住友金属鉱山【5713】株価分析!反動から大きく下落も落ち着き気配・減配予定だが高配当

住友グループの非鉄金属企業の住友金属鉱山(5713)。今後の株価・配当はどうなるのか、業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみます。

住友金属鉱山の株価POINT
  • 業種を考えると目立った割安感無し
  • 業績反動減見通しで株価が下落
  • 業績連動配当で減配予定
スポンサーリンク

住友金属鉱山の株価情報と事業内容

住友金属鉱山の株価情報と事業内容を見ていきます。

株価指標

株価:4,160円
予想PER:7.72倍
PBR:0.76倍
予想EPS:538.63円
時価総額:1兆2,098億円

2022年9月30日終値時点のデータ。
最新の株価参考:住友金属鉱山(株)【5713】:Yahoo!ファイナンス

業種を考えると目立った割安感は無いです。

住友金属鉱山(5713)とは

住友金属鉱山株式会社(すみともきんぞくこうざん、英文:Sumitomo Metal Mining Co., Ltd.)は、住友グループの非鉄金属企業である。

世界各地で鉱山開発、製錬を行っている他、電池材料や電子・機能性材料の生産なども行っている大手総合非鉄金属メーカーである。

近年では、電気自動車やハイブリッド自動車に搭載される電池の正極材原料を生産しており、日本で高い市場占有率を持っている。

住友金属鉱山 – Wikipediaより抜粋

「非鉄金属」と「電子材料・機能材料」の生産が柱です。非鉄金属とは鉄以外の金属の事で、銅、ニッケル、金などです。

住友金属鉱山の業績推移と株価推移

住友金属鉱山の業績推移と株価推移を見ていきます。

売上高と利益の推移

下記は住友金属鉱山の売上高・経常利益・最終利益の推移です。

2022年3月期は、銅やニッケル価格の上昇、シエラゴルダ銅鉱山の権益譲渡の影響などにより大きく増収・増益となり過去最高を更新。

2023年3月期は増収・減益見通しとしています。

参考:業績ハイライト|住友金属鉱山株式会社

株価の推移

下記は住友金属鉱山5年分の週足株価チャートです。

株価は2018年以降、やや厳しい推移でしたが2020年4月頃から上昇推移。

2021年はやや落ち着いて推移していましたが、2022年に入り上昇。

しかし、2022年5月以降は減益見通しや上昇した反動などから大きく下落していましたが、7月頃から落ち着く気配も出ています。

スポンサーリンク

住友金属鉱山の配当情報と決算内容

住友金属鉱山の配当情報と決算内容を見ていきます。

配当情報

2023年3月期の予定年間配当:175円
予想年間配当利回り:4.21%

高い配当利回りです。

配当金の推移

下記は住友金属鉱山の配当金推移です。
配当権利日は、9月(中間配当)と3月(期末配当)です。

住友金属鉱山の年間配当金推移

2018年3月期:100円
2019年3月期:73円
2020年3月期:78円
2021年3月期:121円
2022年3月期:301円
2023年3月期:175円(予)

業績好調で2022年3月期に大きく増配、2023年3月期はその反動もあり大きく減配予定としています。

配当性向は2022年3月期が29.4%、2023年3月期の予想が約32%です。

株主還元方針の確認

2021年中期経営計画にて「業績連動型を継続」、「連結配当性向は原則35%以上」としています。

参考:株主還元・配当情報|住友金属鉱山株式会社

決算内容について

2022年5月10日に決算発表。
2022年3月期の連結最終利益は2,810億円と発表。

2023年3月期の同利益は1,370億円見通し、年間配当は175円予定としています。

2023年3月期1Q決算

2022年8月8日に決算発表。
2023年3月期1Q(4-6月)の連結最終利益は764億円と発表。

また、通期の同利益を1,370億円予想から1,480億円予想に上方修正しています。

住友金属鉱山の今後について

住友金属鉱山の今後について考えてみます。

今後について

非鉄金属価格は、長期的な需要拡大とロシアの影響により高い水準で推移していますが、供給がひっ迫しているとは言えず、下落する可能性が無いとは言い切れないです。

伸びしろ

各企業の加速する脱炭素化への取り組みや5G、DXなど需要はまだまだ見込めます。

リスク要因

2022年度の設備投資は1,408億円を予定しています(2021年度は645億円)。

成長に投資は欠かせないですが、その見極めは難しいです。

また、非鉄金属価格だけでなく、為替も大きく業績に影響します。2023年3月期は1米ドル120円と想定しており、このまま想定より円安ならばプラスですが、円高になると業績に悪影響する可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました