「サマーラリー」と「夏枯れ相場」を分析!夏の株価は上昇?下落?【夏の投資アノマリー】

7月から9月くらいまでの投資アノマリー(経験則)として有名なものに「サマーラリー」と「夏枯れ相場」の二つがあります。今回はこの二つのアノマリー(経験則)と過去の動きから夏の投資戦略を考えてみました。

アノマリーのPOINT
  • アノマリーというのはあくまでも過去の法則
  • アノマリーを後から当てはめることは簡単だが事前に予想するのは困難
  • どんなときも「失敗」や「想定外」の可能性を認識することが重要
スポンサーリンク

夏の代表的なアノマリーの2つについて

まずは夏の代表的な投資アノマリーの「サマーラリー」と「夏枯れ相場」について確認していきます。

サマーラリーとは

米国の株式市場において、7月から9月までの夏場にかけ株価が上昇しやすい現象のこと。具体的には7月4日の米国独立記念日から9月第1月曜日のレーバーデーまでの期間を指し、バカンスに入る前に投資家がボーナスなどで株を買いだめするためなどともいわれる。

サマーラリー|野村證券より抜粋

主に7月上旬から8月中旬にかけて株価の上昇が期待できるというアノマリーが「サマーラリー」です。日本の株式市場は米国株式市場の影響を大きく受けるため、米国株が上昇すると日本株も上昇する傾向にあります。

また、夏休み前に「夏のボーナスで株を購入する」、1年のうちで2番目に優待権利日が多い「9月末の優待狙いが本格化する」ことも日本株上昇要因と言われています。

夏枯れ相場とは

夏になるとお盆休みなどで市場参加者が減るため株式市場の取引高が減少し、相場があまり動かなくなること。また、夏枯れ相場の一番安値のことを「夏底」という。

夏枯れ相場|野村證券より抜粋

8月ごろから9月頭にかけて相場があまり動かなくなるというアノマリーです。市場参加者が減ることで取引高が減少するため株価があまり動かないというものです。

アノマリーは当てはまるのか?

この「サマーラリー」と「夏枯れ相場」に限らないですが、昔からあるアノマリーは当てはまらないケースがここ数年増えてきています。また、日本市場には当てはまらない、期間が違うなど諸説あります。

実際の日本市場の株価の動きを確認

下記は日経平均株価の週足株価チャート推移です。

こうしてみると2018年~2020年の株価推移にサマーラリーは無く、7月頃からはどちらかというと「夏枯れ相場」という印象です。むしろ、過去3年とも秋以降にやや株価が上昇しています。

アノマリーは一旦置いといて

これはアノマリーというわけではないですが、株式市場の暴落や暴騰起きる時は事前に予想されていないことがほとんどです。

例えば、2019年末に「2020年3月に日経平均16,000円台が来ると予想した人は皆無」で、むしろ25,000円を超えるという予想が多かったです。そして、2020年3月に「2020年6月には日経平均が23,000円台まで戻り、2021年には30,000円を超える」という予想をした人も私は知りません。逆にしばらく20,000円台に届かない予想が圧倒的に多かったです。

「株価が大きく下落する」、「株価が大きく上昇する」と予想されているときは何も起きないか、むしろ正反対のことが起きることが多いです。

スポンサーリンク

夏場に株価は上がる?下がる?

最後に夏場の株価がどうなるか考えていきます。

確実に株価を予想できる人はいない

あくまでも近年の傾向を見ると夏場は相場の動きが小さめです。むしろ、ここ10年ほど、2018年を除いて10月の秋ごろに株価が上昇しています。

しかし、2021年も確実に当てはまるとは言えません。むしろ「株価が上昇する傾向がある」という話が出て盛り上がった場合、逆に下がる可能性が高いと考えられます。2018年はそれが当てはまり下がったのかもしれません。

あくまでも「日経平均株価」の傾向です。当然ですが、個別株は強い材料が出れば大きく上昇することも下落することもあります。

反対の行動をとることが大切

株価は上がっても下がっても、買いたくなり売りたくなるものです。周りが上がる!と騒ぐと買いたくなり、下がる!と騒ぐと売りたくなります。

株を売り買いするそのタイミングはとても難しく完璧にわかる人といないと考えています。重要なのは「完璧にわかる人はいない」という部分です。これを認識していないと周りに流される可能性があります。

個人的には、周りがどのように行動しているかを一歩引いた目線で見て「慌てずに」しっかり考え、時には周りと反対に行動することが吉と出ることが多いのが一番のアノマリー(経験則)です。

タイトルとURLをコピーしました