「損切り」はなぜ重要なのか・本当に必要なのかを考えてみる【投資格言】

株式投資で失敗するパターンの一つに「損切りができない」というのがあります。もちろん、投資家の中には「損切りは悪くない、損切りしなければ損は確定していない」という意見もあります。

損切りをしない投資の上手い人もいるかもしれませんが、あくまでも私の周りにいる個人投資家で損切りをしない投資の上手い人はいません。今回はそんな「損切り」について、投資格言や投資心得から考えてみました。

株式投資の損切りPOINT
  • 損切りは必ず必要というわけではない
  • 株式投資の理想の一つは永久に株式を保有すること
  • 「個人投資家」の投資が上手い人は損切りもうまい
スポンサーリンク

損切りの基本について

まずは「損切りとは何か」の基本を確認していきます。

損切り(ロスカット)とは

損切り(そんぎり、ロスカット、Cut Loss)とは、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定すること。

投資の後に評価額が下落した場合、難平や塩漬けするとさらに下落が続いて損害が拡大する可能性がある。

撤退するための明確な根拠を持って早めに損切りを行うことは、損失の拡大を防止し、資金を守る方法として重要といわれる。

損切り – Wikipediaより抜粋

損切りは「処分売り」とも言われます。

投資商品は保有し続ければいずれは値上がりする可能性がありますが、「明確な根拠」をもって売却することで損失の拡大を防ぐことが出来ます。

参考:損切り|金融・証券用語解説集|大和証券

事前に損切りポイントを設定するのが重要

投資商品を購入する際、正しいか間違っているかは別として、何かしら自分のルールを決めるべきです。そのルールの一つが「どこまで上昇したら売るのか」、「どこまで下落したら売るのか」です。

永久に売却しないのも一つのルール

株式投資の場合、「配当金」があるため、上昇しても下落しても「永久に保有する」のも一つの手です。しかし、「上昇したら売る」と決めているのに「下落したら売らない」では辻褄が合わないです。

ルールは人それぞれで100%の正解は無いです。しかし、ルールが無い人は同じ失敗を繰り返す可能性があります。

投資の上手い人はどのように考えているのか

「投資の上手い人」の考えを見てみます。

投資の手法は人それぞれ

誰もが知っている著名な投資家は沢山いますが、株式投資と言えば「ウォーレン・バフェット氏」が思い浮かびます。

バフェット氏は気に入った銘柄は永久に保有すると一般には思われていますが、実はしっかり見切りも行います。2020年5月には保有していた航空株をすべて売却したことを発表しています。

参考:バフェット氏、航空株すべて売却|日本経済新聞

損切りしない投資家は誰?

日本の投資家でも有名な人が沢山いますが、あくまでも私の知る限り「損切りしない」というのは、大量の銘柄を保有し優待生活していることで有名な桐谷さんくらいです。

むしろ、損切りをする人が沢山います。

保有期間、投資の目的などは人それぞれなので、損切りがダメと言うわけでは無いです。

スポンサーリンク

損切りの格言について

次に「損切りの格言」を確認していきます。

見切り千両、損切り万両

一番有名な格言が「見切り千両、損切り万両」です。

簡単に言うと見切って利益確定することよりも損切りする方が価値があるというものです。

損切りを嘆くな、褒めろ

損切りとは「自分の間違いを認める行為」です。上がると思っていたものが下がったのですから自分の予想が外れたことになります。

損切りを行って自分の間違いを嘆くのではなく、「よく損切り出来た」とほめるべきだとする格言です。

利食い急ぐな、損切り急げ

投資では焦って行動することは厳禁とされています。暴落したので慌てて購入したらさらに大暴落がきた、というのは良くある話です。

焦らず冷静に行動することが重要ですが、損切りの場合は「株を買う」、「利益確定」とは異なり、時として素早い判断が求められるというものです。

損切りは必要なのか?なぜ損切りは難しいのか

次に「損切りは必要なのか」、損切りの難しさについて考えていきます。

損切りは必要?

当然ですが、投資の手法は人それぞれです。使える金額、時間など大きく異なります。永久に株式を保有するのも当然、一つの投資です。そう考えると「損切りしない」と言うのも一つの考えとして見れます。

しかし、「損切りしない」のと「損切りできない」のでは意味が全く異なります

損切りができない理由

投資初心者のうちは損切りがなかなかできません。理由としては簡単で、株式投資はお金を減らすためではなく、増やすために行っているからです。

「損切り」という損失を確定する行為は簡単にできないです。

損切りルールの難しさについて

例えば「100円下落したら損切りする」というルールを設定した場合、実際に100円下落したので損切りしたとします。

当然ですが、その後上昇することがあります。その時に「損切りしなければ良かった」と思ってしまうとドンドン損切りが出来なくなります

投資では一回の出来事ではなく、トータルで考えることが重要です。また、損切りルールは人により異なるもので明確な答えは無いと個人的に考えています。

投資は合理的な理由だけでうまくいくものでもない

「100円下落したら損切りする」というルールを設定した場合、許容損失額を設定しているという見方をする人もいれば、自分の保有した株価から100円下落というポイントに「合理的な理由がない」とする人もいます。

これはトレンドラインなどの指標を利用する場合も同様です。過去の指標はあくまでも参考値で、それが全てではないという意見もあります。

最後に

私は「投資が上手い人=損切りが上手い」と考えています。

ここで重要なのは「損切りできる人=投資が上手い」ではないです。

損切り貧乏

損切りしているけど投資が上手くいかない人もいます。そんな人は大体「損切り貧乏」です。

損切り貧乏の人は「損切りが早すぎる」もしくは「損切りが遅すぎる」のどちらかです。また、損切り貧乏な人は利益確定も「早すぎる」、「遅すぎる」場合がほとんどです。

判断ミス

一番多い投資失敗パターンとは「損切りが遅すぎる、利益確定が早すぎる」です。

損切りが遅すぎて致命傷なのに、その損失を埋めるほど他の銘柄では利益を伸ばすことなく利益確定してしまえば資金はドンドン減っていきます。

損切りが必ずしも正解とも言えない

最後に「損切りが重要」という話はどこでもよく見かけます。間違いではないですが、必ずしも正解とも言えないです。

資金が潤沢にある投資信託会社の中には損切りを行わないケースもあります。特に日本を代表する大企業、日経平均構成銘柄を主に組み込み銘柄としている投資信託の場合、株価が下落してもいずれ上昇すると考えられているからです。

もちろん、中には全く株価が上がらない銘柄もありますが、複数銘柄を大量に定期的にナンピンできる投資信託会社の場合は損切りをしない。というのも一つの手ではあります。個人投資家には縁のない話かもしれないですが。

損切りを薦める理由とは

証券会社が損切りを薦める理由は明確です。それは「取引回数」を増やすためです。取引してもらうことで手数料が入る証券会社は資金が拘束される「塩漬け」を嫌います、当然ですが。

物事は色々な角度から見ることで形が変わって見えます

タイトルとURLをコピーしました