危険なのか。

ニュースなどで知ってる方も多いかと思いますが、すてきナイスグループ(8089)が粉飾決算の疑いで家宅捜索を受け、社長が辞任しました。

会社側は粉飾を否定していますが(当たり前ですが・・・)、今後どのようになるのか注目です。




すてきナイスグループ(8089)とは

すてきナイスグループとは住宅建築用資材の国内流通・輸入販売事業、住宅分譲・不動産仲介事業などを行っている会社です。

2019年5月16日、横浜地方検察庁は証券取引等監視委員会と合同で、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)疑いにより、すてきナイスグループの家宅捜索を行っている。

※wikipediaより

不動産関連の株はやはり危険なのか?

私は過去に何度か「不動産関連」と「銀行関連」の株は危険なものが多い。というのを書きました。

まず大前提として「すべての企業がダメではない」です。中には素晴らしい企業もたくさんあります。そのうえであえて言わせてもらうと、やはり「不動産」を取り扱う会社はいくつか危険だと感じるのが多いです。

もちろん、一括りにするのはおかしいという意見もあるかと思います。私も雑誌などでよく見る「5G関連銘柄」、「キャッシュレス銘柄」などで一括りで銘柄が紹介されているのはあまり好きではないです。

すてきナイス株は購入してもよい?

個人的には絶対買わないです。もちろん、まだ家宅捜索の段階で、粉飾が確定したわけではないです。

しかし、「有価証券報告書の虚偽記載」で捜索が入っている以上、もしクロだった場合は上場廃止もありえるし、そこまでいかなくともPERなどの指標がまったくのでたらめになり、数値があてにならないからです。

現在、株価が暴落しPERは約0.15倍ですが、これが割安かどうか判断はできないです。

こうなってしまうと短期筋が買ったり売ったりで株価が大きく動き不安定になり、手を出すとやけどをすることがあります。なので、基本的に「事件は売り」と考えています。

最後に

これからもしばらくは大きい会社でも小さい会社でも、私は「銀行」と「不動産」関連の株には一切手を出すつもりはないです。あくまでも個人的な意見ですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする